プロフィール

NAO

Author:NAO
ジャーマンシェパード ランディ
 2003/09/13生♂ 享年3歳
ジャーマンシェパード ヴィヴィアン
 2005/12/18生♀

フリーエリア

いつでも里親募集中

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マリコ???

仕事がいつもより1時間早く終わったので、暗くなる前に急いで海へGO!
ここ数日、朝から夕方までの仕事が続いて、しっかり遊んでなかったからね。

海について、リードを外してやると、大喜びで駆けまわるヴィヴィアン。
久しぶりのせいか、いつもよりも嬉しそう。
しばらく浜を歩いて、いつもボール投げをする場所に到着。
ウエストバックからボールを取り出し、さぁ、遊ぼう♪と思ったら、
堤防から釣り人が歩いてきた。
念のため、ヴィヴィを呼んで足元でdown-wait。
釣り人が通り過ぎるのを待っていたら、その釣り人がヴィヴィに向って「チュッチュッチュッチュッ」
と舌を鳴らしてきた。
暗くなる前にたっぷり遊んでやりたいのに、ちょっと嫌な予感。
とりあえず、通り過ぎてほしかったので、私は下を向いて気付かないふり。
ところが、釣り人のおじさんが「シェパードかぁ?」と話しかけてきた。
さすがに無視するわけにもいかず、「はい、そうですよ」と答えると、
またヴィヴィにチュッチュッチュッと舌を鳴らしながら近づいてきた。
あたりはどんどん暗くなってきてるというのに、あちゃ~、嫌な予感的中!
まぁ、ちょこっと話して、ちょこっとヴィヴィを撫でたりすれば、すぐ帰るだろうと思ったら、
このおじさん、好意的なのはいいんだけど、かなり変なおじさんだった。

おじさん 「おじさんねぇ、シェパードとかブルドックみたいなタイプの犬がだーい好きなのぉ」
NAO   「そうなんですかぁ~」
(心の声)(シェパとブルみたいなタイプってどんなタイプだ?共通点がわからん・・・)
おじさん 「やっぱり訓練とかしてるのかね?」
NAO   「いいえ、特別、訓練はしてないですよ」
おじさん 「そうかぁ~、じゃぁ、立派な警察犬だなぁ~」
NAO   「・・・・・!」
(心の声)(訓練してない!って言ったのに・・・???話、聞いてない???)
おじさん 「この子は、オスかね?」
NAO   「いいえ、女の子です」
おじさん 「そうかぁ、女の子かぁ!マリコ~!」
NAO   「マリコ????」(思わず声が出た)
(心の声)(なんで???マリコ???)
おじさん 「さぁ、マリコ。おじさんが遊んであげるよ。おいでっ!」
(心の声)(話、聞かなさそうだし、この際、マリコでいいか・・・)

念のため、ヴィヴィにはリードをつけてdown-waitを解除。
すると、おじさんに甘えにいくヴィヴィ。
めちゃくちゃ嬉しそうに、ヴィヴィをワシャワシャ撫でまくるおじさん。
でも、本当はボール投げをしたいヴィヴィ、おじさんに甘えたのは最初だけで、
すぐに私の方へ向き直り、ワンワンワンワンと要求吠え。

NAO   「はいはい、ヴィヴィはボール投げがしたいね~」
VIVI   「ピーーーー(鼻なき)」
おじさん 「紐を放してやるのか?」
NAO   「えぇ、いつもは放すけど、よその人がいるときは放しませんよ。」
おじさん 「そうかぁ、そうだなぁ。大き犬だから注意してるんだなぁ」
NAO   「えぇ、万が一、喜んで、飛びついたりして、よその人に怪我させちゃうといけないんで」
(心の声)(これで、察して帰るだろう!)
VIVI   「ワンワンワンワン・・・(早くボール投げしようよ~)」
おじさん 「そうだ、そうだ!マリコ!いっぱい吠えてストレス発散して帰んな」
心の声 (おじさん、あなたがいるからボール投げできなくてストレスになってんですけど・・・)
おじさん 「マリコはいい子だなぁ、さぁ、おいで!遊んであげるよ!よっこいしょ」
心の声 (おいおい、おじさん、とうとう座りこんじゃったよ!はぁ~、もう好きにしてくれ)

おじさんが座り込んだのを見て、また甘えに行くヴィヴィ。
しかし、おじさんのお腹に頭をくってけてたヴィヴィが急に頭をあげた。
おじさんの顎を真下から頭突き!
思わず「イテッ」と叫んだおじさんだったが、なぜか嬉しそうに、
「マリコ~、やったなぁ~」とそのままプロレスごっこに突入。
ヴィヴィの強烈な頭突きを何度も喰らい、とうとう浜辺に押し倒され、
ズカズカとヴィヴィに踏んづけられ、それでもなお、
「マリコ~、この野郎、やったなぁ~」とか、
「降参、降参、マリコは強いなぁ~」とか・・・
マリコ、マリコと連呼しながら嬉しそうなおじさん。
さすがに、私も引いてしまい、
「ヴィヴィ、遊んでもらってよかったね!さぁ、行こうか」
「おじさん、ありがとう」
といって、その場を去るふり。
「じゃぁな~、マリコ~」と手を振り、やっとおじさん、帰ってくれました。

おじさんが帰っていくのを確認して、お待たせしました!ヴィヴィちゃん!
とボール投げ開始。
真っ暗になる前にと、連投でヴィヴィを走らせて、ちょっと疲れたところで、帰るぞー!
なんとかボール投げもできたし、とりあえず、ヴィヴィも満足したようで、家に着いたらウトウト。
それにしても、変なおじさんだったなぁ。

091.jpg







スポンサーサイト

ヴィヴィのお仕事

我が家の末っ子・モリゾー。
不思議ワールド全開のいたずら小僧。
この面構え、ワルそうでしょう(笑)
090.jpg

このモリゾーのイタズラで困っていることがひとつ。
壁のコンセントのカバーを剥がすこと。
漏電や感電の危険があるので、これだけは何とかしないといけないわけだけど、
叱っても叱っても、その時だけはパーと逃げるものの、ちょっと経つとまたカチカチ爪をたてて剥がしにかかる。
しかも、このイタズラ、大抵始まるのは夜遅く。
半分寝かけてるのに、何度も何度も、起き上がって止めにいくのは正直しんどい。

そこで、ヴィヴィアンのお仕事!
そう、私の代わりにヴィヴィがモリゾーを叱りに行くのです。
カチカチカチカチ・・・
コンセントに爪を立てる音が聞こえると、ソファの上ですでにウトウトしていたヴィヴィが、ムクッと起きてダーッと走っていきます。
「コラーッ!モリちゃんっ!ダメダメー!」
モリゾーをコンセントから追い払うと、
「叱ってきたよ~♪」と私のもとへ。
私は、ベッドの中から腕だけ伸ばして、「ありがとうね、ヴィヴィ!」と誉めるだけ。
あ~、なんて楽ちん♪

ところが、ワルなモリゾーは、懲りもせずにヴィヴィアンがソファで再び寛ぎ始めた途端にまた、カチカチカチカチ・・・・
その度に、「ダメだってば!モリちゃんっ!」と走るヴィヴィ。
案外、モリゾーはヴィヴィが追いかけてくるのを楽しんでいるのかも。

あまりにモリゾーのこのイタズラがしつこく何度も続くと、さすがにヴィヴィも面倒くさいのか、飽きるのか、ムクッと顔だけ起こすものの動かない時も・・・。
そんな時も、私が「モリゾー、ダメだよー」と言えば、
「やっぱり、アタシが行かなくちゃ!」とヴィヴィアン出動。
ヴィヴィアン、なかなかいい仕事してくれてます(^^)
089.jpg

2009年は一味違う?

087.jpg

新年、あけましておめでとうございます。

年が変わった元旦から、ヴィヴィに異変?(笑)
ほぼ、パーフェクトに近い確率で、他犬とすれ違いができてます!
それだけではありません。
お散歩やお勉強以外の日常生活の中でも、妙に聞き分けがいい!
嬉しくなっちゃってハイテンションになった時も、
ドタバタ走り回り、鼻なきピーピーのヴィヴィが、
体をブルブルしたり、あくびをしたり、
なんとか自分自身の感情を落ちつけようと努力しています。

一体、ヴィヴィさん、どうしたのでしょうか?
2009年のヴィヴィさんは、一味、違うようです。
向上心に目覚めた?(笑)ヴィヴィさんの足を引っ張らないよう、私も頑張らねば!(^^)

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。