プロフィール

NAO

Author:NAO
ジャーマンシェパード ランディ
 2003/09/13生♂ 享年3歳
ジャーマンシェパード ヴィヴィアン
 2005/12/18生♀

フリーエリア

いつでも里親募集中

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遊びの中での課題

今日もクララちゃんと海で会った。
車の中でクララちゃんを見つけたので、ランディに「あっ、クララちゃんだ」というと、身を運転席の方へ乗り出して、前をみつめる。
クララちゃんを見つけると、ワンワンワンワンワン・・・
嬉しいのはわかるけど、耳元で吠えるな!(^^;)

浜に行ってクララちゃんと合流。
ノーリードにしてもらうと2匹で嬉しそうに駆け回る。
しかし、ランディはせっかくクララちゃんが誘ってくれるのに、ボールやろう!と私に催促。
でも、今日は散歩前にランディ腹空きすぎて吐いてるので、ボールは持ってこなかった。
それに、ボールは毎日はできないんだよ、ランディ。
お腹が砂でジャリジャリになっちゃうから・・・

今日のランディは、ちょっとクララちゃんに威張ってた。
どうやら、クララちゃんが私に甘えてくるのが、ランディは面白くないらしい。
要するにヤキモチ。
私がクララちゃんのことを気に入っているから、そういう微妙な気持ちがランディには伝わっているのかなと思う。
大丈夫!ヤキモチなんかやかなくても、ランディが一番だよ!(笑)
クララちゃんと浜を歩いていると、ボーダーコリーのカイ君登場。
さっきまでクララちゃんに遊んで~と追いかけられては、しつこいぞっ!とお兄ちゃんぶって威張ってたくせに、ランディよりお兄ちゃんのカイ君に会った途端、今度はランディがカイ君に遊んで~とワンワンワン・・・
お兄ちゃんになってみたり、お子ちゃまみたいに遊びをせがんだり、切り替えの早いやっちゃ!
しかし、カイ君は犬には興味なし。真っ直ぐに人を見つめて、石を投げてくれるのをひたすら伏せして待つ。
そんなカイ君の、石投げて~という熱い視線を遮るかのように、クララちゃんがカイ君の顔を正面から覗き込む。ランディはカイ君の耳元でワンワン・・・
そんなクララ&ランディの挑発を完全無視するカイ君の集中力ってすごいっ!
石を投げてやると、カイ君ダッシュ!ボーダーだけにさすがの瞬発力。早いっ!
石に興味のないランディとクララちゃんもカイ君が走ると一緒に走る。
延々とそれを繰り返す3頭。
そこで、カイ君のお父さんがボールを取り出すと、ランディの目の色が変わる。
お父さんの持っているボールめがけてジャンプするランディ。
すごい、ジャンプ力だな~とランディの運動能力を誉められるが、これは私としてはNGとするランディの動き。
私にならともかく、他の人が持っているボールを無理矢理奪おうとするのはランディの動きが読めない人には危険だから・・・
コマンドかけなくても、ボールを奪わないようにちゃんと教えねば。
ボールを投げてもらうと、やっぱり一番早いのはカイ君。しかし、取った後は途端にボールに興味を失うカイ君がボールを離すと、すかさずランディが拾って、イエ~イ!ボクんのだぁ~!とみんなに見せびらかして歩くランディ。
そのたびに私が口を割ってランディからボールを取り上げる。
2回、ボールを投げてもらっただけで、カイ君のボールをランディはパンクさせてしまった(汗)
結局、ランディ、カイ君のボールを貰って帰ってきました(^^;)
カイ君と別れた後は、クララちゃんと一緒に歩け散歩しながら駐車場向かう。
クララちゃん、並んであるくランディの横顔を見つめながら歩く。
なんだか、その顔がすごくかわいい。

きょうのランディ。お友達と会って楽しい海だったけど、ちょっと今後の課題も見えた。
一つは、前から気になっているボールを見るとテンションがあがりすぎてしまうこと。
そして、もう一つ。
クララちゃんみたいな優しい子には、ランディも優しく遊んであげられるようにすること。
ランディのヤツ、遊ぶといったら、ボールを追っかけて剥きになって走るか、プロレスごっこしかないからなぁ~。
ランディのヤキモチもあったからなんだろうけど、クララちゃんにプロレスごっこを仕掛けたら、クララちゃんビックリして降参してたもんなぁ・・・(汗)
クララちゃんの美しいコートが、ランディのヨダレでジャリジャリになってしまったし(汗汗)
もう少し、ラフじゃない遊びもできるようにならないとね。
でも、こういうのってどうやって教えればいいんだろう?
やっぱ、もっと服従しっかり入れて、コマンドでコントロールするしかないのかな?

r17

スポンサーサイト

クララちゃんと遊ぶ

昨日はいっぱい事件があって、その事件の中でも私が一番気になって心配していたプリンちゃん。
今朝、プリンちゃんの無事を確認するため、海へ行ってみると・・・
いました~~~~!元気なプリンちゃんが!
はぁ~~~~、無事でよかったぁ~~~~~!
これで、今日の夜は私もゆっくり眠れます(^^)

そして、昨日は楽しいこともありました。
以前から夕方の海でお散歩している姿を何度か見ていたけれど、話す機会がなかったゴールデン。
飼い主さんとよくアイコンタクトがとれていて、飼い主さんが訓練入れてるのかな?と思わせるようなペア。
なかなか海では、訓練(ランディの場合お勉強程度だけど)に関心のある飼い主さんとは会えず、このゴールデンと飼い主さんとはいつかお話してみたいと思っていた。
そのゴールデンの飼い主さんと少し前、朝の海部2群であるコーギーチャンズと一緒に居る時に会い、挨拶する機会があった。ゴールデンの名前はクララちゃん。まだ、10ケ月のかわいい女の子。この時はランディもクララちゃんに挨拶させてもらったけど、ちょっと怖がられちゃったみたい。
その後、また海であったが、この時はタイミングが悪かった。
父ちゃんも一緒に海に来ていたせいで、遊んで欲しくてテンション上がりまくってる状態だったランディが、クララちゃんに構う私にヤキモチを焼き、「ボクと遊べっ!」とワンワン吠えまくり。
そして昨日、3度目にしてクララちゃんと遊んでもらうことができました。
クララちゃん、訓練入れてるのかな?と思ったけど、特別訓練所などには通っていないようだった。
でも、アイコンタクトが良く出来ている子で、ゴールデンらしくとてもフレンドリー。
それほど会ったことない私の呼びにも、耳をパタパタさせながら嬉しそうに走ってくる。
そのかわり、フレンドリーすぎてただの通りすがりの人にもついて行ってた(^^;)
この日は、富士山がとってもきれいだったので、ランディとクララちゃんのツーショットを富士山バックに撮ろうと必死になるクララママと私。
クララちゃんは私がカメラを構えてしゃがむと、どうも嬉しくなってしまうらしく、私の胸にニコニコ顔で飛び込んでくる。
すると、なにを思ったのか、ランディもニコニコ顔で走ってきて、私の腹に前足キックをかます!
最初は偶然ランディがクララちゃんと同じ行動をしていると思ったが、何回も同じ事を繰り返すランディ。
ランディのヤツ、意識して私にキックしてきているなっ!
たぶん、クララちゃんが飛びついても私に叱られないから、自分も真似してるんだな。

それにしても、クララちゃんとはまだあんまり遊んだことがないから、ランディもちょっと遠慮してるだけかもしれないけど、10ケ月のクララちゃんと比べると、ランディが大人に見える!(驚)
いつまでもお子ちゃまだと思ってたランディだけど、少しづつ精神的にも大人になってきているんだな。
そういえば、今まではお友達になる犬は、大抵、先輩犬だったのが、最近は年下の犬たちのお友達が増えた。
なんとなく、ランディの成長が嬉しいような、いつまでもお子ちゃまでいいからこのままずっと一緒にいたいのにって寂しいような・・・ちょっと複雑な気分。

r14
ランディに興味津々のクララちゃん!

r15
ランディ兄ちゃん、遊んでくれへん。つまんないから穴掘っちゃうわよっ!

r16
微妙な距離!(笑)

事件簿

今日は朝からいろんなことがあった。

事件簿その1。
朝の海部。いつものメンバー。
今日はランディ、お友達と遊ぶ気分じゃなかったのか、みんながランディを誘ってくれるのに完全無視して、私にボールで遊べ~!と要求。
しかし、ボールを忘れた私(汗)
仕方なく海に落ちてたプラスチックのボールで遊ぶが、いつものボールじゃないっ!と文句たれまくり・・・
ランディと私が親子喧嘩?をしていると、お友達犬の飼い主さんたちがおやつを取り出し始めた。
このメンバーでは、食べ物が絡むとケンカに発展する可能性がある子がいるので、私は以前から心配していた。
ランディにおやつが差し出されないよう、何気なくオヤツタイムの集団からランディを離して遊んでいたら、突然、集団の中でマジ喧嘩が始まった。
パール君とカイ君がガウガウもみ合ってるのを見て、ランディが現場へ急行する。
私のwaitの声に一旦止まって振り返ったが、そのまま行ってしまった。
私もすぐ後を追いかける。
どうやら、ランディは犬同士の喧嘩の声に興奮して参戦しにいったのではなく、仲裁にいったようだった。
いつもジュンジュンとマッコが取っ組み合ってふざけてると、ランディは喧嘩をしてると思うのか仲裁に入る。
今日のランディの様子はいつもの仲裁と全く同じだった。
でも、私にはランディの気持ちがわかっても、まわりの飼い主さんたちはドン引きになること間違いなし。
仲裁のつもりでも、興奮した2頭に攻撃される危険もある。
それに私の制止を無視したことを見逃すことはできない。
仲裁中のランディをとッ捕まえて、叱り飛ばす。
引き離されてもガウガウと興奮の冷めないパール君とカイ君の横で、私に睨まれながら耳を倒しダウンの姿勢でジッと我慢するランディ。
喧嘩の当事者でないのに、何故か一番叱られてるランディを置いて、みんな帰っていきました。
でも、今回の喧嘩、飼い主さん同士が犬たちの性格をきちんと把握しておやつを出さなければ起きなかった事件。いつも会ってるメンバーなんだし、そろそろ飼い主さんたちには気がついて欲しいな・・・

事件簿2
お友達が去った後、気を取り直してランディと浜辺をお散歩。
すると、前方に黒い犬。
伏せして、どうやらランディを遊ぼう!と誘っている様子。
あれ?あの黒い犬、甲斐犬のさくらちゃん?
でも、さくらちゃんは今ヒート中のはず。周りに飼い主らしき人影もないし、ひとりでこんなところにいるわけない・・・と思いながら近づいたら、やっぱりさくらちゃんだった。
さ、さくらちゃん!何で一人でこんなとこにいるの?
会ったのが去勢済みのランディだったからよかったものの、他のオス犬だったら大変なことになるかもしれないのに・・・
海側の浜から階段を上がって堤防側の浜にあがると、遥かかなたにさくらちゃんのお父さんを発見。
お父さ~ん、娘のさくらちゃんヒート中なんだからノーリードにしちゃだめでしょうが~・・・・(汗)
ランディはというと、ヒート中ということには無関心でいつものように仲良くさくらちゃんとじゃれあっていた。

事件簿3
夕方、また海に行こうと車で走っていると、海の手前の神社のとこに、一人で歩いてる犬発見。
むむむっ?あれはランディのお友達、プリンちゃんじゃないのか?
徐行して近づいたら、やっぱりプリンちゃん!
ランディもわかったようで車の中からワンワン吠える。
プリンちゃんもランディの声がわかったらしく、立ち止まって私の車をジーーーッと見ている。
しかし、なんでこんな普通の道路をプリンちゃんが一人で・・・
車に轢かれてはいけないから、車を止めてプリンちゃん捕獲をしようと思ったが、後ろから車が来てしまった。道路は狭いし、駐車できるようなスペースもない。
仕方なく、窓をあけ「プリンちゃ~~ん、おいで~~~」といいながら車をゆっくり走らせた。
途中まで着いてくる様子だったが、すぐにまたプリンちゃんは反対へ歩いていってしまった。
後続の車をやり過ごした後、すぐにプリンちゃんを探しに行ったが、もう姿はなかった。
もしかしたら、海で遊んでて飼い主のおじいちゃんとはぐれてしまったのかと思い、海でランディと一緒におじいちゃんの姿を探したが、おじいちゃんもいなかった。
プリンちゃんのことが心配だったが、私はプリンちゃんの家も知らないし・・・
無事だったかどうか確かめようがない。
また明日も、いつものように海へ行ったら元気なプリンちゃんと会えればいいんだけど・・・







シェパッ子

仕事帰りにホームセンターに買い物に寄った。
併設しているペットショップを何気なく覗いてみると、レジ横のケージの中にシェパッ子が・・・!
生後3ケ月くらいの展覧会系ロン毛のシェパ。ブラックタンで色素も濃くとっても利発そな顔をした可愛い子。18万というプライスカードがケージについていた。
プライスカードの横には、「入手困難!稀少犬!」「大きくなって連れて歩いたらカッコイイよ!」というキャッチコピーのPOP。
正直、私はこの「連れて歩いたらカッコイイ」というキャッチコピーに腹が立った。
確かに連れて歩いてたらカッコイイかもしれない。でも、その前にシェパは心も体もとても繊細な犬。成長すれば飼い主を引き倒すほどのパワーだってある。
問題行動を起こさないよう毎日十分に体を動かし、頭を使わせ、愛情を注ぎ、ストレスをためないような飼い方が必要だ。(もちろん、シェパに限らずどんな犬でもこれは必要!)
なおかつ、運動のかけ方だって関節や股関節に負担をかけないよう注意が必要だし・・・
一般的に見た目怖いイメージを持たれるけど、結構神経質なところがあったり、臆病だったり、飼い主にベッタリと甘えん坊の子も多い。
人の言うことをよく理解し、飼い主に依存心が強いから、飼い主が望めばなんだってこなしてくれるパートナーになってくれる。
でも、カッコイイから・・・とか、珍しくて自慢できる・・・なんて気持ちだけでは絶対に飼えない犬だと思う。いや、飼っちゃいけないと思う。
どんな犬でもそうだが、その犬種特有の性質だったり注意しなければいけない体質があったりするわけで、特に力で制御できなくなる大型犬は、その特性を十分に理解して飼わなければ、飼い主も犬も不幸になるだけだ。
こういった場合、飼い主は勉強不足・選択を間違えたで済むが、犬にとってはとんでもないこと。
ネット上ではシェパードのサイトも増えて、どのサイトでも飼い主さんと愛犬のシェパが楽しく生き生きと暮らしている様子が綴られているが、その楽しい暮らしをするために、どの飼い主さんも夜も眠れないほど悩んだり、体調が少しぐらい悪くたって愛犬の喜ぶ顔見たさに、遊びに連れて行ってあげたり、愛犬が社会の一員として認められるようにと、しつけや訓練・マナーにも努力を重ね、細心の注意を払っている。
そういう大変な部分をこのペットショップのスタッフの方は、きちんと説明できるのだろうか?
それとも、売ってなんぼの商売だから、「シェパードは頭がいいから飼いやすい」なんて安っぽいフレーズで薦めちゃうんだろうか?
こんな人口だって少ない田舎で、ペットショップの展示販売で売れるほどシェパードの需要があるとは思えないし、シェパードという犬種に惚れてある程度迎えるための勉強をしている人なら、ショップで買うなんてことは普通ありえないと思うんだけど・・・
今日出会ったあの可愛いシェパッ子の未来は一体どうなるんだろう。
今はシェパードの事を何にも知らなくても、カッコイイからという理由でもいい。
一緒に暮らしていく中で、この子のために悩んだり勉強したり・・・一生懸命になってくれる人とめぐり合うことができますように・・・



朝の風景

朝の海部。ランディにとってはお友達と過ごす楽しい時間。
今日も、朝日を浴びていっぱい遊んできました(^^)

r7

ランディが海に到着すると、パール君とマリンちゃんが出迎えてくれる。
そして、早速追いかけっこがスタート。

r8

続いて、さくらちゃんとプリンちゃんとも追いかけっこ。
みんなと遊んであげなきゃいけないから、ランディは意外と忙しい(笑)

r9

カイ君も海に到着!さくらちゃんと一緒におはようのご挨拶に・・・

r10

時々みんなの目を盗んで、さくらちゃんと浜辺のデートを楽しむランディ

r11

ランディを呼ぶと、ランディ大好きさくらちゃんがもれなく付いてくる(笑)

r12

NAOにボールで遊んで!とお願いしても、ボールが出てこない。
どうして海にくるのに大事なボールを忘れちゃうのさっ!プンッ(怒)
こうなったらNAOへの嫌がらせに新しく開発した技を出しちゃうぞ!
ランディの必殺技!ベコベコボコボコ嫌な音攻撃!
でも、迷惑がってるのはNAOではなく、お友達のワンコたち。
さくらちゃん、後ろで固まってる・・・汗

r13

必殺ベコベコボコボコ嫌な音攻撃!
夢中で攻撃を繰り返すランディだが、攻撃の相手を間違えてるから、
気がつけば、ひとりぼっち。
あれっ?どうしてみんな逃げてくの?

シェパオフ会

今日は待ちに待ったシェパオフ会!
実はランディ、実際に会って遊んだことがあるシェパは、猫二さんちのテトちゃんだけ。
今日はテト以外がすべて初顔合わせということもあり、海に着くまではいろいろと心配だった。

海に向かう道中、前を走る車の中にシェパらしき大きな耳の犬の影を発見!
後ろを着いていったら、大きな耳の影はテトだった。
海の駐車場で荷物とランディを降ろしていると、後ろから犬の気配。
アリンダさんだ~~~!本当に来てくれたなんて嬉しい!
アリンダさん、写真で見るよりもずっと若い。
とても、ファングと同じ13歳とは思えない。
早速、アリンダさんとランディ挨拶させてもらって、続いて同時に海に到着したテトとも挨拶。テトとは2回目ということもあって、挨拶する時のランディに余裕があった。
でも、海を目前にしたランディは、テトもアリンダさんもそっちのけで、ヤッホーイ!海~♪海~♪とズンズン浜をめざす。
堤防をあがって、広~い浜にシェパ・シェパ・シェパ・・・と想像していたら、ガーーーンッ!少年野球が練習してるじゃないか!しかも、2チーム!
まぁ、海は広いからスペースはあったけど・・・

浜では、すでに到着していた方々にランディと順々に挨拶まわり。
ランディのことだから、もっと背中の毛を立てて緊張しながらの挨拶になるかと思っていたのに、たくさん居すぎてわけがわからなくなったのか?(笑)みんなと上手に挨拶できた。

今回のシェパオフ。もちろんみんな会えるのは楽しみだったけど、中でも私が一番思いいれが強かったのが、ランディを迎える前からファンだったルーシェとアリンダさん。

みんなと挨拶するランディの態度の中で、一番驚いたのはルーシェと挨拶した時だった。
ルーシェに近づくといきなり、上半身ふせてお尻を突き上げ「遊んで!」ポーズ!
お子ちゃま同士というオーラを感じたのだろうか(笑)
2歳を過ぎる前は、よくこういうポーズで遊びに誘うことが多かったが、最近は、何度も会っているお友達犬の中でも特に仲良しの相手か、一緒に暮らすキーボーやさくらにしかしないポーズなのに・・・
ルーシェが優しいお兄ちゃんということがランディにはわかったのかもしれない(^^)
ずっと前から、優しくって凛々しいのにちょっと3枚目?という私の大好きなキャラのルーシェ。そのルーシェとこんな風にランディが挨拶してくれて嬉しかったなぁ。
でも、その後はなぜかビミョーな距離を保ってたけど・・・

いつもしつこい程遊びに誘ってしまうランディのこと、しつこくされるのが苦手というアリンダさんに嫌われるんじゃないか?と思っていたが、今日はたくさんのシェパに囲まれてターゲットを絞れないランディは特定の犬にしつこくすることもなく、アリンダさんにもモテモテ?(^^)
アリンダさんの近くを何気なくボールを咥えて見せびらかして通ると(意地悪だなランディ!)、アリンダさん、ランディの後ろをくっついて歩いていた。
地面が砂ということもあって、足が沈んで歩きにくかったのかアリンダさんちょっと大変そうだったけど・・・
でも、アリンダさん、たくさんのお友達に囲まれて、とっても嬉しそうに見えたなぁ。
私が初めて一緒に暮らしたシェパ・ファングは、高齢になってから我が家の家族になったということもあって、どうしても高齢のシェパには思いいれが強くなってしまう。
特に、アリンダさんの年齢って丁度ファングと私が暮らしていた時と同じだから、余計にそう思うのかもしれない。
アリンダさん、今日、嬉しくて楽しくて、ついつい無理しちゃって後で反動がでなければいいけれど・・・逆に、若い犬たちと会ったことでパワーをもらって、元気になってくれたらいいなぁ。
そして、アリンダさんの他にも高齢の子がいたなぁ。
ネットで交流のある人は犬みればわかったんだけど、どうも顔や名前を覚えるのが苦手な私には、あれだけの人数・頭数のなかで今日初めて会った犬たちのことが混同しちゃってわけがわからん。(^^;)
え~っと、たしか名前はユウちゃん。12歳って言ってたな。しかも我が家ともそれほど遠くないところに住んでるとか・・・(もし、違ってたらごめんなさい)
ユウちゃんにも頑張っていつまでも元気で居て欲しいなぁ~と思う。
近くだし、また会えるといいね。

今日のランディを一言で表わすと、「おとぼけ君」だな。
もともとwaitが苦手ということもあって、集合写真の時は全然ダメダメだったし、
常に周りを伺いながら、どの飼い主さんがボールを投げてくれるか、どの犬がボールを落とすか、いつもキョロキョロしている。
幸い、他の犬が遊んでるボールを強引に横取りしたりということがないから安心だが、ちょっと目を離すとどこからともなく現れて、隙をついてスッと持っていったり、ボールを投げてもらおうと飼い主さんの足元でお利巧に停座しているいずみちゃんやルカちゃんの後方でこっそり立っていて、ボールが飛んでいくと、剥きになって走っていったり・・・
得意げにボール持って帰ってくるけど、そりゃぁアンタ、スタート地点をズルしてるんだから一番にボールに追いついて当たり前でしょ!
そんな風に得意気にする前に、アンタに横取りされても怒らない優しいみんなに感謝しなさい!
その後も、ボールを2つも咥えているのに3つ目も咥えようとして、全部口から出ちゃって一人で焦りまくったり・・・
何故か、ランディって他のシェパと比べて、立ってるだけの姿も、歩いてる姿も、どんな動きでもおとぼけっぽく見えるんだよな(^^;)
まさに、お笑い街道ばく進中!って感じだったな。
みんなに、「仙一~」とか呼ばれてたし・・・(笑)
(仙一の意味は、猫二さんの「石博士テト」のBBS参照)
でも、ランディのこういう雰囲気は、ランディの一番の魅力でもあるのだから、これからも大切にしていってあげたいな。
ただ、マナーというか、もう少しランディのコントロールはきちんと私ができるように、時には厳しくすることも必要だということは、今日強く感じた。
やはり、今日集まったシェパ飼いのみなさんの愛犬に対する接し方は、同じ家庭犬として育てていても、私が日常的に会う他犬種の飼い主さんたちとは全然違ってた。
何と言うか、愛犬に対する責任をきちんとしつけに反映させていると感じた。
それは、愛犬自身に対してもそうだし、一緒に遊んでる犬に対してもそうだし、周りの人に対してもそうだし・・・とにかく細かい気配りをうまくしつけに反映している。
何よりも、愛犬を叱っている姿にも、愛情がたっぷり含まれているということが感じられた。
こんな風に育てられてるから、みんなこんなに良い子ばかりなんだろうな。
今日のオフ会は、レベルの高い飼い主さんたちと出会えて私にとってとてもいい刺激になったように思う。

オフ会に参加したみなさま、貴重な体験と楽しい時間をどうもありがとう!

r6


ボール投げ!スタート地点をズルしてるランディ(汗)

コンビニ

ランディが、散歩中に通りすがりの人に吠え掛かるということで、一時期、それを直すためいろいろと試行錯誤していた。
そういえば、最近、この吠え掛かりがなくなってきたような・・・(嬉)
他人に慣らすために、タバコを買うのを近くのコンビニにして、コンビニの外にある販売機で買っている間、出入りする人や車に乗り降りする人にランディが吠え掛からないようにとお勉強に励んでいた。
ある日、ランディのかわりに、怖がりのキーボーを連れて行ったことがあった。
これが、いけなかった。
何が楽しいのか?コンビニに行くことがキーボーの楽しみになってしまったのだ。
それからというもの、度々、コンビニにキーボーとタバコを買いに行くことが多くなっていた。

今日も、夕方仕事が終わってランディのお散歩へ行こうと、支度をして1階に下りていくと、何故かキーボーがワクワク顔。
私の顔を見て、「ウォ~ウォウォ~~~ン!」と何かを訴える。
訴えている内容は、おそらく「コンビニ、行こうよ~!」
何故、キーボーがコンビニに行きたがっているのか?と母に尋ねると、少し前に隣に住む叔母が、「コンビニ、行きたい?」とキーボーに話しかけたらしい。
キーボーにとっては、コンビニに連れて行ってくれるのは私ということになっている。
でも、私にはランディのお散歩があるのだ。
さすがに、ランディとの2頭引きは、猫と遭遇した時のことを考えると、自信が無い。
キーボーに、今はランディのお散歩に行かなきゃだから待っててね!と頼んでも、すっかり行く気満々のキーボーは、ウォ~ウォ~鳴いて「早く行こうよ~」と訴えてくる。
こうなると、黙ってないのがランディ。
コンビニを催促するキーボーに向かって、ランディがワンワン吠え始める。
たぶん「キーボーがコンビニ行くんじゃないモンッ!ボクがお散歩に連れてってもらうんだモンッ!」
そして、キーボーのウォ~ンとランディのワンワン。交互に鳴いては文句の言い合い。

あーーーーっ、もう、うるさい!わかったから、キーボーもランディも黙んなさいっ!
いいかっ!2人とも・・・
NAOは今からランディのお散歩に行く!だから、ランディも吠えないのっ!
キーボーは、叔母ちゃんに責任とってコンビニに連れて行ってもらいなさいっ!これでいいでしょっ、キーボー!

犬に対して、ホントにこんな説明が通じるとは思わないが、不思議なことに黙る2頭。(笑)
ようやく、静かになった所でランディとお散歩へ出発。
しばらく公園内を歩いて、いつもの歩け散歩コースへ行こうと、公園を出ようとすると、公園でもっと遊ぶ!というランディ。リードを引いても踏ん張って動かない。

そこで、私が「キーボー、コンビニに行くって言ってたけど、行ったかな?」とランディに話しかけると、あたりをキョロキョロして、キーボーを探し始めた。
今度は「ココの公園にはキーボー来ないよ。コンビニだよ!」と話しかけると、首をかしげて聞いていたランディが、急に勢いよく歩き出した。
歩き出した方向は、コンビニのある方向・・・
どうやら、「コンビニ&キーボー」この2つのキーワードから、コンビニに行けばキーボーが居る!と理解したらしい。
ズンズン歩いてコンビニに到着すると、ランディは自分からコンビニの駐車場の中へ進んでいき、自動販売機の前で立ち止まり、あたりをキョロキョロ。
「キーボー、いないねぇ。もう、帰っちゃったのかな?」と話しかけると、ク~ンと寂しそうに鼻鳴き。
なんか、ここまでのランディの反応を見ていると、ホントに私の言ってることを全部理解しているんじゃないか?とさえ思えてくる。

コンビニでキーボーに会えなかった事が諦めきれないランディに、「キーボー、もうお家へ帰ったんだよ。ランディが帰ってくるのを待ってるよ。さぁ、帰ろう!」と言うと、トボトボ歩き始めたランディ。
よ~し、帰ろうかぁ~。と思ったら・・・・
ランディが、何かを見つけジーーーッと見つめている。
ランディの視線の先には、ワンボックスのパトカー。
どうも事故か何かあったらしく、コンビニに駐車して警察官が道路で男の人と話していた。この駐車してあったパトカーのドアが開きっぱなしになっていたのだ。
車が大好きなランディが考えてることはただ一つ。
「乗っちゃおうかな~~~!」
そういえば、以前、葬儀屋のワンボックスの横を通り過ぎようとして、いきなり乗り込んでしまったことがあるランディ。もちろん、すぐ降ろしたけど・・・(汗)
今回は、パトカー。確かに乗り込んだランディは、とっても似合うだろうけどね。(笑)
(できることなら、私だってランディ乗っけて写真の1枚でも撮りたいさ^^;)
でも、やっぱり、それはマズイでしょ~、ランディ君!
だけど、まるでランディを誘っているかのようにドアが開いたままのパトカーから、離れようとしないランディ。
「ねぇランディ、嘱託警察犬になれるくらいお勉強頑張ったら、パトカーにも乗れるかもよ」と話しかけてみると、首をかしげて???な顔をしたと思ったら、スタスタ家に向かって歩き始めた。
どうやら、ランディにはその気はないようです(笑)

r5

ボク、お勉強なんか頑張らないモ~ン!
それにしてもひどい顔!

ランディ、我慢を覚える!

今日の夕方の海では、なかなかランディ君がんばりました。

海に行くと、ボールが結構たくさん落ちていて、それを見つけるのが得意なランディ。
砂に埋もれていても、ニオイをたどって見つけ出す。
そして、見つけてしまったらそのボールを離さない。
家には、ランディコレクションの拾ったボールが増え続けている。

今日も海に着くなり、砂を掘り起こして埋もれていたボールをGET!
今日はボールなしでお勉強をしてみようと思っていたのだが、これで予定は狂ってしまった。
こうなったら、今日の課題はただ一つ。
この拾ったボールを遠くに投げ捨て、そのボールでは遊んではいけない!ということができるかどうかだ!
今まではこれを何回やっても、私を無視するか、私の隙をついてボールを拾いに行ってしまうかで、我慢ができたことがない。
さすがに、捨てたボールが見えるところでは、ランディも我慢はできないだろうから、とりあえず、遠くへボールを投げ捨てる時は、ランディの首輪を持ってwaitのコマンド。でも、やっぱり取りにいこうと暴れた。
暴れるランディの首輪を持ったまま、数歩歩いてボールから離れていき、そこで首輪を離し、改めてwait。
しかし、やっぱり取りに走っていってしまった。
そこで、私が走り去るランディの背中にありったけの大声で、waitじゃぁ~~~と叫ぶと、ランディは止まって振り返った。
すかさず、comeで呼んだら、ボールと私を見比べて考えた末、私の所へキタァァァ~~~~。
えらいぞ~~~~、ランディ。ボール取りに行くのを我慢できたじゃないかぁ!
もちろんたくさん誉めて、「ランディ~えらいぞっ!ランディ~すごいぞぅ!」と自作の怪しい歌?を歌いながら、ランディと一緒に走ったり跳ねたりして遊んであげた。

そして、再びボールを投げ捨てた場所に戻ると、やっぱりボールのことは忘れてなかったランディ。
私の隙をついて、ボールを捜しに行こうとする。
ここでも、私が「ランディ、そっちはいけないっ」って言うと、ちょっと考えてちゃんと戻ってきた。
戻ってくる時も、チェッ!って顔じゃなくて、笑顔というところが可愛いじゃぁないかっ!
そして、またまた「ランディ~、えらいぞっ!ランディ~、すごいぞっ!」と怪しい歌で盛り上がる私とランディなのでした。

r4

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。