プロフィール

NAO

Author:NAO
ジャーマンシェパード ランディ
 2003/09/13生♂ 享年3歳
ジャーマンシェパード ヴィヴィアン
 2005/12/18生♀

フリーエリア

いつでも里親募集中

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バカ飼い主

あ”------、腹が立つ!!!

ランディと夕方の散歩で歩いていた。
JAの交差点をを通りかかったところ、前から車道をピレニーズが走ってきた。
もちろんノーリード。しかも、ピレニーズの目標はランディであることに間違いない。
時間的にも交通量が多く、既に日も落ちていて薄暗く視界も悪い。
ランディはリードで歩道に留めることができるけど、ピレニーズは車道にいれば車に轢かれるかもしれない。
もしも、犬同士喧嘩にでもなれば、車道も歩道もなくなるかもしれないし・・・
咄嗟に私は、JAの駐車場にランディを連れて入った。
ここなら、少なくとも犬が車に轢かれることはないと思ったから。
幸い、このピレニーズはランディと遊びたかっただけのようだが、ランディにしてみれば、恐怖以外の何ものでもない。
ピレニーズだって、最初は敵意があるわけではなさそうだったが、何が引き金になって喧嘩に発展するかはわからない。
私はランディを後ろへ隠して、ピレニーズとの間に入って牽制し続けた。
そのうち、ようやく走ってきた飼い主の声が聞こえたのか?それとも遊んでもらえないと諦めたのか?また、車道に飛び出して車に轢かれそうになりながら、飼い主がいる家の方へと走っていた。
これだけでも、私としてはかなり不愉快な出来事だったのだが・・・

気を取り直して、ランディとJAの駐車場を出て少し歩くと、さっきのピレニーズと飼い主のオヤジにまた会った。
あろうことか、
「さっきは悪かったなぁ~、うちの犬はおとなしいから大丈夫だよぉ~」
などと言いながら、またこちらに近づいてくる。

実は、このオヤジ、とにかく話好きで、相手の犬がどういう状況であっても、お構いなしに近づいてくる。
その上、話すことは自分の犬の自慢話。
私は以前から、このオヤジが嫌いだった。
だから、会えば必ず道を変えたり、引き返したりして、あからさまに避けてきた。
それでも先日は、ランディと私の行く方へ行く方へとついて来ては、オーイオーイ、うちの犬はおとなしいから・・・と呼びかけてくるので、はっきりと私は「ついてこないで!」と怒鳴った。
それなのに、最後は私の自宅の前までついてきて、私の母を捕まえて30分も立ち話をしていた。
このオヤジ、「さっき、来ないでーって娘さんに怒られちゃったよ」などと母に話している。私の怒鳴り声が聞こえていながら、家の前まで着いてくるとはどういうことだ!
と、このときも理解に苦しんだ。

それなのにだ。
また、ランディと私に近づいてこようとしているのだ。
ランディは、ついさっきのノーリードで走りよられたときの恐怖もあって、ワンワン吼えて興奮状態。
明らかに私たちが避けていることを承知の上で、なお近づいてくる無神経さと、自分の犬が轢かれそうになりながら車道を走り、走行中のドライバーに迷惑をかけ、散歩中の私とランディにも迷惑をかけたのに、大したことではないという軽い態度に、私はブチ切れた。
「犬が、轢かれるところだったんだよ!何やってんのぉー!」と・・・
すると、オヤジは逆切れ!
「うちの犬はおとなしいんだから、大丈夫だ!」と怒鳴る。
はぁ~~~~????
実際、車に轢かれそうになって私は思わず目を覆ったくらいだったし、ランディは怖がっていたし、私はもしも喧嘩になったら・・・と、大型犬同士の喧嘩を仲裁することを想像して恐怖心を抱いた。
例え、離れてしまった原因が故意でなかったにせよ、自分の犬の命を危険にさらし、その上、他人にこれだけ迷惑をかけておいて、何が大丈夫なのか?しかも逆切れとはどういうことだ!
「他人に迷惑をかけるようなことをしておいて、何が大丈夫だ?」
と、私が怒鳴れば、今度は、
「お前ら、いつも糞をとっていかないくせに偉そうなことを言うな」
と言い出した。
これには、私もさらに切れた。
「見たことあんのかー?」と反論すると
「いつも見てるわー」と返してくる。
残念ながら私は100%ウンチはお持ち帰りをしているので、
「それは、オヤジの幻覚じゃぁー。」と言い返してやった。
しかし、いつまでも馬鹿を相手に怒鳴っていても、腹が立つだけなので、
「他人に迷惑をかけておきながら、謝ることもできないような人間が、マナーのことで他人にとやかく言うな!少しは恥ずかしいと思え!」
と最後に怒鳴った。まだ何やらブツブツ言ってきていたが、ランディに馬鹿は無視無視!
といって、帰ってきた。

帰ってくる途中、ほんの僅かな物音にもキョロキョロと不安そうにあたりを見回しながら歩くランディの姿に、ほんとに悲しくなった。
なんで、あんなバカ飼い主のせいで、ランディがここまで怖がらなきゃいけないのか?
ランディにこんな思いまでさせて、逆切れされて、在りもしない言いがかりまでつけられて・・・
ここまでくると、ピレニーズには悪いが、あの時、車に轢かれないようにと気を利かして駐車場に入ってやることもなかったな、あのバカ飼い主の目の前で轢かれちゃえばよかったのに・・・とさえ思ってしまう。
こういう人には、いくら口で言ってもわからないから。

神経質でビビリなランディ。
ほんの2週間くらい前には、マルチーズに後ろから突然襲われ、幸い怪我にはならなかったが、後ろ足を噛まれた。
このマルチーズも、ブラジル人がたくさん住んでるマンションから飛び出てきた犬で、飼い主の姿はなかった。
そして、一週間ほど前には、早朝の散歩で、ノーリードのゴールデンが、ランディと私に向かって唸りながら走ってきた。
私たちとゴールデンたちの距離が30mくらい離れていたこと、私たちがゴールデンの方を向いて立ち止まっていたことで、途中でゴールデンも止まったが、飼い主がいくら呼んでも戻らず、結局、この時も私が「早くリードをつけろー」と怒鳴った。
このゴールデンの飼い主は、シーズーも一緒に連れているのだが、シーズーは常にノーリードで公道を歩かせている。
以前、車道を挟んですれ違った時、車道の真ん中までシーズーが出てきてしまい走行中の車を止めてしまったこともある。
立て続けに、ランディには嫌な出来事を経験させてしまった。
トレーニングを始めてから、少しだけだけど、距離があれば犬を見ても吼えずに座って待つこともできるようになっていたのに・・・
振り出しどころか、マイナスからの再スタートになってしまったかもしれない。


スポンサーサイト

轢かれた

昨日は、運動させる為に、ランディとヴィヴィアンを個別に海へつれていった。
ボールを追いかけ、一杯遊んで大満足のランディ。
そしてヴィヴィアンとは、追いかけっこ。
楽しいはずの海でのひと時のはずだったのに・・・

追いかけっこの最中、夢中になったヴィヴィアンは、私にもう追いつくというのに、スピードを落とすことなく全力疾走!
私は、迫るヴィヴィアンをよけたつもりが、ヴィヴィアンも軌道修正してさらに迫る。
そして・・・
私は、ヴィヴィアンに轢かれて、またまた腰から地面に落ちた。
先日の階段から落ちたところがやっと治ったところだったのに、また同じ場所を打った。
まったく、なんでアンタはそうなのよ・・・
普通、障害物があれば、スピード落とすとかよけるとかするんじゃないの?
これじゃまるで、私をロックオンした追撃ミサイルじゃない?

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。