プロフィール

NAO

Author:NAO
ジャーマンシェパード ランディ
 2003/09/13生♂ 享年3歳
ジャーマンシェパード ヴィヴィアン
 2005/12/18生♀

フリーエリア

いつでも里親募集中

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コマンドは絶対!なんです

日曜だけあって、海はお散歩犬が多い。
私たちは迷惑をかけないように他の犬とは、ヴィヴィアンの呼びが効く程度の距離をとって遊んでいた。
黒い小型犬を連れた夫婦がやってきたので、ヴィヴィアンを呼び戻しリードをつないだ。
その小型犬は、移動していくわけでもなく、その場で遊び始めたようだったので、私たちはそのまま離れて、また十分な距離をとって、ヴィヴィアンのリードを放した。
ヴィヴィアンとボール投げをして遊んでいると、海岸側からさっきの黒い小型犬が、ボールを追いかけるヴィヴィアンに向って走ってきた。

いつも遊ぶこの海は、駐車場から堤防の階段をあがると人工的に埋め立てた浜があり、その浜から階段状になったブロックを降りると波打ち際の浜という2段に別れている。
その高低差から埋め立ての浜と波打ち際の浜とでは、死角ができる。
私たちは、埋め立てた浜で遊んでいたのだが、死角の波打ち際の浜から、ブロックを駆け上って小型犬が突然やってきたのだ。

すぐさま私は、ヴィヴィアンにストップのコマンドをかけた。
ヴィヴィアンは、突然の私の本気声と目の前に急に現れた小型犬に少し驚いたようだったが・・・
やっぱり、走り回る小型犬の誘惑には勝てず、ヴィヴィアンも一緒に走り始めた。
小型犬も喧嘩を売りにきたわけでもなく、遊びたくてやってきたようだったし、ヴィヴィアンも、少し剥きになって追いかける場面もあったが、手をかけたりパクッとしようとする素振りもなく、たぶんそのままにしても大丈夫だったとは思う。

でも、私のコマンドを無視したヴィヴィアンを許すわけにはいかない。
こういう場面で練習を積んできたわけではないから、コマンドが利かなかったことは、当然といえば当然。
ただ、ヴィヴィアンはすでにコマンドの意味をきちんと理解している。
実際、一瞬だったが私のコマンドにも反応したが、ヴィヴィアン自身の判断でコマンドを無視して遊び始めたのを、私は見逃さなかった。

小型犬の飼い主も息を切らしながらやってきて、私にすみませんと謝りながら、自分の犬を捕まえようとするが捕まらない。
その間、私もヴィヴィアンに対してコマンドを出すが、私を意識しながらも、ヴィヴィアンは小型犬の後ろを走り続ける。
小型犬が飼い主に捕まったところで、ヴィヴィアンもヤバイと思ったのか止まった。

小型犬の飼い主は、すみませんと謝っていたが、私はヴィヴィアンを叱ることを優先した。
ヴィヴィアンの性格上、こういう時は、一気に叱りつけないと効果がない。
人前だとか、そんなことを気にして、少しでも私が笑顔をみせたりすれば、ヴィヴィアンにとっては叱られたけど大したことじゃないと調子づかせてしまう。
こういう場面で練習を重ねようと思っても、相手がいないのだから、この機会を逃す手はない。
本気でヴィヴィアンを叱る私の声は大きい。
波打ち際の釣り人たちも、何事か?とみんな振り返った見ていた。
私が本気で叱る時、場合によってはどつきまわして叱る。
きっと、間近にいた小型犬の飼い主も、そこまで厳しく叱らなくても・・・と思ったことだろう。
でも、これは、ヴィヴィアンのため!
私のコマンドに従わなかったことに感情的に腹をたてて叱ったわけではない。
海という安全な場所だったからよかったものの、これが、散歩中にリードのナスカンが吹っ飛んでしまった状況だったら・・・?
安全な場所であっても、相手からこちらにやってきたとしても、飼い主が年寄りで、ヴィヴィアンの体が接触して転んでしまったら・・・?
万が一、相手の飼い主に大けがをさせてしまったら、こちらに非がなくても、ヴィヴィアンがちょっとぶつかっただけであっても、大きなシェパードが急に襲いかかってきたって話にもなりかねない。
そうなれば、当然そんな危険な犬は処分しろなんて話にだってなるかもしれない。
いざという時、私のコマンドに従えるかどうかは、ヴィヴィアンを守るためには、絶対的に必要なことなのだ。
だから、今回の場合も、私は本気でヴィヴィアンを叱った。
ヴィヴィアンに、私のコマンドは、聞いておいた方がいいという簡単なものではなく、絶対的に聞かなければいけないということをわかってほしかった。
そんな私の思いがヴィヴィアンに通じたかどうか?それはわからないが、とりあえず、ヴィヴィアンはシュンッと小さくなっていた。
ヴィヴィアンには、もう少しコマンドに対し、義務感を持たせる練習が必要だ。


今回、ヴィヴィアンを遊びに誘ってきた小型犬。
最近、時々海で見かけたことがある犬で、呼びが利かないのにも関わらず、平気で私たちの方へ向かってくることが今までにも何度かあった。
たぶん、他犬に対してフレンドリーなタイプの子だから、うちの子は大丈夫!と飼い主も思っていたんだろうが・・・
これからは、きっと私とヴィヴィアンを見かけたらすぐにリードをつけることだろう。
ヴィヴィアンが怖いからじゃなくて、飼い主の私を怖がってね!(笑)


スポンサーサイト

夜中の謝罪

ガサガサガサ・・・ダダダダッー・・・バタバタバタ・・・・・・
あまりの騒々しさに、夜中に目覚めた。
そして、布団に入ったまま、
「こぉらー、やかましいっ!静かにしろぉー!」
と怒鳴った。
ガサガサガサ・・・ダダダダッー・・・ドドドドォー・・・・バタバタバタバタ・・・・・
「静かにしろって言ってるのが、わからないのかぁー!いい加減にしなさいよぉ、ヴィヴィアン」

布団の中でイライラしていると、隣の部屋から旦那がやってきた。
旦那:「お前、何いってんの?」
NAO:「何って、バカヴィヴィがうるさくて眠れないんだよぉー」
旦那:「ヴィヴィアン、俺の部屋でおとなしくしてたでぇ」
NAO:「???・・・・」
旦那:「騒いでるの、ヴィヴィじゃなくてモリゾーやで!」
NAO:「モリゾーめ、この野郎!ヴィヴィア~ン、ごめんね~、こっちおいで~」
ドカドカドカドカ・・・(ヴィヴィアンがやってくる足音)
vivi:「ちょっとぉ~、間違えるなんてひどいんじゃな~い?ヴィヴィはおとなしくしてたも~ん!」
ガブガブガブガブ・・・(ヴィヴィアンが私の腕を抗議の甘噛み)
旦那:「そやなぁ~、ヴィヴィ、お利口にしてたもんなぁ~、そおやっ、もっと噛んでやれ!」
ガブガブガブガブ・・・(ヴィヴィの抗議の甘噛みは続く)
NAO:「あはははっ!痛いよ~、ごめん、ごめん、ヴィヴィアン、もう許しておくれ~」
vivi:「そんな簡単に許してあげないわよぉ~だ」
布団の上から、ヴィヴィアンが私の上に乗っかってくる
NAO:「ぐぇ~、ヴィヴィ、痛いよ~、苦しい、息が・・・息が・・・ほんとにもうごめんなさい・・・」
旦那:「よ~し、もうええやろ!ヴィヴィ、行くでぇ~」
私の体の上でお座りして勝ち誇った顔のヴィヴィアンは、私の腹をえぐるように蹴って、ベッドを飛び降りた。
NAO:「グフェーッ!」
痛みで悶絶する私を振り返りもせず、旦那の部屋に戻ろうとするヴィヴィアンに、
NAO:「ヴィヴィ~、ごめんね~、こっちへおいでよぉ~」
立ち止まってチラッとこちらを見たヴィヴィアンだったが、
vivi:「や~よ!ヴィヴィはおとーさんと寝るもん!」
NAO:「・・・・・」

でも、明け方、ふと眼を覚ますと、私の横でスヤスヤ眠っていたヴィヴィアンでした。
ヴィヴィアン、昨夜はごめんね。



新しいお友達

朝っぱらから、いつもの海でヘロヘロになるまで遊んだヴィヴィアン。
帰り道は、アスティーのおうちの前を通ってみた。

アスティーは、ランディのお友達。黒ラブの女の子。
おもしろキャラで、愛嬌たっぷり!
私は、そんなアスティーが大好きで、いつかヴィヴィアンともお友達になってほしいと、思っていた1頭。
飼い主さんにも、ランディが元気な頃からヴィヴィアンのことを話し、今度、ヴィヴィアンともお友達になってね!と話してあったのだが、なかなか会えずにいた。
そのアスティーと1週間前に、中央公園でバッタリ遭遇。
その時は、アスティーを見つけるなりガウりまくりのヴィヴィアン。
普通なら、こんなヴィヴィアンを見れば、飼い主さんの方が引くはずだが、アスティーの飼い主さんも、一緒にいた小学生の娘さんも、引くどころか、「アッ!この子がヴィヴィアン?わぁ~、かわいいね~」と母子でニコニコ。
そして、ガウリまくりのヴィヴィアンに「ほ~ら、アスティー、ヴィヴィアンちゃんだよ~」とアスティーを引きづりながら、たじろぐことなく近づいてきた。(アスティーは嫌がっていた・・・汗)
「い、いいのかなぁ・・」なんだか私の方が、恐縮してしまった。
そして、アスティーとヴィヴィアンを挨拶させてもらうと、ガウってたヴィヴィアンも静かになった。
挨拶中は、ヴィヴィアンも背毛総立ちで緊張しまくりだったけど。
ヴィヴィアンは、アスティーが気に入った様子だったけど、アスティーはかなり迷惑がってた(^^;)
なぜなら、アスティーにとって屈辱的な技をヴィヴィアンが繰り出したから!
その技とは、アスティーの頭にヴィヴィアンが前足をのせたこと。
実はこの技、ランディもアスティーに繰り出しちゃったことがあるんだよね・・・(汗)
ランディの時も、頭に足を乗っけられたまま、身動きひとつせず、ジーーーーーッとランディを睨んでたアスティー。これが、めちゃくちゃ面白かったんだなぁ~。
今回のヴィヴィアンバージョンでも、アスティーは同じリアクションだった。
アスティーにしてみれば、「シェパードってヤツは・・・」って思ったんだろうな(笑)

そして、今日。
アスティーの家の前を通ると、庭にアスティーも飼い主さんも出ていた。
「おはよ~」と言いながら、門扉越しにヴィヴィアンもアスティーに挨拶。
一度会った相手なので、ヴィヴィアンもガウらなかった。
ただ、アスティーは一週間前の屈辱的な技を忘れているはずもなく、またこの子だわ・・・って感じで、嫌そうだったな(笑)
そして、しばらく立ち話をしていると、アスティーのお友達のフラット・c・レトリバーのサスケがやってきた。
ヴィヴィアンも、サスケを見つけて、いつものようにガウってたけど、サスケと飼い主のおっちゃんの雰囲気から、「挨拶させてもらってもいいですか~?」とお願いしてみると、「いいよ~」と言ってくれたので、ヴィヴィアンをサスケに近づけてみた。
ガウッてるわりには、いつもすんなり挨拶を済ませ、仲良くなるヴィヴィアン。
だったら、ガウらなければいいのにねぇ~といつも思う。
仲良くしているサスケとヴィヴィアンを見て、アスティーはやきもち焼いて吠えてたっけ。
ヴィヴィアン、またアスティーに嫌われるんじゃないか?

久しぶりに新しいお友達もできて、海でもたっぷり遊べて、この日は家に着いたら、即爆睡のヴィヴィアンだった。


子供たちと一緒に

すっかり寝過してしまった朝。
ヴィヴィアンのお散歩で歩いていると、ちょうど子供たちが学校へ向かう時間だった。
そういえば、夏の間は暑くて散歩の時間も早かったから、登校時間帯に散歩が重なることはなかった。
今年の初め、まだ寒い頃には、お勉強のつもりで登校する小学生の群れの後ろをついて歩いたりしてみたっけ。
その時は、見事に撃沈!
なにしろ、小学生のリアクションは大きいので、ヴィヴィアンもすっかりウキウキ状態で大興奮。まともに歩くことさえできなかったなぁ~。
そこで、今日は再び、小学生の群れの後ろをついていってみることに・・・。

5~6人位の子供たちの後ろをついて行く。
このぐらいの人数だと、子供たちもヴィヴィアンのことを気にしながらも、恥ずかしいのか話しかけてくることはない。
この状態なら、ヴィヴィアンも落ち着いて歩くことができる。
いい感じで歩き続けていると、交差点を通過するたびに、学校へ向かう子供たちが合流してきて、ドンドン子供の数は増えていく。
大きな交差点で信号に捕まると、あっというまに30人くらいの子供の群れの中心にいる私とヴィヴィアン。
子供達も、この人数になると、あれやこれやと話しかけてきたり、チョッカイをかけてくるようになる。
男の子たちは、
「うわぁ~~~、でっけぇ~~~!」
「ねえねえ、この犬、何犬?」
「この犬、男?女?」
「噛む~?」
などなど、次から次へと話しかけながら、ヴィヴィアンの顔を覗き込んでみたり、ヴィヴィアンの真横をまるで度胸試しのように駆け抜けてみたり・・・
女の子たちは、
「うわ~、おおっきい!」
「かわいい~」
とかいいながら、ヴィヴィアンに触ろうと後ろから手を伸ばしてみたり・・・
そんな中で、私はヴィヴィアンのテンションが上がらないようにプレッシャーをかけながら、予測不能な子供の動向にも細心の注意を払いながら、子供たちに触れ合わせてあげる。
ヴィヴィアンも結構頑張ってたんだけど、取り囲んでいるみんなが自分を見てニコニコしている、みんなが自分をなでてくれる。
それが嬉しくて嬉しくて、とうとう爆発!
「ヴィヴィって~、みんなの人気者~~~!なんだかアイドルみた~い!」とはしゃぎ始めた。
もちろん、すぐさまチェックをいれたので、子供たちに飛びつくようなことはなかったけれど、子供たちと遊びたいのに遊べない状況なので、代わりに私に飛びつきまくり・・・(^^;)
私に飛びついて、立ち上がったヴィヴィアンは当然子供たちよりも大きいわけで、間近でその大きさを体感した子供たちは、いっせいに、
「すご~い、でっけぇ~、うぉ~・・・」などと、口をそろえて言っていた。
子供のリアクションって、大きいからほんと面白い。
いつの間にか、数えきれないほどの人数になった子供たちと一緒にその後も一緒に歩いて行った。

囲まれて注目を集めたときは、嬉しさ爆発しちゃったヴィヴィアンだったけど、すぐに落ち着いて、歩いている間は必要以上にはしゃぐこともなく、お利口に子供たちと歩けた。
今年初めの時は、ほんの数人の子供たちにも、嬉しくなっちゃって遊びたくって、走り出してみたり、引っ張りまくりで、とても子供の真横や真後ろなんか歩けず、少し距離をとっていないと私も制御する自信がないほどだった。
それが、今日は、子供の数も数え切れないほど多かったし、真ん前にも真横にも真後ろにも子供がいる状況の中で、きちんと歩けたのだから、ヴィヴィアン、大変よくできました!(^^)
これは、なかなかいいお勉強になりそうなので、冬の間は、時々登校時間に合わせて、お散歩に行ってみようかな。


お散歩の後は・・・

騙し騙し使い続けたPCですが、とうとう復活しなくなったので、新しいPCを買いました。
デスクトップからノートになったので、キーは打ち辛いし、モニターが近くて眼は疲れるし・・・
慣れるまで大変だわ、こりゃ!

最近のヴィヴィアンのお楽しみ!
それは、お散歩の後、1階でさくらやキーボーたちとまったりすること!

さくらがお散歩へ行って留守してるときは、キーボーが遊んでくれるようになりました。
以前は、しつこくされるのを嫌って、キーボーはヴィヴィアンが近寄るとワンッと怒ってた。
まぁ、キーボーが怒ったところで、ヴィヴィアンは全くひるまないけど・・・
それが、キーボーから遊びに誘ってくるようになったのだから、ヴィヴィアンも少し精神的に大人になったということかな?

さくらが在宅中は、キーボーから遊びに誘ってきたとしても、ヴィヴィアンが嬉しくなって騒ぐと、ガウッと叱られてしまいます。
さくらは、静寂を好むのでね(^^;)
さくらのガウッは、ヴィヴィアンに抜群の効果があります。
ガウッといっても、ヴィヴィアンに飛びかかって指導するわけではありません。
睨みながら、喉の奥でウーッと唸ったり、遠くからのっしのっしと歩いてきてワフッと一声吠えるだけ。
これだけで、ハイパーヴィヴィアンは、銅像のように固まります。
一度テンションが上がったヴィヴィアンを落ち着かせるのに、普段私がこんなにも苦労しているというのに・・・
さくら姐さん、さすがです!
ひと睨みでヴィヴィアンを固まらせるオーラの出し方を、教えてくださいと、さくらにお願いしているのですが、なかなか教えてもらえません。(笑)

1階でみんなと一緒に、ヴィヴィアンがお利口さんでいられたら、母から、もれなくおやつがもらえます。
これが、ヴィヴィアンにとってはお楽しみなんですね~(^^)
ヴィヴィアン、すっかり母に餌付けされてしまってます(汗)
これは、母の楽しみでもあるので、やみくもにオヤツを与えない私ですが、大目に見ています。

夕方のお散歩の後は、ヴィヴィアンのテンションが上がりすぎないように、さくらが見張っていてくれるので、その間に私は夕食の準備が出来るようになりました。
ヴィヴィアンにwaitのコマンドかけて、うっかりヴィヴィアンが動いてもさくらは叱りません。私が動いたことをヴィヴィアンにNO!と注意をすると、さくらも私と一緒にヴィヴィアンを叱ってくれます。
私の注意より、さくらの一声の方がはるかに効果がありますが・・・

母からオヤツはもらえるけれど、キーボーとだってさくらがいれば、思いっきり遊べるわけじゃない。
waitのコマンドもかけられて、何をするわけでもない時間だけれど、みんなで一緒に同じ空間にいられることが、ヴィヴィアンにとっては嬉しいひと時のようです(^^)


FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。