プロフィール

NAO

Author:NAO
ジャーマンシェパード ランディ
 2003/09/13生♂ 享年3歳
ジャーマンシェパード ヴィヴィアン
 2005/12/18生♀

フリーエリア

いつでも里親募集中

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

我慢強化練習

ヴィヴィアン、車の中や他犬とのすれ違いで吠えるのを我慢できるようになったけど、
今度は、我慢することに対してピーピー鼻なき&ヒャンヒャン吠え散らかしが出始めた。
我慢ができるようになるまでは、何回叱られてもお構いなしにガウガウと思う存分吠えていたので、我慢を強いられる状態に対しての鼻なき&吠え散らかしはなかったのは、当然といえば当然。
我慢強化練習と銘打って、この鼻なき&吠え散らかしの矯正にがんばらねば!

お散歩でも、今まで引っ張らない程度に前に出るのはヨシとしてきたが、最近はちょっとでも前に出たらNO!できっちり脚側へ戻す。
声掛けだけでちゃんと戻るが、歩きだすとすぐに気持ちが逸って前へ出る。
その度にNO!
結局、思うように前へ進んで行けないイライラが募り、ピーピー&ヒャンヒャン・・・
でも、NOと声をかければ、リードで誘導しなくとも、ピーピーヒャンヒャン言いながら、まるで地団駄を踏むように戻る。この様子、感情がものすごくストレートに伝わってきて、それでも健気に我慢しようとしていて、たぶん自分な中で葛藤してるんだろうな~って思うと、ヴィヴィアンには悪いけど、面白くってついつい笑っちゃう。

今日も、海の駐車場で車からチワワが降りてきた。
ヴィヴィアン、sitコマンドでおとなしく座って待てたけど、チワワが海へ向かって歩きだしたら、「ヴィヴィも早く海へいきた~い」とピーピー鼻なき。
鼻なきしている間は当然wait。するとイライラが頂点に達してsit-waitのままヒャンヒャン天に向かって吠え散らかし。
普通なら我慢できなくて力に任せてひっぱっていこうとするんだろうけど、sit-waitのままでヒャンヒャン言いながらでも頑張ってる姿は、とっても葛藤ぶりがわかりやすいらしく、駐車場で釣り支度をしていたオッチャンにも、「イライラしてても、ちゃんと言うこと聞いててえらいな」って誉められたというか笑われたというか・・・(^^;)

海でもたた遊ぶだけじゃなくて、ちょっとお勉強。
お勉強も、我慢強化練習として、ロングリードでwaitさせてからボールを投げたり、投げたボールをまたいでheelのまま通り過ぎたり、途中に置いたボールを無視してcomeで呼んだり・・・
ヴィヴィアン、お勉強モードでは結構上手にいろいろとこなしていきます。
鼻なき&吠え散らかしも顔をみせないし・・・

じゃぁ、お勉強モードではない部屋の中でもがんばってみよう。
ヴィヴィアンがボールと同じくらい大好きなごはん。
ご飯を入れた器をもって部屋に私が入ると飛びあがって喜ぶほど食べるの大好き!
早く食べたい!でも、ちょっとだけお勉強。我慢強化練習ですから・・・
ヴィヴィアンはsit-wait。
少し離れた所に器を置き、さらに私は離れてcome。
部屋の中なので、それほど距離がないのに、大股ダッシュで駆けてくる。
しかも、早く食べたいと気持ちが逸るのか、足までもつれたりして・・・
正面停座も思いっきり斜めで、顔は器方向で白目剥きながら目だけでアイコンタクトの顔が怖い(笑)
正面停座を直して、脚側停座を指示するとピーピーヒャンヒャン言いながらも私の後ろを回るものの、焦りすぎてヒールポジション通り越して、正面停座バックバージョン(笑)

お部屋のお掃除中は、ソファの上でずっとwait。
ソファの部屋を掃除中はできるんだけど、隣の部屋で掃除機かけ始めると、こっそり様子を見にくる。
すぐさまNO!ヴィヴィも急いで走ってソファに戻る。
私も追いかけて行って、ソファの上で何もなかったように恍けてるヴィヴィアンを叱る。
様子を見に来たことが私にバレてないとでも思っているのか?本人はこっそりやってるつもりだし。
ソファに座っているのに叱られることにイライラして、ピーピーヒャンヒャン文句たれ。
文句を言えばさらに叱られ、ソファの座面と背もたれの間の隙間に顔を突っ込んで、ウーウー唸って八つ当たり。
こそこそ様子を見に来てみたり、叱られてソファに八つ当たりしてみたりが何度かあるものの、それでも最後は諦めて、掃除が終わるまでの約30分、ソファの上にいるヴィヴィアン。
最初から最後までの約1時間、パーフェクトにできるように頑張れ!頑張れ!

ところで、我慢を強いると短気でイライラからどうしても声がでてしまうヴィヴィアン。
日常生活やお勉強で我慢する回数を増やせば、我慢することに対して耐性ができるかな?と考えて、こんな練習を試みているが、はたしてこの方法でいいのかな?
021


スポンサーサイト

動物病院

今年もそろそろフィラリア予防の季節。
そこで悩んでいるのが、動物病院選び。

今までの病院も悪くはないのだが・・・
私にとっては、なんとな~く物足りないんだな。
そこで、ランディが腎不全でお世話になった病院に変えようと考えていたが、先日マッコを病院へ連れて行った時、ランディの担当だった獣医師が退職していたことを知った。
マッコを診てくれた獣医師も、悪くはないんだけど、やっぱり物足りないんだな~。

症状などを問診して診察、こんな検査をやると説明されて、検査の結果を報告されて、こういうことだと思うのでこういう処置をしますから、様子をみてください・・・
という流れ。
たぶんこれが普通なんだと思うし、検査結果や処方する薬など、細かく説明されても普通は理解できないのでわかりやすく簡略化しての説明となる。

この時、私が言葉として獣医師から聞く説明というのは、問診・触診・検査結果などと、獣医師自身の知識や経験などとを複合的に考えて導き出された整理された内容となる。
「説明」という形で整理される前には、獣医師自身の頭の中でいろんなことが考えられているんだと思う。
実は、私、その頭の中で考えたことまで知りたいんだな~。
獣医師側からみれば、じつにめんどくさい飼い主(患者)だろうと思うし、自分でも変わり者だと思う。
でも、そこまで聞き出せると、診断や治療に対して自信があるかどうか、病気を診ているのか命を診ているのか、場合によってはその獣医師の経験値まで見えてくることもある。「説明」のなかには含まれていないいろんなことが見えてくる。

私が一番重視するのは、獣医師としてはもちろんだが、人としての経験値だ。
同じ病気でも、発症する年齢によってできる治療とできない治療があることもある。
治療法があっても、QOLを考えてそれを選択しない場合もある。
命のことだからどうにかしたくても、どうにもならないこともある。
難しい決断をしなければならない時、獣医師はとても重要な役割を持っていると思う。
飼い主が決断に必要な、すべての情報を与えられるか?
その決断をどういう思いでだしたのかを真摯に受け止められるか?
これは、人としての経験値がなければできないことだと思う。

と、まぁ、私なりにいろんなことを考えてたりするわけで、今感じている物足りなさを埋めてくれる病院はないものか・・・と。
そんなとき、y病院を退職した獣医師がどこかに開業すると噂を聞いた。
もしかして、ランディの担当だった獣医師?
あの先生だったら信頼できる!
早速、ありがちな「苗字」+「動物病院」でネット検索してみると・・・
設計事務所のブログの中にそれらしき記事を発見。
どうやら4月初旬に隣の市に開業らしい。
これでもう、病院選びに悩まなくていいな。よかった!













マッコ不調

17日夜、マッコが私を見つめてしきりに鳴いていた。
いつも鳴くたびに、「マッコ~」とか「な~に?」とか「はいよ~」と返事をしてやると、しばらくすると鳴きやんでウトウトしたり、プラッと他の場所に移動したりするのだが・・・
この日は、妙にしつこく鳴いていた。
なんとなく嫌な感じがして、マッコのもとへ行って「どうしたん?」と声をかけ撫でてやると、スルリと私の手をぬけて、急に吐いた。
吐き癖のあるジュンジュンと違い、マッコはほとんど吐くということがない。
そのマッコが、何度も吐いている。
これは、おかしい。
翌日、朝一番で病院へ。
血液検査異常なし。レントゲンも異常なし。
吐くというだけでは、該当する病気が多すぎて何なのかわからない。
とりあえず、胃腸障害の薬を皮下点滴して経過観察。
様子が変わらない、または悪化するようであれば、エコーなどの検査をすることに・・・

病院から帰ってからも、注意深くマッコの様子を観察。
病院へ行く前まで、夜中に数回と朝も吐いていたのに、病院から帰ってきてからは全く吐かない。
口元をしきりに舐めたり、落ち着かない様子もなく、かなりリラックスしているよう。
さすがに食欲はわかないようで、ご飯の器は前足で隠そうとしている。

翌日も仕事から帰っても、吐いた形跡はなく、前日よりもちょっと元気になった感じ。
一応、マッコの好きな食事を用意してみたら、お腹が空いていたのかパクパク食べた。
その後も吐くことはない。
チョビチョビしてくるヴィヴィアンに対しての、マッコの稲妻パンチも復活!

一体なんだったんだ?
皮下点滴をしてから、急に良くなったところをみると、やっぱり消化器系が原因だったのか?
ストレス・・・なのかな・・・
最近、朝早く起きるようにしてるから、夜すぐに眠くなっちゃって、あんまりマッコとスキンシップがとれていなかったからなぁ・・・
寂しかったのかもしれないなぁ・・・ごめんよ・・・マッコ・・・

ネコって犬と比べると、見ためで老いを感じにくい。
でも、考えてみればもう8歳になるんだもんな。
まだまだ元気に過ごしてもらうために、いろいろ気をつけてあげなくちゃね・・・

020

ちょっぴり成長

最近のヴィヴィアン、だ~いぶ「我慢」ができるようになってきたと思う。

車に乗せれば興奮して吠えまくり、それを直そうと今までいろいろ努力してみたが、吠えない時もあれば吠えまくりの時もありで、とにかくムラがあった。
散歩中に他犬とのすれ違いも、吠えないことが少しづつ増えて、このまま少しづつでもいい方向へ進むのかと思いきや、気が狂ったと思うほど吠えまくることもあり・・・
その時その時の状況だったり、私の精神状態だったり、そんなことが影響して、うまくいったりいかなかったりするものだとは思うけど、やっぱりその度に私は喜んだりどん底に突き落されたように落ち込んだりで、お利口にできたときでも一過性のもので、ヴィヴィアンが成長したんだ!という感覚は得ることがなかった。

ところが、ここ最近、本当にイイ感じなのである。
車に乗っても、最初はやはり興奮して吠えるが,そのあとヴィヴィアンがちゃんと我慢しているということがはっきりわかる。
散歩での他犬とのすれ違いも、リードは張るがそれ以上感情に任せてひっぱることがなくなってきた。
喉の奥というか、口の中というか、はっきりワンワンガウガウではなく、○▽■$%&・・・と声というか音は発するものの、私の横を歩いていられるようになった。
今までの偶然お利口にできたときとは違い、確実性が出てきたことが何よりうれしい。
他犬とのすれ違いは、ヴィヴィアンのお勉強のため!と気合十分に自分自身を奮立たせて臨んできたので、正直、精神的にも疲れる散歩だったのに、最近は、何頭とすれ違ってもそれほど疲れることがなくなった。
当然、ヴィヴィアンは褒められることが増え、すれ違った後も執拗に目で相手の犬を追っていたのが、褒め言葉に反応してすれ違い直後でも私とアイコンタクトがとれるようになった。
今までは偶然のお利口さんぶりに一喜一憂していたが、今回は、本当の成長と考えてもよさそう。

ひとつの事がいい方へ向くと、不思議なもので他の面でもイイ感じになっていく。
朝、海でボールで遊んでいるとき、ふと思いついて、waitコマンドかけてボールを投げてみた。
ボール大好きなヴィヴィアンだから、当然追いかけてしまうだろうからと1回目はリードをつけて。
やっぱり飛び出した。2回目もリードをつけたままwait。
おっ!我慢した。
3回目は、リードをはずして投げてみる。
おぉーっ!我慢できたぁ!
夕方の散歩で、リードはずしたまま、朝のこと覚えてるかな?と思ってやってみたら、覚えてたっ!
ボールがすっ飛んでいっても我慢してる!
あのヴィヴィアンが、「我慢」を覚えた!
あんなヴィヴィアンが「我慢」できるようになるなんて・・・(嬉涙)

調子にのった私。
今度は、部屋の中でモリゾー(猫)にシャカシャカボールを与え、ヴィヴィアンにはwaitをかけてみた。
シャカシャカシャカ・・・ゴロゴロゴロ・・・剥きになってボールを転がしては、右へ左へ走りまわるモリゾー。
ヴィヴィアンにとっては、ボールもモリゾーも大好きなおもちゃ。
まさに、たまらん状況なわけだが。
おぉぉーーーーーっ!我慢してるぅぅーーー!

犬ってスゴイなぁ。
根気よく、諦めなければ、ちゃ~んと応えてくれるもんな~。
あまりのヴィヴィアンの破天荒ぶりに、家族からも「ヴィヴィは無理!お利口な犬になれない」って言われ続けたけど、ヴィヴィアンを信じてよかった!
噛まれても、引きづり倒されても、階段から落とされても、爪割られても・・・
この瞬間があるから、犬との生活は楽しい。

019


FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。