プロフィール

NAO

Author:NAO
ジャーマンシェパード ランディ
 2003/09/13生♂ 享年3歳
ジャーマンシェパード ヴィヴィアン
 2005/12/18生♀

フリーエリア

いつでも里親募集中

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チビズの試練~進行状況

ハットリ&タイチが家族に加わって、今回は詳しく家族になっていく様子を記録に残そうと思っていたのに、なんだか毎日がドタバタで、毎日新しい発見あり成長あり・・・で、ブログの更新が追い付かず(汗)
ここらで、ちょっとまとめ書き。

7月4日に家族になったチビズ。
2日間、旦那の部屋で過ごす。

3日後。
サークルに入れられたチビズ。
先住ネコのジュンジュン&モリゾーと対面。
お互いシャーシャーッ、威嚇しまくり。

4日後。
サークル越しの対面のはずが、出せ出せ~サークルの中なんてヤダー!とうるさいチビズ。
サークルから出して、フリーで先住ネコズと対面。
やっぱりお互いシャーシャー威嚇。
旦那の部屋から、新しい世界ネコ部屋に臆することなく進出。

6日後。
チビズはシャーシャー言わなくなった。
ジュンジュンには慎重だが、モリゾーには「兄ちゃん、あそぼ~、とりゃ~~~」と飛びかかる。
モリゾー兄ちゃん、なぜかチビズに大人気。
一日数十分。時間を区切ってチビズの相手をしてもらっているのだが、連日のお兄ちゃん業に疲労困憊。夜は、まるでボロ雑巾のようにグッタリ爆睡。
チビズは初めてのネコ缶も体験
うまいうまい♪とすごい勢いで完食。
いずれ、避妊・去勢の手術をするチビズ。
必ず術後は抗生剤を処方されるので、薬を飲ますのに、ネコ缶大好きに育てておけば安心。
この食いっぷりなら大丈夫そう。
今後、いろんなネコ缶を試して、その中でも特にお気に入りを見つけておこう!

7日後。
先住ネコたちは、チビズの扱いに戸惑いはあるものの、相変わらず興味を示しているし、威嚇することもなくなったので(チビズは、もはややりたい放題!)、新しい世界、禁断のヴィヴィ部屋を垣間見せることに・・・
オープンザドア~で、こんなんなりました。
ヴィヴィアンは通り抜けできないけれど、先住ネコズは行ったり来たり自由。もちろんチビズも行こうと思えばヴィヴィ部屋に行けます。が、まぁ無理でしょう。
しばらくはこの状態で、ヴィヴィアンにもチビズにもお互いの存在に慣れてもらいます。
チビズ。初めて見る怪獣ヴィヴィアン(笑)に、ピューッとものすごい速さで逃げていき、しばらく旦那の部屋からでてきませんでした。
チビズを初めて見るヴィヴィアンも、ウゥーワンワンワン・・・唸りも混じった低くて太い警戒吠え。

9日後。
ヴィヴィアンがTEL台から顔を出すたびに、一目散に逃げていたチビズが逃げなくなった。
さすがに吠えられと逃げるけど、すぐにネコ部屋に戻って遊びだす。
ヴィヴィも、チビズを見ただけでは吠えなくなった。吠えるのは、人がチビズを構っている様子を見たとき。つまりやきもち!吠え声も低く太い警戒吠えではなく、ピーピーヒュンヒュンヒャンヒャンと鼻なき混じりで甲高い。

10日後。
ご飯の支度をはじめると、ワラワラ集まってきます。
食べざかりのチビズ。ヴィヴィがヒャンヒャン吠えようが、TEL台をガタガタさせようが、意に介さず。
ヴィヴィの存在よりも、ご飯の魅力!
ジュンジュン&モリゾーともずいぶん仲良くなりました。
しかし、この後、ジュンジュンの隣でご飯をムシャムシャ食べ始めたタイチが、マッコ姉さんに怒られてしまいました。ジュンジュンの隣はマッコの指定席ですから・・・・
でも、食べるのに夢中なタイチちゃんは全く気付かず。マッコの面子を守るため、人の手により強制連行。

11日後。
朝4時30分。とうとうその時がやってきました。
だいぶヴィヴィの存在にも慣れてきたので、そろそろヤバイかな?とは思っていたのですが・・・
まだ、みんな寝静まっている中で、バタバタッとヴィヴィの大きな足音。
起きてAVボードの裏をのぞくと、タイチちゃんが!
タイチちゃん、ヴィヴィが起きないと思ったのでしょうか?
そ~とヴィヴィ部屋に忍び込み、大冒険を試みたのですが、ヴィヴィにバレテしまいました。
ヴィヴィにdown-waitをかけて、タイチを救出。ネコ部屋に戻しました。
意外だったのは、好奇心旺盛な男の子のハットリの方が大冒険をするかと思いきや、線が細いと思っていたタイチの方でした。
ハットリは、心配そうな顔でヴィヴィに追い詰められたタイチの様子を見てました。

12日後。
タイチちゃんの大冒険は、今朝も4時に始まりました。(寝かせろー!)
懲りたと思ったのに全然懲りてない様子。
そして、夜、TVをのんびり見ていると、ミャッミャッと甘えた声でタイチちゃん、またもや登場!
今度はハットリくんも一緒です!
私と一緒にベッドでくつろいでいたヴィヴィは首輪も何にもつけてないし、ガーッと追いかけ始めたら、抑えようがない。
でも、こんな時こそ慌てず騒がず。静かにコマンドdown-wait。
ジーッとチビズを凝視するヴィヴィを気にしながらも、チビズは部屋をあちこちフンフンにおいを嗅いでまわり、キャットタワーに上ってみたりとやりたい放題。
その間、私は、チビズの動きとヴィヴィアンの精神状態に集中しながら、ヴィヴィが動く前の考えた時点で制御できるようコマンドをだします。
20分ほどたったところで、ハットリが自らネコ部屋に戻ったので、まだ物足りなそうなタイチも捕獲してネコ部屋に帰ってもらいました。
これ以上は、私の集中力がもちません・・・

13日後の本日。
前日の感じからだと、コマンドだけでもいけそうだけど、さすがに40kgのヴィヴィと1.8kgのチビズでは体格差ありすぎ。事故防止のため、念のため、ヴィヴィには首輪とリードを装着。
そして、ヴィヴィ部屋をオープンザドア~。
入ってこないかな?と思ったけど、しばらくすると、やっぱりノコノコやってきました。
チビズ、ヴィヴィのことをデカイけれど勢いだけでチョロイヤツと見切ったようです。
前日と前々日の大冒険で下見済みなので、この日は余裕。
キャットタワーにガシガシ2匹で登って、お昼寝中のマッコ姉ちゃんピ~ンチ。
シャーシャーッ言ってみたところで、お構いなしのチビズにお手上げのマッコ姉ちゃんはついに追い出され、チビズ、キャットタワー占拠。
ヴィヴィアンも、コマンドに従い追いかけたい衝動をよく我慢しています。
いつも、wait中のヴィヴィだけでは・・・と思い、チビズのいる中、部屋中をヴィヴィと一緒にヒールウォークしてみたり、呼びもどしの練習をしてみたり。
時間にして1時間半くらい。
たまに、大きな声を出さないと意識が私に戻らないこともあったけど、終始、リードが張ることなく、私の指示通りにしていられたヴィヴィアン。
見ないふりして本当によく頑張りました。
散々、遊んで腹が減ったのか?チビズは、2匹揃ってネコ部屋へ。
ムシャムシャ食べて、すぐに寝てしまいました。
チビズも疲れたでしょうが、ヴィヴィアンと先住ネコズも疲れたようです。

旦那部屋もネコ部屋もチビズにのっとられ、今まで、唯一、先住ネコズがゆっくりくつろげる場所だったヴィヴィ部屋にまでも侵入してきて、何を思ったのか、ヴィヴィに追いかけまわされていたマッコが、ヴィヴィに甘えるようにすり寄っている。ヴィヴィも、ペロンと顔を舐めてあげたりしちゃって。
いったいどうなっているのでしょう!
チビズに対抗して同盟でも結んだのでしょうか?
チビズと先住犬ネコとの関係も、非常に面白いものがあるけれど、チビズの存在で先住の犬ネコたちの関係が変わっていくのもまたおもしろい。

チビズ去った後のヴィヴィアン。グッタリしずぎ・・・
110.jpg

スポンサーサイト

名前

里親様から幸せいっぱいのお便りをいただきました。

一番最初に、新しいご家族との生活をスタートさせたシロちゃん。
「ルリちゃん」という可愛らしい名前をいただきました。
新しいおうちは近くなので、お買いものがてらお店にきては、ルリちゃんの近況を教えていただいてます。
お話からは、もう可愛くて可愛くて仕方がない!そんな様子がうかがえ、とても可愛がられている様子。お店にも写真をいっぱい持ってきてくれました。
(写真のデータがないので、保護中の画像↓)
105


そして、保護当時、自販機の下に挟まって動けず、レスキュー隊に救出されたことから、お店のスタッフの間で「ジハンキ」と呼ばれていたサバトラちゃん。
新しいご家族に「はなちゃん」という、こちらもまた、可愛らしい名前をつけていただきました。
ルリちゃん、同様、優しいご家族の愛情をいっぱい注がれて成長中!
(里親様よりいただいた画像↓)
109.jpg
108.jpg


そして、我が家の家族に加わった白・グレー君とキジトラちゃん。
新しい名前は・・・・
107.jpg
106.jpg


姉妹2匹は、可愛らしい名前をもらったというのに、あぁ、かわいそうな2匹(笑)。
我が家では、なぜか、ネコの命名権は旦那にあります。
そして、旦那は、安易で変な名前を付けたがります。
しかも、変な名前なのに「変」と感じていないので、たちが悪い。

ハットリくんは、突然夢中になって一人遊びをはじめ、その時の動きがサークルの側面を走ったり、クルクル回っていたかと思えば、鉄砲玉のようにピューッと突っ走っていったり・・・と、まるで忍者のようなので、ハットリなんだそうな。

タイチは、目もとがアイラインが入ってるみたいにクッキリで、
眩しそうに眼を細める表情をよくするので、流し眼っぽい!というわけで、大衆演劇のスター・流し目王子こと早乙女太一からタイチと命名。
女の子なんだけどなぁ・・・

最初の家族。純一郎(愛称ジュンジュン)と真紀子(愛称マッコ)。
お察しの通り、小泉純一郎と田中真紀子から命名。
ちょうど、小泉内閣が発足した時期に保護して、里親募集中だったことから仮につけたこの名前。
我が家の子になったけど、その時すでに、純一郎と真紀子という名前に妙に馴染んでしまっていて、そのままになりました。
ちなみに、純一郎と真紀子のほかに2匹いましたが、その子たちは・・・
白い毛色は、色白だからという理由で(扇)千影ちゃん。
ブラウンタビーの毛色は、思いつく女性議員がいなかったので(野田)聖子ちゃん。
もちろん今は、ウィンとラッキーという名前で幸せに暮らしてます。
 
次に家族になったのが、モリゾー。
モリゾーを保護したのが、愛知万博が終わったころでした。
当時、万博のマスコットキャラクターのモリゾーとキッコロがTVによく出ていましたが、私と旦那は、
「キッコロはいいにしても、モリゾーって、マスコットキャラクターなのに、なんでこんなに可愛くないの?目つきが変だよねぇ・・・」
と、いつも言ってました。
そして、我が家にやってきた子猫もまた、毛むくじゃらでモッサッーとしていて、子猫のくせに全然可愛らしくなくて、妙に自信家で、おかしなマイワールドを持った不思議な子でした。
だから、モリゾー!
でも、この命名は、正解でした(笑)
モリゾーの写真をみた人は、必ずこう言います。
「モリゾーって感じ!」と。
見た目や醸し出す雰囲気が、妙に名前とマッチしてるんですねぇ。

「ハットリ&タイチ」
まだ、名前に違和感を感じるものの、そのうち、慣れてしまうんでしょうね・・・
我が家のニューフェイス、「ハットリ&タイチ」をどうぞよろしく!





里親募集におもうこと

ある日、いつものように出勤すると、店の前にはダンボールに入れられ捨てられた子猫が2匹。
(2匹なら、まぁ、なんとかなるか?)そんな思いで、スタッフのみんなについ言ってしまった「保護して里親探してあげよう!」の一言。
その後、レジを私が打ってるうちに、自販機の下から子猫の声がするというお客さんの声で、他のスタッフが見に行ってみると、隙間から1匹の子猫。
もういないでしょうね?と念のため、自販機の下を覗き込むと、挟まって動けなくなった子猫がもう1匹。
挟まった子猫の救出に、消防のレスキュー隊まで出動してもらって、気がつけば、子猫4匹保護。
まさか、ダンボールから逃げ出してた子がいたなんて・・・
正直、4匹の里親探しは厳しい!そう思った。
最初から、捨てられていたのが4匹とわかっていたら、私はたぶん保護しようとは言わなかっただろう。
そうなれば、必然的にこの子たちは保健所に引き取ってもらう以外方法はなかった。
店としても、「捨てられた子猫の里親を探してくれる」なんて噂が広まれば、店がネコ捨て場になってしまうだろうし、かわいそうだけれどどうしてやることもできない。
でもねぇ、2匹だけと思っていたとはいえ、「保護しよう」って私言っちゃったし、レスキューも来ちゃったし・・・この場合、やるしかないでしょ~。
いざとなったら、仕方ない!この子たちの将来、私がすべて責任もとう!
ってなわけで、スタッフみんなにも協力してもらいながら、始まった今回の子猫の里親募集。

やはり、当初の私の予想どおり、里親さんが決まったのは2匹だけ。
応募が少なかったわけではありません。
10件以上の応募がありました。
でも、子猫と実際に会ってお見合いをしたのは、そのうちの4件だけ。
他は、すべて電話を頂いた段階で私からお断りしました。
お見合いをした4件のうちの1件も、実際にお会いして話した結果、私からお断りしました。
なぜ、次から次へと断ってしまったか。
みなさん、たぶん、ネコをかわいいと思い、好きなのだと思います。
でも、覚悟がないんですね。
どういうつもりで、子猫を欲しいと言っているのか。
電話で3分も話せば、わかります。
だから、お断りしました。

私は、成り行き上、今回の保護・里親募集に関わりましたが、関わる以上は、最悪、里親がいなければ、自分がこの命に責任をもとう!と覚悟を決めました。
この覚悟が持てなければ、次から次へとかかってくる安易な応募を断ることはできません。
自分のもとに子猫が残ってしまったらどうしよう・・・という思いが働くからです。
「子猫が欲しい」「はい、どうぞ」だったら、今頃、私の家族が増えることはなかったでしょう。
でも、それでは、子猫たちを保護した意味がないんです。
保護した以上は、子猫たちには幸せになってほしい。
幸せになれる環境を私が見つけてあげなければという責任があるんです。
一度は人に捨てられ、生きることすら許されなかった命だけど、毎日のお世話やカンパやチラシ貼りで協力してくれたスタッフのみんな、出動要請に応えてくれたレスキュー、里親募集のチラシを貼らせてくれたたくさんのショップや動物病院、知り合いに声をかけてくれた私やスタッフの友人たち、大勢の人の善意や協力でこの子たちは、生きるチャンスを与えられ、命をつなぐことができたのです。
たくさんの人の気持ちがつまった大切な命は、やっぱり命の尊さをわかっている人にしか託せません。
だから、今回の里親募集では、予想はしていたけれど、腹が立つような応募も数々ありました。
里親募集をすると、動物と暮らす(飼う)ということに対する世間の意識はまだまだ低いということを、残念ながら実感します。
この意識が変わらなければ、人の勝手な都合で、捨てられたり、処分されたりする動物たちは減らないんでしょう。

以前、ジュンジュンたちを保護した際の里親募集で、自分の想いと世間とのギャップに苦しんで、二度と里親募集なんかするもんか!と心に決めてから、何匹か知り合いのもとに里子に出す子はいても、ここまで大々的に里親募集したことは、ここ数年なかった。
今回の里親募集でも、やっぱり腹立たしいこともあった。
結果としては2匹しか家族を探してあげられなかった。
それでも、やってよかった!と思っている。
保護直後の4匹
090614.jpg




ネコズ、フリーで対面

いきなり知らない場所へ連れて来られて、他のネコや犬のニオイ、姿こそ見えないけれど間近で吠える犬の声・・・
そんな緊張や不安をものともせず、いっぱい走って、いっぱい食べて、いっぱい眠って・・・
子猫たちの順応性には、いつも驚かされます。
今日も、明日も、明後日も・・・新しいことをたくさん経験しながら成長していくんだね。

さて、今日も昨日に引き続き、先住ネコズとの対面練習。
最初は昨日と同様にサークル越し。
チビズときたら、昨日すでに経験済みということもあって、離れた場所からガン見する先住ネコズを気にする様子は一切なし。
それどころか、
「狭いのイヤ~!」「ここから出せ~!」と大暴れ(^^;)
先住ネコズのいる部屋のドアを開けたまま、思いきってチビズをフリーにしてみた。

いそいそとサークルから出てきたチビズは、まっすぐ、先住ネコズの部屋へ。
「ん?なんだここ?」「いろんなニオイがするぞ!」
と探検開始。
そこへ、ジュンジュン兄ちゃん登場!
思わずビックリしてシャーッ!
その声に反応して、ドアの向こうで聞き耳を立てていたヴィヴィアンも吠えます!


最初こそ、シャーシャー言ってたチビズ。
「こっちのお部屋も隠れるところがいっぱいでおもしろ~い♪」
とはしゃぎ出しました。
その様子を、目をまん丸にして観察する先住ネコズ。
緊張感ゼロのチビズはほっといて、先住ネコズの緊張をほぐしながら、私は静観。
しばらくすると、モリゾーがやっと動き出す。
兄ちゃん役は初めてのモリゾー、シャーッされると思わず腰が引けてしまいます。
チビズも、経験豊富なジュンジュンには慎重になるけれど、モリゾーにはそーっと後ろから近づいて、モリゾーのシッポにちょっかいをだしてみたり・・・
モリゾー兄ちゃん、完全になめられてます。(^^;)
モリゾー自身は、いたって真剣。チビズの無礼な行為には、シャーッしてみるものの、チビズまったく気にせず!
ジュンジュンのように威厳を示せなかったモリゾーですが、チビズの人気者にはなれたようです。
おかまいなしのチビズにお手上げのモリゾーが、
「もう、勘弁して~。もう、無理ッス!」とヴィヴィアンのいるドアの前で泣き始めたところで、今日の対面練習終了。
チビズを部屋に戻して隔離。ヴィヴィアンの部屋のドアを開けてやると、
「やっと解放された~♪」と急いでヴィヴィ部屋へ戻るモリゾーと入れ替わりに、
「ネコちゃん、どこ?どこ~?ヴィヴィも遊んであげるよ~♪」とワクワク顔で走りこんできたヴィヴィ。
ヴィヴィさん。あなたの出番はもう少し先です。
あなたの「遊んであげる♪」は、チビズには、まだ刺激が強すぎるからね~。
チビズが、部屋の間取りや家具の配置をしっかり認識して、逃げ道のルートを体で覚えたら、ヴィヴィにも遊んでもらうから・・・
だって、ヴィヴィさん、どうせチビズを追いかけまわすんだから・・・
そうそう、今日のフリーでの対面。
マッコ姉さんは不参加でした。タワーで爆睡中だったので・・・

チビズの「兄ちゃんたちと初めてフリー対面」の動画はこちら↓
a002
a003
a004
a005

子猫の里親募集終了

子猫の里親募集ですが、終了することにしました。
ご協力してくださったみなさま、本当にありがとうございました。

4匹の子猫のうち、2匹はとてもいいご縁に恵まれました。
残念ながら、今回ご縁のなかった2匹は我が家で受け入れることにしました。
シェパードのヴィヴィアン、ネコのジュンジュン、マッコ、モリゾー、そして子猫2匹。
ますます「しっぽ三昧」な我が家です。(^^;)

さて、新しく我が家の家族に加わった2匹の子猫ですが、この子たちには、これから試練が待っています。
一つ目の試練。
ネコズの兄ちゃん・姉ちゃんと仲良くなること!
二つ目の試練。
ヴィヴィアンに慣れること!
三つ目の試練。
ヴィヴィアンと同じ部屋でフリーになっても、自分で自分の身を守ること!

4日の夕方、我が家に来て、旦那の部屋で隔離されたチビネコズ。
里親さんのお宅では10分もたてば、走り回るほど余裕だったのに、我が家ではベッドの隙間に隠れたまま4時間でてきませんでした。
犬の気配のする環境は初めてのチビネコズですから無理もありません。
でもでも・・・大丈夫そうとわかってからは、まぁ元気!
2匹で部屋中を走り回って追いかけっこに夢中。
捨てられているのを保護してから3週間、会社の事務所でサークル暮らしだったのだから、この広さはたまらないんでしょう。
この日、夜中まではしゃぎまわったせいか、翌日は静かなものでした。

ドアの向こうのヴィヴィアンや先住ネコズの気配にも、必要以上にビクビクすることもなくなったので、今日、サークル越しに先住ネコズと会わせてみました。

ここから先にも、文章を書いたのですが、チビズがPCにのっかってきて、すべて消えました。
もう一度、書く気力がないので、動画だけUPしておきます・・・・




FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。