プロフィール

NAO

Author:NAO
ジャーマンシェパード ランディ
 2003/09/13生♂ 享年3歳
ジャーマンシェパード ヴィヴィアン
 2005/12/18生♀

フリーエリア

いつでも里親募集中

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

川遊び

今年初めての川遊びに行ってきました。
水遊びが大好きなヴィヴィアン。
そりゃあ、もうお喜び!
まだ、リードはずしてないってのに、川に向って突進!
危うく私まで川に引きずりこまれるとこだった(^^)

ヴィヴィアン、川ではレトリーブができません。
追いかけて咥えるまではするけれど、その後すぐにペッと出して、「さぁ、次、投げて!」となっちゃうんですね~。
野球のノックじゃないんだから・・・
ヴィヴィアンがペッしてプカプカ流れていくおもちゃを回収するのは決まってランディの仕事でした。
そんなわけで、ランディがいない今となっては、おもちゃがいくつあっても足りないので、川ではもっぱら石投げです。
この日も、私は、小石を拾っては投げ、拾っては投げ・・・・
最初は私も、楽しそうなヴィヴィの笑顔につられてテンションUP。
「いくじょ~、それ~♪」なんて、声をかけたり笑ったり・・・
しかし、延々とこれが続くとさすがに私も飽きて、声かけもちょっといい加減になったり、しゃがんで投げてみたり。
すると、ヴィヴィアン、投げた石を追いかけない。
「ちょっとー、もっとちゃんと、楽しそうにやってくんないと、気分がのらないじゃな~い」
とでも言いたげな顔で私を見ます。
「はいはい、すみませんでした~」
で、上っ面だけテンションあげて投げてると、今度は
「なんなのぉ~?その投げ方!もっと集中して、取れるか取れないかの際どい所に投げてくれないとぉ~、もう、わかってないわねぇ~」
と、またまた不満気な顔。
「はいはい、わかりましたよ~」
と、ヴィヴィからダメ出しを出されながら、1時間半、石を投げさせられました(^^)

かなりお疲れのヴィヴィアンの動画。動きが鈍いです。
スポンサーサイト

ごめんね・・・

ウェスティーの4歳の女の子。
他犬が怖くてガウガウしちゃうけど、人は大好き。
いつもお店に来ては、みんなに笑顔を振りまいていた。
とってもイイ子なんだけど、飼い主さんにとっては、ちょっと興奮症のところが問題になっていたようで、
ガウガウしちゃう事や散歩で引っ張るのをどうにか直そうと、訓練所にも通って頑張っていた。
訓練所から言われたことを信じて素直に実行していたようだけど、私には、どうしてもその方法がこの子に合っているとは思えなかったし、実際成果はなかった。
ずっとこの子と飼い主さんを見ていて私が思ったことは、もっと一緒に楽しめばいいのに・・・
トレーニングはもちろん、日々、一緒にいることをもっと楽しむことがこのペアには必要だと思っていた。
だって、私がリードを持ってコマンド出せば、きちんとアイコンタクトだってできるし、コマンドにも従える子だったから。

飼い主さんは、年配の方。どうしても犬と楽しむというより、犬をコントロールしなければ!という思いが強くて、犬に対して常に押し付けになっていた。
飼い主さんのコントロールしなければ・・・という、あまりに強い思いと、それ故に犬が受け入れないという悪循環に陥ってしまっているのを見て、私はちょっと不安を感じていた。
だから、誉めてあげることの重要性とか、自宅でクレートに入れっぱなしにしないでコミュニケーションをきちんととること、犬をコントロールするには絆を作らなきゃ!押しつけばかりじゃ絆はできないこと・・・
他にもトレーニングの細かいコツや、この子のココがイイところだからこういう風に伸ばしてあげたら?とか、飼い主さんが迷惑そうにしないことをいいことに、結構、おせっかいなくらいにアドバイスしてきた。
それもこれも、このままではいずれ、この子が飼い主さんの日常生活すべてにおいて重荷になってしまうんじゃないか?という、私が感じていた不安が現実になりませんように・・・と思っていたから。
もちろん、犬は何も悪くはないんだし、この悪循環から抜け出すには、飼い主さんが自ら気付いて変わらなければいけないんだけど、そのためには、飼い主さんが孤立することなく、悩みを理解してくれる人がいて、その悩みを解決できる具体的なアドバイスをする人がいることが必要だと思ったから。
もし、私のアドバイスしたことで、とても簡単なことでも、たった一つでも、クリアできたなら、それがきっかけになって、この子に対する飼い主さんの思いが変わるかもしれない。
そんな期待を持っていた。
だって、せっかく一緒に暮らしているんだから、楽しくなければ犬も人も不幸じゃない。

でも、ダメだった・・・

飼い主さん。
この子を里子に出すという決断をした。と言ってきた。
理由は、秋に転勤になるから・・・って言ってたけど。
会社って、そんなに先の辞令ってだすか?
何年かこのペアを見てきて、まぁ、まだ4歳のこの子にとっては、別の家族のもとで暮らす方が幸せかもしれない。そう思った。

数日後。
実は、市で飼えなくなった犬を引き取ってくれるところがあるからそこへ連れて行ったと、言うではないか!
そこで、たまたまこれから犬を飼おうと思っているという人に声をかけられ、譲渡の話がまとまったので、その日は市へ出さず、連れて帰ってきたらしい。
が、この子はガウガウするし、散歩でも引っ張るし・・・、貰ってくれた家族に迷惑がかかるからと、譲渡するはずだった家族に連絡をいれ、一方的に断ったという。
そして、2週間後、また市で引き取りをしてくれるから、その時までに里親がみつからなければ、市で引き取ってもらうことにした。と・・・
で、里親募集するためにお店の掲示板に貼ってほしいと持ってきたのは、1枚の写真と5cm四方のメモ書き。

私は腹が立って、涙がでそうだった。
一応お客さんなので、あまりキツイことは言えない。
「市で引き取ってくれるって、要するに不要犬の引き取りでしょ!処分するってことでしょ!」
”市で飼えなくなった犬を引き取ってくれる”なんて、いかにも体裁のいい言い方に拘って話すことが、私はとても嫌だった。だから、はっきり言ってやった。

もっと言いたいことは山ほどあった。
掲示板に張る里親募集のチラシだって、パソコンできれいに作ってあるチラシもあるけど、画用紙に手書きで書いたチラシもある。
そういうチラシを何回も見ていたはずなのに、どうして、写真1枚と小さなメモ書きだけなの?
そもそも秋に転勤するから里親募集じゃなかったの?
まだ何カ月もあるのに、どうして急に保健所に出すの?
里親募集すると言いながら、どうして譲渡が決まった相手を断ったの?
でも、相手はお客さん。私はただのパート店員。とても言えません。
それに、この人には何を言っても無駄だと・・・
所詮、この人にとって、犬は「家族」ではなく、単なる「ペット」だったんだ。
ただ、「まだ4歳だし、小型犬だから、絶対里親は見つかるから、保健所だけは、絶対ダメだよ」
この一言をいうのが、精一杯だった。

この日の夜から、私の頭は、このことで一杯だった。
あの飼い主では、あの子の将来はない。
飼い主に連絡をして、「私が責任を持って里親を探すから、保健所へ出さずもう少し時間を」と頼んでみようか。
でも、この私の申し出は受け入れてもらえるだろうか?
里親を探すって言っても、欲しいと言う人は何人かいるんだろうが、本当に私が安心して譲渡してもいいと思える人がいるだろうか?
私も何度か保護ネコの里親募集をしたことがあるが、新しいおもちゃでも欲しがるかのように安易に欲しがる人がビックリするほど多い。
こういう人と会話をしなければならないというのは、私にとって大きなストレスだ。
それでも、たった一人、まともな人がいてくれればそれでいいのだが・・・
でも、もしまともな人がみつからなかったら・・・
我が家で迎えるということはできない。
私には、今一緒に暮らしている子たちを、まず幸せにする責任がある。
私が、里親募集に関わる場合、自分で決めたルールがある。
里親募集に関わる以上、きちんと安心して譲渡できる相手が見つからない場合は、私がその責任を果たすということ。
その覚悟がもてないなら、私はその動物に関わってはいけないと決めている。
今の私にはその覚悟がもてない。
だったら、自分のルールにのっとって、関わらなければいい。
でも、自分が動かなければ、間違いなくひとつの命が消えることになる。
どうする?私。
すごく悩んだ。夢の中にまでこのことが出てきて眠れなくなった。
数日悩んで出した私の答えは、自分のルールに従うだった。

市の不要犬引き取りの日の朝。
私は仕事が休み。でも、何もする気になれなかった。
昼過ぎ。この日、出勤だったスタッフからメールがあった。
「さっき飼い主さんが来て、ウェスティーちゃん、里親さん見つかったんだって♪」と。
「よかったね(^^)」とメールは返したけれど・・・
私には、里親が見つかったというのがウソだって、すぐにわかった。
でも、私と同様、スタッフみんなでこの子のことは心配していたから、飼い主さんの言葉を信じて喜んでいるみんなに、「ウソだと思うよ」とはいえなかった。
私は心の中で、ウェスティーちゃんの笑顔を思い出し、ごめんね、何もしてやれなかった・・・ごめんね・・・と謝っていた。
ウェスティーちゃん、天国では、お友達をたくさん作って楽しく過ごすんだよ・・・









FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。