プロフィール

NAO

Author:NAO
ジャーマンシェパード ランディ
 2003/09/13生♂ 享年3歳
ジャーマンシェパード ヴィヴィアン
 2005/12/18生♀

フリーエリア

いつでも里親募集中

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

家族で海

ボク、ランディ!今日の日記はボクが書きます。

ココア&ボボとプチオフした海へ、また連れて行ってもらった。
今回は父ちゃんも一緒!父ちゃんに遊んでもらうのは何ヶ月ぶりかな?
あんまり嬉しくて車の中でピーピー鳴いてたら、NAOに
「やかましぃー!」って怒られた(^^;)
でも、怒るNAOの顔はニコニコで、ボクが嬉しいとNAOも嬉しいってことをボクは知っている。

浜には凧揚げ家族とかパラグライダーやってる人とかお散歩犬たち・・・
たくさんの人や犬が居たけど、すぐにノーリードにしてもらった。
まずは、遠くに見えていた大きな風車のところまで3人で歩いた。
ボクと父ちゃんがスタスタ歩いていくと、「待って~」とNAOが呼ぶ。
もう、NAOのヤツ、歩くのが遅いんだから・・・
でも可哀想だから、ボクは時々NAOのそばに戻ってあげた。
どうしてNAOが可哀想かっていうと、ボクのお水が5リットルも入った重~いリュックをNAOが背負ってるから・・・
父ちゃんが一緒なんだから、父ちゃんに持ってもらえばいいのに・・・
いつもボクを遊びに連れて行ってくれるときは、NAOが重いもの持って父ちゃんは手ぶら。遊びに行く時はNAOってやけに男らしくなるよな~。へんな夫婦。

途中、お散歩犬とすれ違って、ボクはつい遊びたくなっちゃって走って行ったら、NAOに「ダメーッ!カムッ!」って呼び戻された。
チェッ、お友達を増やすチャンスだったのに・・・
でもすぐに戻ったから、オヤツもらって一杯誉められて、ボールも投げてもらったからまぁ、いいかっ!父ちゃんにも「ランディ、あの距離でよく戻ってきたな~、偉いぞぉ!」って誉められたし・・・エッヘン、ボクってすごい!

風車まで行って記念撮影?して、また駐車場の近くまで戻ってきたら、NAOがリュックからゴソゴソ出し始めた。
待ってましたぁ~~~~!ボールだぁ~~~!しかも、2つ~~~~!
さぁ、投げて投げて~~~~!ヤッホ~イ!
やっぱ、海ではこうでなくっちゃ~~~!

ボクがボールに夢中になってると、遠くからノーリードのゴールデンが3頭も走ってきた。最初はお友達になろうとボクも挨拶頑張ったけど、なんだか3頭で一度に迫ってくるし、やめてよ!って言っても、男の子はボクにマウントしようとするし・・・
なんだかボクはどうしていいかわからなくなっちゃって、父ちゃんの所へ助けを求めに行ったのに、父ちゃん全然助けてくれない(泣)
ゴールデンの飼い主さんも遠くから「ダメだよー」って言ってるだけで、全然リードにつなごうとしてくれないし・・・
そしたら、NAOがボクに群がっていたゴールデン2頭の首輪を持って、ボクから離してくれた。
やっぱ、NAOって男らしいぜ~!母ちゃんにしとくにはもったいないね。
やっと追いついた飼い主さんが、NAOの捕獲したゴールデン2頭にリードをつけてくれて、ボクもやっと安心。
ノーリードのままだった1頭のゴールデンが、しつこくボクに挨拶しにきたけど、こいつら礼儀知らずだし、ボク、お友達になってあげないっ!プンッ!
ゴールデンたちを無視して父ちゃんとボール投げで遊んでたら、アイツらは遠くへ行っちゃったけど、何か拾って食べたり、また別の犬に群がっていったりで、飼い主さん怒鳴ってたし、でもアイツら全然言うこと聞いてなかったなぁ・・・

最後にゴールデンのヤツラのおかげで怖い思いもしたけど、やっぱ海は楽しいなぁ~。
また、NAOに連れてきてもらおうっと!

r1

スポンサーサイト

海でプチオフ

今日、ランディとココアっちは、約1年ぶりの再会!
ランディがココアっちの事をおぼえているか不安だったが、るんばさんとココアっちが遠くに見えて、「ランディ、ココア兄ちゃんが来たよ!」と言うと、ランディはシッポをブンブン振り始めた。
一応リードをつけて挨拶させると、私の心配はどこへやら。
すぐに打ち解けて遊ぼうぜ!とココアっちを誘うランディ。
どうやら、ちゃんと覚えていたらしい。

しばらくして、ミニチュアダックスのボボたんも合流。
前日、お店にたまたまやってきたボボパパとボボママを私が誘ったのだが、本当に来てくれるとは思ってなかったから嬉しかった。(^^;)
ボボとはランディもココアっちも初対面。
大きな2頭にビビるボボ。
でも、様子を見ていると怯えると言う感じはなく、怖がってるわりには余裕があるので、3頭ともノーリードに・・・
すると、早速ボボはランディの洗礼を受け追いかけまわされる。(笑)
ボボは、ココアっちよりも動きが激しいランディの方が怖い様子。でもランディに追い掛け回されて追い詰められても攻撃にでることはない。
ボボ、とってもいい性格の子だ。

さぁ、早速遊ぶぞーと思ったが、お散歩ダックスが1匹、また1匹とやってきて、最終的にはダックス軍団と呼べるほどの大集団に拡大。
最初は、でかい犬2頭がノーリードでは怖がられるだろうと、気を遣ってリードをつけたりしたが、ダックス軍団はボボと挨拶したりして、一向に通り過ぎる気配もないし、せっかく遊びに来たのに気を遣ってばかりじゃもったいないということで、呼びが効くランディはノーリード。呼びにちょっと不安があるココアっちはロングリードをつけて遊び始めた。
数匹のダックスがランディとココアっちに向かって吠えてきたが、ランディもココアっちもチラ見はするものの完全無視!
2頭とも賢いぞ!その間、ボボはダックス軍団たちの中に入っていってお友達作りに励んでいた。(^^)

今日は、私もるんばさんもそれぞれの課題を持って海に来た。
ランディにはココアやボボ、お友達と一緒に遊んでいる時でも私のコマンドに反応できるようにという課題。
結果は、呼び戻しの反応はほぼ完璧に近い反応で花丸だが、相変わらずwaitはできない。(泣)
waitは、もう一度基礎の基礎に戻ってのやり直しが必要だな(^^;)
まだまだ課題はたくさんあるが、今日のランディを見ていて、ホントに成長しているなと感じることもたくさんあった。

るんばさんは、呼び戻しに対するココアっちの反応をよくしたいというのが課題。
ランディのような単純で物品欲があり、物品を人と一緒に遊ぶ道具として認識しているタイプは、呼び戻しは比較的楽だと思う。
こちらの思ったとおりにノッてくるから、心も読みやすいし次の行動も察しがつく。
しかし、ココアっちのようなタイプは、ランディのようにすぐこちらの誘いに乗ってこないし、投げたモノを取って来ても人と一緒に遊ぶというより、自分の物にして一人遊びを始めたり、興味をなくしてマッタリしはじめてしまう。
ココアっちのこういう所はさくらと似ていると思った。

試しに、私がココアっち、るんばさんがランディ。この組み合わせで人と犬マンツーマンで遊んだりしてみた。いつもテンションが高くノリノリのランディに慣れている私には、ココアっちの心が読みきれない。
こうして比べると、ランディって実に単純で扱いやすい犬だなぁ~と思う。
るんばさんの了解を得て、オヤツを使って呼びの練習をしてみると少しだけ「おいで」のコマンドに反応するようになったココアっち。偉いぞ!!!(^^)
普段、自分が接していない犬との遊び、なかなかいい経験をさせてもらうことができた。

今日が初対面で、ランディが近づくとダッシュで逃げるボボとも、一緒に居るうちにお友達としての仲間意識がランディには生まれたようだ。
途中、駐車場に戻っていなくなったママを探して、ボボが駐車場の方へ向かっていくと、ランディは心配そうに見つめてついていった。
離れすぎたので私が呼び戻したが、戻ってくる途中もボボの方を振り向いきながら気にしていた。
私の傍らでも遠くに行ってしまったボボを「もう、帰っちゃうのかな~?」と寂しそうに見つめていた。
しばらくして、ボボがパパママといっしょに戻ってくると、ランディもココアっちもボボの元へ行って「おうっ!やっと戻ってきたか!帰っちゃったと思ったぞ!」とでもいうように、ボボに群がる(笑)
ランディとココアに一度に迫られ、ボボは迷惑そうだったけど・・・(^^;)

今日は昼から夕方まで4時間海にいた。
後半は、ココアもボボも少々お疲れマッタリモード。
伏せたり、寝転がっておなかを撫でてもらったりしている中で、ワンワン吠えてまだまだ走る気満々のランディ。
ランディさん、アンタの体力って一体どうなってんの?
ボボも最初は、ランディはもちろんココアっちにも距離をおいて吠えまくりだったけど、終盤は慣れたせいか、ココアっちとの距離はだいぶ縮まっていた。
ランディとは、最後まで微妙な距離を保っていたけどね・・・(^^;)
でも、ボボも若いだけあって、最初から最後まで吠えては走っていたけれど、ちっちゃい体でなかなかのパワーの持ち主だった。(^^)

今日は、少しランディには運動量が物足りなかったかもしれないが、楽しい1日だった。
るんばさん&ココア、ボボパパ・ボボママ&ボボ。
素敵な時間をありがとう!またみんなで遊ぼうね。(^^)

ランディ&ココア&ボボ画像をもっと見るときは、ココをクリック!
大浜

ランディ、狂う!

夜のお散歩を済ませたランディ。
何がそんなに楽しいのか?久々に狂った!
「ア"ゥ~~~ガゥ~~~」「アゥッアゥッ・・・」
奇声を発しながら、その場でクルクルまわって、バタンッと伏せ!
それを何度も一人で繰り返したかと思ったら、ベッドの上で布団を掘り始めてみたり、部屋中を全速力で滑りながら走り回り、スピードを抑えられずソファの背もたれ部分を走る始末。
こうなるともう誰も止められない!
ジュンジュンもマッコも、爆走するランディに轢かれないようにテーブルの下やソファの影に避難。
私も、走り回るランディのシッポでビンタされるので部屋の隅に避難。
一人狂って喉が渇いたのか、ランディは水を飲みに行く。
すると、ソファの影に隠れていたジュンジュンが、ランディの後ろ姿に向かってお尻をフリフリ。
ビチャンビチャンと水をこぼしながら音をたてて水を飲んでるランディの隙をついて、ジュンジュンがスタートダッシュ!
ソファの影からファンヒーターの影に素早く移動する。
ジュンジュンの気配に気がついたランディ、ボタボタ水をたらしながらジュンジュンに突進!
ジュンジュンの隠れているファンヒーターの影に頭を突っ込み、シッポをブンブン振りまくり。
でもジュンジュンに相手にされず、ランディがまた水を飲みに行くと・・・
ジュンジュンまたまたお尻をフリフリ。そして、ダッーシュッ!
今度は水飲み中のランディの横をすり抜けて、納戸部屋のタンスの陰まで素早く移動。
気配に気づいたランディは、ジュンジュンの後を追って納戸部屋に消えていった。
納戸部屋から、ランディの奇声と2匹のふざけあう音が聞こえていた。
すると今度は、追いかけていたはずのランディが、ジュンジュンに追いかけられて走ってきた。
そして、またまたソファの影に隠れてランディを見つめながら「ン~~~ニャァ~~」と間抜けな声で鳴くジュンジュンに興奮したランディは、一人でクルクルまわってはバタンと伏せ・・・
なんだかよくわからないけど、楽しそうな2匹に大爆笑のNAOでした。
マッコは相変わらず、冷めた目でランディを見つめてたけど・・(笑)

ランディ狂う

海、解禁!

旦那がインフルエンザになって、PC部屋に即刻隔離!
私は、どうしてもインフルエンザにかかるわけにはいかない!
両親も血圧高いし、私がうつったらあっという間に家族中どころか、隣に住む叔母の家にも被害拡大は必至!
そうなったら、婆ちゃんの命に関わるかもしれないし・・・
というわけで、このところPCなしの生活をしていたけれど、インフルエンザの被害者は旦那一人で済み、その旦那もすっかり治って仕事に復帰しました。

インフルエンザウイルスに恐れおののいていたこの10日間の間に、なんとあれだけ心配していたランディの腫瘍がみるみる小さくなっていき、今ではほとんど膨らみはなく、すでに健康な皮膚が周りから再生され始めている!
腫瘍を見つけたときには、その成長の早さに「まさか・・・」と悪いことも考え、昼も夜も心配し続けていたのに、治り始めたら早い早い!
随分迷ったけれど、自分の勘を信じて切除手術に踏み切らなくてよかった。

腫瘍が大きかった間、海での爆裂走りはもちろん、公園などでもはしゃいだりしないようにして、ただただ歩け歩け散歩だけを続けてきた。
ランディも、海いきたい!と、散歩途中に頑固に立ち止まって動かないこともあった。
でも辛抱辛抱・・・と言い聞かせては、しょぼくれるランディと家に帰った。

ランディも回復してきたし、今まで随分辛抱させたから、今日は海へ連れて行った。
喜びまくるランディ。
走ったり、跳ねたり、体全部で「うれし~~~~」と言ってるみたいだ。
でも、さすがにまだ、ボール投げは出血の可能性があるので禁止。
いつもは海へ行くと決まった場所にお水を用意して陣取って遊ぶのだが、このスタイルだとランディはボール投げをやる気になってしまう。そこで今日は、浜をひたすら歩いて進んでいった。
往復で6kmくらいは歩いたかな。
途中、大きな流木を見つけて「ジャンプッ!」といってみると、教えてもいないのに飛び越えてご満悦のランディ。
他の犬が遊んでいる所を通り過ぎるときは、「ランディ~、カ~ムッ」と呼べばすぐ戻ってくるし、「ヒール」といって脚側につけて他の犬の邪魔をしないように通り過ぎる。
なんか、このところ全然お勉強してなかったのに、賢いやん。ランディ!
そういえば最近は、コマンド以外の言葉でもよく理解しているなぁ~と思うことが増えた。「そっちは危ないよ~」と言えば戻ってくるし、「ちょっと待って」と言えば立ち止まる。海でノーリードでもウンチが出た後、「キレイにしていこうね」と言えば、私の傍で片付けが終わるまで待って、「よしっ!キレイになったよ。」というとサーッと走っていく。
こちらが意図的に教えたコマンド以外の言葉で、こちらの気持ちが伝わるのってなんだかすごく幸せな気持ちになる。
そのせいかなぁ?
このところ、ランディのことが可愛くて可愛くて仕方がない。
今度の休みは、ランディとふたりでお弁当もってどこかにデートしにいこうかな・・・

カ~ム


辛抱辛抱

ランディの腫瘍。大きくなったせいか結構出血しやすくなった。
血が出るとやはり気になるらしく舐めることも多い。
体重をのせてちゃんと歩けているから痛みがでて気にしているというよりは、血のニオイが気になるようだ。

昨日、腫瘍のできた同じ足の一番内側の爪の付け根にも、今後大きくなりそうな感じの皮膚になっているのを発見。
まだ、こちらは3ミリ程度の盛り上がりも殆どない状態で、毛を掻き分けてよーくみても見過ごしてしまいそうな小さなもの。
このまま大きくならないかもしれないし、今の腫瘍のように大きくなるかもしれないし・・・それはわからない。
腫瘍を取る場合、そう何度も手術できるわけではないから、やるなら同時にしないと。
幸いといっていいかどうか?今回のランディの腫瘍は、様子見ても大丈夫なような気がする。飼い主の勘とでもいうのか。
というわけで、現在の大きい腫瘍も出血はあるものの、しばらく様子をみることにした。

それにしても、ランディの遊びに連れてって~オーラには参る!
ボール遊びもここのところずっとしてないし、ストレス溜まるよな~・・・
普通の歩き散歩で初めてのコースに行ってみたり、出来る限り長い距離・長い時間を心がけてはいるけど、やっぱり気分転換にはなっても、遊びや運動というのとは違うだろうから。
お散歩でも、引きが強くなると出血するから、叱ることも増えちゃったし。
もう少し腫瘍の場所が、走ったりしても影響がない所だったらよかったのに・・・ってそんなこと言ってても仕方ない。
早くスッキリ治って、ウキウキワクワクのランディの満足した笑顔がみたいなぁ。
それにしても、ランディと思い通りに遊べないのが私にとってもこんなに辛いとは・・・
でも、一番辛いのはランディだもんね。頑張って辛抱しようね。

皮膚組織球腫

一度病院で診てもらって、心配はいらないようだ!と思ったランディのおでき。
でもやっぱり、病理検査をしてはっきりと良性の腫瘍とわかったわけではなく、どうしても気になってしまう。
でも全身麻酔は今の段階ではできることなら避けたい。
バイオプシーなどで、切除したほうがいいものなのかある程度判断はできないものだろうか?
処方された抗生剤も効果があったように思えないし、むしろ小さくなるどころか大きくなってきていることを考えると、細菌などが原因ではないようだ。
前回の通院の時、腫瘍の状態からどんな腫瘍の可能性があるのか等、もっと突っ込んだ質問をしながら、先生からの話を引き出せるように私が予習をしておけばよかった。(反省)

現在のランディの状態は、相変わらず元気で、痛がったり必要以上に患部を気にして舐めることもない。もちろん歩様に何の異常もみられない。
ただ、最初「おでき」と表現していた頃よりも2倍くらい大きくなり、おできというよりは明らかに腫瘍といった表現が合う感じだ。
腫瘍の大きさは、直径2cmくらいだろうか。
丸く球状に膨らんでいて、正常な皮膚との境界はハッキリしている。ちょうど木苺のような感じ。
たまに激しく動いたりした時に、出血を繰り返すためか一部潰瘍ぽくなっている部分がある。
出血した場合は、消毒液を含ませたガーゼで止血すればすぐに止まる。

前回の反省をふまえ、次に病院へ行った時はきちんと先生と会話ができるよう自分なりにいろいろと調べてみる。
あった!ランディの今の状態とここまでの経過がピッタリ一致する病名が・・・
それは、「皮膚組織球腫」
腫瘍というと、悪性でも良性でも高齢での発症が一般的に多いが、この皮膚組織球腫という腫瘍は、比較的1歳~4歳の若い年齢で発症することが多いようだ。
特徴としては、通常単発性で耳や顔面など頭部に発症することが多いが四肢にも発症することがあり、患部は脱毛して球状に硬く盛り上がる。腫瘍の成長は早く痛みは伴わない。
もっとも特徴的なのが、ほぼ3ケ月以内に自然に腫瘍は消失し再発もはとんどないということ。
大半が良性であり、生活に支障がある部位に発症したり、気にして舐め壊してしまうことがなければ放置しても問題はないらしい。
ただ、腫瘍の大きさに変化がない場合や、肥満細胞腫やリンパ肉腫などとの鑑別と言う意味では、切除して病理検査をするのが望ましいとあった。
症例画像も見てみたが、ランディのそれと酷似していた。
たぶん、ランディの腫瘍もこの皮膚組織球腫というものなのだろう。

そこで、悩むのが切除するかどうかということ。
自然に消失してしまうものなら、敢えてリスクもある全身麻酔をかけての切除は避けたい。当然、普通の手術のようにメスを入れた部位の傷がふさがって1週間くらいで完治!というわけにはいかず、切除した部位の皮膚が再生するのを待たなければならないだろうから、今まで通り激しく動いて遊べるようになるまでは痛みも伴うだろうし、時間もかかりそう。
ただ、普通に生活している分には特に邪魔にならない腫瘍でも、激しく動いたりすると、出血を繰り返すし、自然消失しなかった場合、結局切除ということになるなら切除範囲を最小限に抑える為にも手術は早い方がいい。
先代ファングと暮らした2年半の間も随分と悩まされたものだが、やっぱり治療方法を選択するというのは、どんな場合でも難しい。
とりあえず、皮膚組織球腫の場合、他の腫瘍と異なりバイオプシーでの判断がつきやすいらしいから、まずはバイオプシーという方向で病院に相談してみようと思う。





FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。