プロフィール

NAO

Author:NAO
ジャーマンシェパード ランディ
 2003/09/13生♂ 享年3歳
ジャーマンシェパード ヴィヴィアン
 2005/12/18生♀

フリーエリア

いつでも里親募集中

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やっちまった!

朝から自己嫌悪に陥ってます。

いつものように朝の散歩は海へ。
到着して、周りをしっかり確認。
後ろから、釣り人たちが数人やってきていたけれど、ヴィヴィは釣り人には関心を持たないので、リードを外して遊びはじめた。
遊んでいたら、何かを見つけたようにヴィヴィが突然猛烈ダッシュ。
振り返り、ヴィヴィの視線の先を確認すると、釣り人たちと1匹の犬。
えっ?犬?なんで?
そう、私が勘違いしていたのです。
釣り人たちの中に柴系ワンコのサクラちゃんがいたのに、私はそのサクラちゃんのことを釣り人の荷物だと思い込んでしまってたんです。
ヤバイッ!
サクラちゃんの存在に私が気付いたときには、すでにヴィヴィは私を追い抜き、サクラちゃんに突進!
私も砂に足を取られながらも、必至でダッシュしながら、
「ヴィヴィアンッ、カーーームッ」
とコマンドだしてみたものの、聞く耳もたないヴィヴィアン。
私も走りながら様子を観察したけれど、ヴィヴィアンから攻撃をすることはありませんでした。
そう、ヴィヴィはただ挨拶をして一緒に遊びたかっただけ。
でも、状況はヴィヴィの思惑とは正反対に動きます。
そりゃぁ、そうです。
でかいヴィヴィが猛烈な勢いで走ってきたら、相手の飼い主さんはビックリするのは当然です。
相手の飼い主さんは困惑して無意識にサクラちゃんのリードを引き、ヴィヴィアンと距離をとろうとするけれど、ノーリードのヴィヴィはズンズンサクラちゃんに近寄ります。
相手はフリーなのに、自分はリードを引かれて自由がない状態のサクラちゃんは、当然ヴィヴィにガウガウ・・・
ヴィヴィも、サクラちゃんの心情を察することができれば、距離をおくこともできるのでしょうが、KYなヴィヴィはおかまいなしでサクラちゃんのパーソナルスペースにズカズカと侵入。
「あなたはだ~れ?どうして、ガウするの?いいじゃん、ちょっと挨拶させてよ~」」
ニコニコなヴィヴィアンでしたが、ここで私のカミナリが・・・

なーにを勝手なことしてるかぁーーーー!

この声に、ハッと我に返り、ヤバイッ!と伏せて小さくなってみたヴィヴィアンでしたが、時すでに遅し。
COMEに従わなかったことを目一杯叱られました。

サクラちゃんの飼い主さんとは、ランディの頃から時々挨拶や簡単なお話をさせてもらう仲。
サクラちゃんとヴィヴィも何度か会ったことはあるけれど、サクラちゃんも飼い主さんも高齢だし、サクラちゃんも若いヴィヴィのことをうざったそうにしてたので、犬同士挨拶させたりということはなかった。
まったくの他人ということではないこともあって、
「ヴィヴィちゃんは何にもしてないよ!サクラがちょっとびっくりしてガウッってなっただけだから」
「遊びたかっただけでしょ!ちょっとびっくりしたけど・・・」って
笑顔で言ってくれたけど・・・、実際、そのとおりなんだけど・・・。
だけど、飼い主さんのことも、サクラちゃんのこともビックリさせちゃったもん。
とにかく、私は平謝り。
ヴィヴィも私の剣幕にかなりビビって小さく伏せたまま。
「サクラ、行くぞ」
そう声をかけて散歩の続きに誘った飼い主さんだったけど、
サクラちゃんは、シッポダラ~ンで「もう帰る!」
せっかくの楽しいお散歩なのに、私とヴィヴィのせいで・・・ごめんね、サクラちゃん。

サクラちゃんと別れたあとは、海で遊ぶことなく私たちも家に帰ることにした。
途中、犬とすれ違ったけど、がっつり叱られたあとのヴィヴィアンは、私の「ヒール」のコマンドにしっかり従い、吠えることも引くこともなかった。
いつも海からの帰りは、家の中から吠える犬がいるところを通る。
いつもならヴィヴィもガウガウするのだが、この日は吠えられてもしっかりヒールで通り過ぎた。
家に着いてからも、走り回るネコズを追いかけて遊ぶヴィヴィアン。
「仲良く!」の私の一声で追いかけようと”思う”のをやめた。
よっぽど海で叱られたことが堪えたのでしょう。ヴィヴィアンなりにかなり反省している模様。
でもね、一番反省しなくちゃいけないのは、そう、私自身。
荷物と勘違いしたとはいえ、しっかり確認しなかった私が一番悪い。
ヴィヴィの深い反省の態度を思い返すたびに、私自身が責められているような感覚をおぼえる。




スポンサーサイト

3歳になりました

ヴィヴィアン、本日、3歳になりました。
まだ3歳?もう3歳?
初めてショップでヴィヴィを見てから、思えばいろいろあったなぁ・・・
(どんな”いろいろ”があったのかは、カテゴリのヴィヴィアンを見てね)

隣の家の子だった頃。こんなにちっちゃかったんだぁ・・・かわいいなぁ・・・
071.jpg

今なら簡単にパクっとできるボールも、一生懸命咥えてる(^^)
074.jpg

この頃は、さくらにもちゃーんと教育されてたのに・・・
今は、さくらに見放され、嫌われてる(汗)
もっと頻繁に会わせてもらえれば、犬同士のルールも学べたのになぁ・・・残念
073.jpg

シェパ同士。やっぱりランディに遊んでもらうのが一番楽しかったね。
085.jpg

何かと口実をつくっては、ヴィヴィを連れ出して、遊びに行ってた頃。
075.jpg

今でも大好きな水泳は、ランディに教えてもらったんだよね。
076.jpg

やっと、晴れて「うちの子」になれたとたん・・・やってくれました!
新築のおうちの壁に大きな穴をポッカリと・・・
とぼけていても、お鼻にしっかり犯人の証がついてます!
077.jpg


何でもランディの真似っこ!いつでもランディの後をついて歩いてた。
ランディ兄ちゃんのことが大好きだったね。
078.jpg

大好きだったランディ兄ちゃん。ヴィヴィの憧れだったランディ兄ちゃん。
いつまでも一緒に楽しく暮らせると思ったのに、突然、お別れがやってきたね。
ランディがいなくなって、しばらくヴィヴィは戸惑っていたね。
私たちとどうやって向き合ったらいいのかわからずに・・・
086.jpg

ランディ兄ちゃんや、ネコのジュンジュン兄とマッコ姉。
一番末っ子でいつもお気楽だったヴィヴィにも、弟ができたね。
ランディ兄ちゃんがいなくなって、寂しくなったおうちが少し元気になったね。
080.jpg

ランディ兄ちゃんのことばっかり見ていたヴィヴィアン。
この頃、やっと心を開いて向き合ってくれるようになったね。
嫌いだったお勉強も、一生懸命がんばってくれるようになったね。
079.jpg

お勉強がんばったから、遠くへおでかけもできるようになったよね。
081.jpg

お友達もできたね。082.jpg
083.jpg

ヴィヴィアン。うちの子になってくれて、ありがとう。
家族になろうと、がんばってくれて、ありがとう。
今日まで、元気でいてくれて、ありがとう。
そして、これからも、家族みんなで、元気に楽しく生きていこうね。
3歳の誕生日、おめでとう。ヴィヴィアン!084.jpg





















遊ちゃん

お友達シェパ・遊ちゃんの訃報。

突然で申し訳ないと思いながらも、仕事帰りに寄らせていただきました。

突然の訪問にも関わらず、たくさんの大切な思い出を聞かせていただきました。

まだまだ心の整理もついていないと思いますが、あんなこと・・・こんなこと・・・と

笑顔で思い出を話される姿をみて、あ~、こんなにも家族に愛されて、幸せな14年だったんだな・・・

と感じました。

遊ちゃんと出会ったのは、焼津の海でのオフ会でした。

その後、私の勤めるお店にも遊びにきてくれました。

でも、なぜだろう。

今は、オフ会で知り合う前に何度か見かけた

港沿いを颯爽とお散歩する遊ちゃんの姿が、鮮明に思い出されます。

きっと天国で、海風をうけて気持ちよさそうに歩いていたあの頃のような

活力を取り戻したんだね。

以前に頂いた、遊ちゃんが若いころに使っていたというカラー。

これからも大事に使わせていただこうと思います。





吠えてる・・・らしい

週末は仕事だった私。
日曜に仕事から帰ると、父から「ヴィヴィ、ずーーーーと吠えてて、うるさい!」
と、言われた。
そういえば、3~4日前にも、隣の叔母から「最近、ヴィヴィ、吠えるね~」って言われたっけ。

叔母に言われた時は、確か窓を開けて行った日で、たまたま窓からお散歩している犬を見つけて吠えたんだろうと理由がわかっていたし、この日だけのことと思って、あまり気にしなかった。
しかし、父からも同じことを言われたことを考えると、どうも窓から外を見ては吠えることが習慣化しているようだ。
母に確認してみると、やっぱり最近吠えてることが多くて、それは夕方の16時前後のようだ。
なるほどね。16時前後といえば、ちょうどお散歩ラッシュの時間帯。
家の前の道路は、それほどお散歩コースにはなっていないけど、裏の空き地の向こう側の川沿いは、結構、たくさんお散歩で通る犬がいるんだよね。
それにしても・・・家の前の通りならまだわかるけど、離れた川沿いの通りを歩く犬にまで吠えるとは。
これは、マズイですよ。ヴィヴィさん。

そういえば、叔母や父から留守中に吠えるということを指摘される前、私が感じてたことがある。
それは、仕事の後の暗くなったお散歩で、やたらと周りを警戒するようになったということ。
ちょっとした音にも、止まっているバイクの影にも、犬連れではないただウォーキングしている人にも。時には、誰もいない何もないのに、ただジッと立ったまま耳を澄まして緊張していることも。
緊張や興奮によるパンティングもきになるし・・・。
去年の冬も、仕事はしていたのだから、暗くなってからの散歩はしていたけど、こういうことは感じたことはなかった。
なんだか、この冬から以前より神経質になったような気がしてた。

たぶん、留守中の吠えも、この神経質さで窓の外を監視するようになったことが原因なんだろうな。
でも、どうして急に?
つい、最近までスヤスヤお昼寝しながら、留守番できてたのに・・・
あっ!もしや、とーちゃんが転勤でいなくなっちゃったことが関係してるのかな?
とーちゃんにも、おうちを頼むぞ!ってたくさん言われたし、私も一緒におうちを守ろうね!なんて、言ってたから、ヴィヴィなりに頑張っちゃってるとか・・・。
でもね、ヴィヴィさん、おうちを守りすぎですから~(笑)

とりあえず、応急処置として、今日、窓に目隠し用のフィルムを買ってきたので、それで外の犬の姿が見えなくなって吠えなくなればいいな~。
ただ、これは、あくまで応急処置。
ヴィヴィアンには、もっと自分に自信を持てるように接してあげないとだね。

069.jpg










ゴンとお勉強

最近、ヴィヴィアンとのトレーニングを真面目にやってみている。
今までも、チマチマとやってはいたけど、暑くなると、まぁ、動かない子なので・・・(^^;)
この季節になって、やっとまともにトレーニングっぽくできるようになった。

今日は、母とゴンに協力してもらって、芝生の公園で練習。
ゴンと母には、私たちの周りをウロウロしてもらって、ヴィヴィの気を散らせるようにしてもらった。

ヴィヴィをロングリードにして、まずはwaitから。
sit-wait、down-wait はまぁまぁ。
ちょっとstand-waitが苦手なヴィヴィ。やっぱり、2~3歩動いちゃうけど、以前に比べて声掛けで待てるようになった。

次に招呼。
やる気を出させるのが結構難しいヴィヴィ。でも、やる気さえでれば、全力投球!
これが、アダになっていつも私の膝に激突!
元気いっぱい、嬉しそうに満面の笑顔で走ってくるのはかわいいんだけどねぇ・・・(笑)
やっぱり最初は、大した距離でもないのに耳まで倒す全力疾走でやってきて、私もさすがに避けてしまった(汗)
おーっとっと・・・行き過ぎた~ぁ!って戻ってきたら、脚側停座でニコニコのヴィヴィ。
ヴぃヴぃ~、惜しいなぁ~、得意気だけどそれはちょっと違うなぁ(笑)
もう一度やったら、ちゃんとスピード調節できるようになって、正面停座をキメルことができました。

あと脚側でスラローム歩きや誘惑物のボールの上を通り過ぎる練習、離れた場所からのsit 、down、 standなどの基本もやりたかったんだけど、ここで、お散歩犬たちが続々と登場。

残念ながら、協力をお願いしたゴンは、あまり誘惑役になれなかったので、これはちょうどイイ!と、練習♪練習♪
さすがに、ガァーと行かれたら、いくらロングリードつきとはいえアウトなので、公園の周りをお散歩犬が歩く中、いろんなバリエーションでwaitの練習。
さすがに、見ず知らずのお散歩犬の誘惑力は強力で、ヴィヴィの目線はお散歩犬に釘付け。
それでも頑張ってwaitしてるヴィヴィ。
ヴィヴィの意識が完全にお散歩犬に持っていかれないように、私も真剣に間合いを見ながら、褒めたり声をかけたり、招呼や、脚側につけてヴィヴィを動かしてみたり・・・
お散歩犬が登場する前に、きっちりお勉強モードに入っていたせいか、時々目線は持ってかれるが、コマンドかければアイコンタクトもきっちりとれるし、嬉しそうにニコニコで指示に従ってくれたし!
以前なら、コマンドは耳に入るものの、誘惑に心乱され、イライラから自分を見失いワンワンワンワンむやみに吠え散らかしてたもんね。
今日のヴィヴィは、なんだか、自分が今何をするべきかがわかっていたように感じた。
たまたまヴィヴィがお勉強モードだったから、それが可能だったわけで、それでも、いっぱいいっぱいの様子だったから、普段のお散歩中に同じ事ができるかといったら、???だけど。
でも、今までのヴィヴィに感じることがなかった事を感じられたのは嬉しいことだ。

はぁ~、今日はお勉強頑張りすぎて、疲れたわぁ~
068.jpg


慢性外耳炎

1階の住人・さくら。
実は、夏の終わりから慢性外耳炎に悩まされていました。
もともと体質的に炎症をおこしやすく、季節の変わり目には耳の他にも目や皮膚に炎症をおこすことが多いのです。
いつもなら、洗浄や消毒など何らかの対処をすれば、それほどひどくはならないのですが、年齢的なものもあるのか、今年は外耳炎がひどくなってしまった。
耳だれがひどく、ニオイも近よらなくても同じ部屋にいるだけで強烈ににおうほどだった。
何度か洗浄もしたが、一向に良くなる気配がなく、これ以上やっても刺激を与えてかえって悪化させるだけ。抗生剤飲ませた方がいいと思って、病院にもいった。
病院でもらった抗生剤が効いて、いったん治ったかに思えたが、しばらくすると、またぶりかえし。
ずっと抗生剤を飲ませるわけにもいかないし・・・

さ~て、どうしたものか?
悩んでいるとき、こんなものを見つけた。




シュアリンプウ~詳しくは画像をクリック
納豆菌の仲間のOYK菌っていうのが、耳の中の悪い菌を食べてくれるんだって・・・
しかも、増殖スピードが早いから、悪い菌が増殖できず、結果、耳の中を健康な状態に保ってくれるということらしい。

ふ~ん・・・
確かに理論的には納得できるけど・・・
慢性外耳炎にも効果あり!って謳ってるけど・・・
本当に効くのかな?
半信半疑だったけど、価格も高くないし、まぁ、1回、試してみようか・・・

で、試してみたら、あらっ!ビックリ!
1日1回を毎日。
3日ほどで、頭をふったり、耳を足で掻いたりすることが少なくなった。
1週間ほど続けたら、あんなにひどかったニオイがなくなってきた。
真っ赤だった耳の中の皮膚も炎症が抑えられて、本来の色にもどってきた。
2週間続けたら、抗生剤を10日間飲んだ時と同じ状態にまで回復。
ここでやめたら、またぶりかえす?と思いつつ、一旦止めてみたけど、やめてから1ケ月以上たった今でも、炎症はみられない。
すげぇ~、シュアリンプウ!

その効果には、もちろん満足だったけど、もうひとつメリットが!
納得いかないことに関しては、断固拒否の頑固姐さんさくら。
洗浄するためクリーナーを耳に入れることを何回か続けた結果、怒るようになりました。
ヴィヴィアンのように「イヤだもんっ!」って怒って歯をあててきても、所詮、パフォーマンス的な意思表示程度なので、なんてことないのですが、さくらの場合、本気度が違います。
でも、怖がってると見透かされれば、さくらにはますます舐められるので、これは必要なことなんだから!と言い聞かせ、なんとかやってました。
正直、私自身も恐怖との闘いでした。(^^;)
それが、このシュアリンプウなら、洗浄するタイプのクリーナーのように、たくさんの量をいれなくてもいいし、揉んだ後、ふき取る必要もない。
そのため、さくらも受け入れてくれて、私も恐怖を感じながらケアしなくてもよくなった。

犬用品はいろんなものを使ったりするけど、久々のヒット商品でした。
慢性外耳炎でお悩みの方は、一度試してみてはいかがでしょう。
耳掃除嫌いな犬の日常のケアにもオススメかも・・・

067.jpg








FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。