プロフィール

NAO

Author:NAO
ジャーマンシェパード ランディ
 2003/09/13生♂ 享年3歳
ジャーマンシェパード ヴィヴィアン
 2005/12/18生♀

フリーエリア

いつでも里親募集中

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

家族として・・・

朝、母が体調が悪いということで、今日は私がシッポーズ7匹のお世話をすることに!

まずは、ランディのお散歩。
中央公園につくと、お友達の黒ラブ・アスティーが遊んでいた。
ランディ、アスティーを見つけた途端、遊びモードにスイッチON。
アスティーの咥えてるボールが欲しいランディは、アスティーの頭に前足でかかと落としを炸裂。
ランディの前足をオデコに乗っけたまま、アスティーは横目でランディを睨んで固まってる!
さすが、ランディとアスティー。相方だけのことはある。
ツッコミもボケも、そのリアクションは最高に可愛くて笑える(^^)
せっかく、アスティーと会えて楽しい時間を過ごせるはずだったけど、今日はまだお散歩待機組が4匹いる。
もっと遊ぶ!とぐずるランディを、何とか歩かせて、アスティーとバイバイさせた。
公園を1周して家に帰ろうとするが、ランディはアスティーのことが忘れられないようで、アスティーが居たところへ戻ろうとする。
そんなランディに、
「今日はね、母さんが具合悪いから、早く帰ってみんなもお散歩行ってあげなきゃいけないんだよ!ランディ、わかってくれるか?」
と、言い聞かせると、ジーッと私の目を見つめて首をかしげながら言葉を聴いていたランディが、公園の出口に向かって自分から歩き出した。
出口付近にはお散歩中の犬がいたけど、ランディは少し気にしたものの、そのまま出口を出て家に向かっていく。
ランディに「ありがとうね!いい子や」と声をかけると、満面の笑顔で私を見上げた。
まるで、言葉がわかってるみたい。ランディは優しい子だね(^^)

そして、キーボー&ゴンのお散歩。
ゴンはマイペースで平和主義、だからお散歩は楽。ただ、脚側で歩くことを教えてもらってないため、前後左右好き勝手に引っ張って歩く。
キーボーは極度のビビリ。ゴンと同じく脚側で歩くことが出来ない。
当然、この2匹を一緒に連れて歩くと、リードを持つ左右の腕が広がったり、体にリードが巻きついたり・・・
キーボーもゴンも20Kgくらいの中型犬だし引きもそこそこ強いので、普通なら大変なお散歩になるはずだが、爆裂ランディに鍛えられた私にとっては全く苦にならない。
引っ張られても、足や腰で踏ん張る必要はなく腕力だけで自由にコントロールできる。
ランディのおかげで、知らず知らずのうちに私も逞しくなったものだと自分で感心する。
キーボーとゴンのお散歩で、一番心配していたのは、子供嫌いのキーボーが子供を見てパニックを起こさないかということ。
時間はまさに小学校の登校時間。歩いてる場所は通学路。
いつ小学生の群れがやってきてもおかしくはない。
でも、キーボーはパニックを起こすどころか、小学生の群れがやってきても余裕の様子。
信号待ちしているときも、小学生の大群を前にして、道路に座って首を掻いておりました。そして、私達の横に一人の小学生が信号待ちで立ち止まると、キーボーは小学生の真横に座り顔を見上げ、その小学生と見つめあっていた。
母と散歩中は、子供の姿を見つけると慌てて逃げ出そうとするキーボーがである。
一緒に歩く人間が変わるだけで、犬ってこんなに変わるものなのかな?

そして、今度は吹雪のお散歩。
吹雪は警戒心が強くて、車が怖い。
できるだけ車の通らない道を選んで、近くの公園へ。
すると、急に私の靴を噛んだり、膝に飛びついてくる吹雪。
遊んで欲しいのか?と、腰をおとして地面をタタンッと踏み鳴らして挑発してやると、勢いよく走り出し、公園内をグルグル全速力で走り回る。
疲れた私が立ち止まると、また膝にとびついて催促。
どうやら、母との散歩では走れないけど、私とならいっぱい走れるということがわかっているらしい。
ノーリードに出来ない吹雪は、普段はなかなか走る機会がない。
今日は、垣根ごしに私が隠れてかくれんぼをしたり、芝生の上を追いかけっこしたりで、目一杯遊んであげた。
ランディなみにノリがいい吹雪と遊ぶのは、疲れるけれどとっても楽しい!

そして最後にさくら姐さんのお散歩。
私が一人でさくらを散歩に連れ出そうとしても、いつもなら玄関先で座り込み意地でも動かないさくら姐さん。
それなのに、今日は何故かリードを咥え私を引っ張って行く気満々。
いつもはチンタラ歩くため、距離は伸びず時間だけが過ぎていくという非常に疲れるお散歩なのに、今日はどうしたことか?息を弾ませながらスタスタ歩く。
いつでもお散歩コースは自分で決めるさくら。どんなに人間の都合があっても、自分の意思を曲げることはない頑固者。
その頑固姐さんが、今日は私の決めたコースを素直に歩く。
途中で座り込むこともないし・・・
家族の様子をいつも一番気にかけているさくらのことだから、母が具合が悪くお散歩に一緒に行けないということをわかっているのかもしれない。

いつもは一癖もニ癖もある我が家のシッポーズ。
でも、こういう普段と違う事情がひとたび起これば、みんなそれなりに頑張って?なぜかおりこうさんになる。
犬達なりに、家族として協力しているつもりなのかもしれない。
まったく、どいつもこいつも、かわいいヤツらだ!


スポンサーサイト

殺人犯のマンション

全国ニュースでも報道されていましたが・・・
夫が妻を殺害、バラバラにして遺体を海や山に遺棄したという事件。
逮捕された夫が住んでるマンションは、なんとランディが頻繁に通るお散歩コースにありました!

いつものようにそのお散歩コースを歩いていたら、やけに交通量が多い!
しかも、マンションの駐車場や周りの道路にはたくさんの人が立ち話中。
野次馬の中にはお散歩がてら見に来ているのか、犬を連れている人も多い。
ランディを連れて進もうとするが、直進しても犬連れ。左折しても犬連れ。右折しても犬連れ。仕方なく元来た道を戻ろうとしたら、後ろにも犬連れ!
しまった、囲まれた!(泣)

今、ランディはようやく知らない人に対する吠え掛かりが良くなってきていて、ついでに犬とすれ違っても吠え掛からないように特訓中なのであります。
ちなみに、ネコを見つけたら大暴れでお話になりませんけど・・・
人に対してはかなりよくなったし、犬に対しても相手の犬が吠えなければ、ランディも我慢できる回数が増えている状態。
今までは犬を見つければ見境なく吠えまくり、「どうしていれば誉められるか」ということを教える状況になかった。やっと最近ランディが我慢するようになったおかげで、誉めてやれる状況ができて、正解を教えてやれるようになった。そして、その積み重ねでランディの理解を深めようとしている大切な局面だというのに、むやみにこちらから犬に近づいて、ランディを怒らなければいけない状況にはしたくない。
でも、どっちを見ても、犬・犬・犬・・・

立ち往生の私とランディ。
でも、いつまでもここに立っているわけにも行かず、犬連れ包囲網を観察。
左折方向には、チワワ連れの女性。間違いなく吠えてきそうだからパス!
右折方向には、ダックス2頭連れのおばさん。こちらも吠えてきそうだからパス!
直進方向は、落ち着いた感じでゆったりした雰囲気の日本犬。大丈夫そうかも!
後方には、落ち着きなく飼い主を引っ張り左右にジグザグ歩いてる柴犬。パスだな!
よし、直進してランディが吠えないように頑張ろう!
ゆっくりランディと歩き出すと、「あっ、警察犬がキターッ!」と叫ぶ子供の声。
もしかして・・・もしかして・・・警察犬って・・・ランディのこと?
ゆっくり見回すと、道端や駐車場に集まっていた野次馬たちが、みーーんなこっちを見てる!
確かに外見はシェパードだし、警察犬と同じだけれども・・・(汗)
ランディ連れてると、普段から子供なんかには警察犬って言われることは多いけれども・・・(汗汗)
殺人事件の犯人の住んでたマンションという現場で間違われると、なんだか妙にリアルで・・・(汗汗汗)
前方を歩くお散歩犬と適当に距離をとりながらも、足早にその場を去りました(^^;)

ランディはというと、私の思ったとおり、左のチワワと右のダックスにはちょっと興奮して、左へ右へと引っ張ったけど、軽く合図を送るとちゃんと脚側に戻り、前方の落ち着いた日本犬を見つけても、前へと引っ張ることはなかった。
後ろの柴犬には気付いてなかったし。

こうして犬連れ包囲網を上手に突破したランディは、いっぱい誉めてもらってご機嫌で家に帰ったのでありました。
それにしても、毎日のようにランディと歩いていた所で、こんな事件が起きていたとはねぇ。

男と男の約束

ランディ:「父ちゃん、とうとうマジック3だね!」

父ちゃん:「そやでっ、今年は阪神優勝やでっ!」

ランディ:「優勝するとどうなるの?楽しいの?」

父ちゃん:「そりゃぁ、楽しいがなぁ~!」

ランディ:「えぇ~~~、そんなに楽しいの~~~?ボール投げより楽しい?」

父ちゃん:「ランディ、ええかぁ~。ボールはぁ、投げても1個しか飛んでいかへんやろ!でもなぁ、阪神が優勝したらぁ、部屋中にジェット風船がぎょーさん、飛び交うねんでぇ~!マッコもジュンジュンも大喜びやでぇ~!ランディも楽しみやろ~!」

ランディ:「うんっ、ボクも楽しみっ!そんなにいっぱい飛んでたらどれを追いかけたらいいか迷っちゃうねぇ~!NAOもきっと大喜びだね!」

父ちゃん:「・・・」

ランディ:「あれっ!どうしたの?父ちゃん?」

父ちゃん:「ジェット風船飛ばしても、NAOは喜ばへんねん・・・っちゅーか、怒んねん!せやからランディ、優勝するその瞬間まで、NAOには内緒やで~」

ランディ:「うん、父ちゃん、わかった!男と男の約束だね!」

はまなか


あんたたちの企み、NAOはすべてお見通しよ!
もちろん、ジェット風船の隠し場所もね・・・
優勝して、最高潮に盛り上がった時、隠したはずの場所にジェット風船がなかったら、どうするのかしら?(ニヤリ)

仲良し

毎日、毎日、ジュンジュン&マッコが「ウンニャ~」と鳴いては、ランディに擦り寄っていく。

散歩から帰ったランディのつま先に顔をスリスリ・・・
寝そべるランディの鼻先に頭をスリスリ・・・
爆睡中のランディの耳をコッソリ匂っては、ホッペにスリスリ・・・
どうやら、ジュンジュンもマッコもランディのことが大好きな様子!

しかし、このスリスリ攻撃は、ランディにとって、迷惑なだけらしい。
スリスリされると、途端に犬歯を見せてマズルにシワをよせ、ムキムキ顔でウーッと唸る。
でも、ジュンジュンもマッコも自分よりも何倍も大きなランディが怒っていても、おかまいなし!
スリスリ~、ウ~ンニャ~、スリスリ~、ウ~ンニャ~・・・
そして、いつもランディが我慢しきれず、「もう、いい加減にしろーっ」と言わんばかりに、ギャンッと吠えてその場を逃げ出す!
ランディが吠えても、ネコズは逃げることなく余裕の表情。
ランディがどいた場所に寝転がっては、コロコロ転がったり、ウトウトしてみたり・・・。

ランディが寝ているとき、ベッドやソファの端から足や鼻先がはみ出ていると、下の床から、まるでネコジャラシを見つけたかのように、マッコが爪を立てて飛びついてきて、寝込みを襲われたランディは、飛び上がって慌てて逃げる。
そんな時のランディの顔は、決まっていつも「ねぇ、NAO、助けてよ~」とすがりつくような目。
こんな時私には、ランディが不憫な反面、その情けない顔が可愛くて可愛くて仕方が無くて、思わずプッと笑ってしまう。

いつだったか、あまりにジュンジュンのスリスリがしつこくて、とうとう堪忍袋の尾が切れたランディが、ジュンジュンの頭を丸ごとカプッと口に入れてしまったことがあったけど、それでも、ジュンジュンは微動だにせず、慌てて反撃することもしなかった。
あんまりジュンジュンが、ランディの口の中に頭を入れたまま、ジッと動かないから、見ていた私は、動かないんじゃなくて、動けないのか?と一瞬ヒヤッとしたが、動けないんじゃなくて、やっぱり動かなかっただけだった。

最近、特にジュンジュンはスリスリ攻撃もエスカレート!
スリスリして、怒ったランディが犬歯を出してムキムキ顔になると、その犬歯に顔をスリスリ・・・ランディの唇を頭にかぶりながら、恍惚の表情でスリスリしているジュンジュンって、相当の大物なのか?それとも、かなりの変態なのか?(爆)

ランディも、スリスリ攻撃にはうんざりな様だが、唸っても吠えてもムキムキ顔になっても、決して本気で噛んだりしないのだから、よく耐えているものだと感心する。
きっと、ランディもジュンジュンとマッコのことは好きなんだな。

仲良し

さくらVSランディ

朝、散歩から帰ってくると、さくらが丁度お散歩へ行くところだった!
しかし、この日のさくらは何故かご機嫌がすこぶる悪い。
玄関から出てくると同時にランディに向かって、ガウッと一声。
さくら姐さんのご機嫌の悪さを察して、常にさくらと一定の距離を保ちながらも、耳を倒して服従の表情のランディ。
すると、急にさくらの方からランディに近づいてきた。
怖くてコソコソと逃げるようにさくらから離れようとするランディ。
でも、さくらは執拗にランディの後ろを付いてくる。
さくらの様子を見ていた私も、今日のさくらはヤバイぞと思い、ランディから離すため、さくらの首輪に手を伸ばそうとしたその時!
急にさくらがランディに襲い掛かった。
咄嗟に私は、手に巻きつけて短く持っていたランディのリードを長く持ち替え、ランディが自由に逃げられるようにした。
そして、さくらの動きを止める為、さくらに蹴りを一発。
一瞬ビックリしたさくらの動きが止まったところで、ランディを自分の体の後ろに隠し、さくらとランディの間に割って入る。
私が間に入ったことで、さくらもそれ以上は襲わなかった。
時間にして、10秒ほどの争い。
さくらとランディは難なくおさまったのだが、気がつくと、一緒にいた母が転んで倒れていた!どうやら、襲い掛かるさくらを止めようと、リードを足で踏んだらしいのだが、さくらの力にかなうはずもなく、足元をすくわれそのままバランスを崩して転んでしまったようだ。
幸い、痛いことは痛いのだろうが、変な転び方をして骨や筋を痛めたわけでもなく、頭を打つような転び方でもなかったようで大事にはいたらなかったが・・・

こういう時、もう、母では大型犬のランディやさくらの力や動きにはついていけない。
私が、その場にいたのだから、私に任せておいてくれればよかったのに・・・
また、慌ててしまったのもよくなかった。
母のように足でリードを踏んで体重を乗せたところで、さくらやランディクラスの犬の力なら、簡単に足元をすくわれる。
興奮状態でガウガウ争っている犬同士の間に、むやみに手をいれれば噛まれるだろうし・・・
こういうときは、人間の方が冷静に犬たちの動きをよく見て、危険のない方法で瞬時に行動に移さなければ、大変なことになる。
今回は、母も大した怪我ではなくて本当によかった。

それにしても、相変わらず気難しいさくら姐さん。
一体、何が気に入らなかったのか?
ランディは、玄関からさくらが出てきてからずっと絶対服従の様子だったし、さくらの雰囲気を察して常に離れて距離をとっていたし。
さくらにしてみれば何か理由があったのだろうが、一緒に暮らしている私や母でも、何故ランディに急に襲いかかったのかは謎だ
そして、襲われたランディはというと、直後は怖くてその場を逃げ出そうともしたが、さくらがお散歩へ出発しようとすると、「ボクも一緒に行くぅ~」とさくらの横に並んで嬉しそうな顔で並んで歩き始める。
「ランディは、もうお散歩終わったでしょ!」と私。
「え~~、一緒に行っちゃダメなのぉ~~~」とつまらなそうなランディ。
さくらに襲われる前と直後は、今にも泣きそうな顔をしていたのに・・・
立ち直りが早いというか、懲りないというか・・・
こういうところがランディのいいところなんだけどね。

さくら1

気難しい女・さくら姐さん

真っ暗な砂浜で・・・

仕事を終えて家に帰ると、高校時代の同級生から緊急招集がかかった!
ランディがよく遊んでいる海に、愛犬と一緒にきているらしい。
今日は普通に歩け散歩の予定だったが、急遽予定変更!海へGO~!

海につくと、あれっ?誰もいない!
待ち合わせ場所が微妙にズレていた。
たぶんアッチだろうと、ズンズン歩いていくと、遠くから「ラ~ン~ディ~」と叫ぶ声!
自分の名前を呼ばれて走り出そうとするランディに、stopをかけてリードをつける。

やっと合流!しかし、この時すでに辺りは暗くなりかけていた。
まずは、プリコタママの愛犬プリン、ベルママの愛犬ベルとご挨拶。
しかし、ランディが激しさ全開のためか、ベルちゃん固まる。
プリンともベルともガウガウしちゃうわけではないけれど、ランディだけテンションが突き抜けているからなぁ~。
ちょっと、犬同士で遊ばせるには、プリンもベルもキツイだろう。
というわけで、私がランディの相手をすることに・・・
ランディの相手をしながらなので、せっかく久しぶりの同級生同士の再会というのに、ろくに話しもできない。
そして、いつのまにか、辺りは夕暮れどころか真っ暗!
対岸の夜景まではっきりクッキリ見えるほど、真っ暗だ!
そんな真っ暗な砂浜で、女3人とたたずむ犬2匹、そして、ボールを追いかけ一人走りまくる黒い影。
ランディがボール見失ったら、今日は回収不可能だな~と捨てるつもりで遊んでいたが、ボールに命を懸けてるランディが見失うはずはなく、ランディは暗闇に消えてはボールを持って帰ってくる。
犬って結構、暗闇でも見えてるんだな~。

私は久しぶりに会うプリンと初対面のベル。
真っ暗な中での対面だったから、白いプリンの顔はなんとなくわかったけど、黒犬ベルの顔がよくわからなくて残念。
今度は、明るい時間に会おうね~。

プリン、ホッペにできた腫瘍の手術、がんばるんだぞー!

賢いランディ

夕方のお散歩は、フィラリア予防薬をもらいに病院まで歩いていった。

道中、何故かちゃんと私の横について、時折私の顔を見上げてはニッコリ笑って歩くランディ。

賢いっ!

病院に着くと、待合室は満員!仕方なく外で待ち薬の準備ができたので、ランディを駐車場のフェンスに係留して、私は支払いの為に病院の中へ・・・
こんな風に出先で、ランディだけを係留して待たせるのは初めてのこと。
万が一、暴れたりしても首輪が抜けないように少しだけきつく締めた。
支払いをしながらも、私はランディが気になって仕方なかった。
でも、私の心配とは裏腹に、ランディはしっかりオスワリをしたまま、おとなしく待っていた。

賢~いっ!!
そして帰り道、やっぱりピッタリと私の横について、ニッコリ笑顔で私を見上げながら歩く。いつも吠えてくる犬がいる家の前を通るときも、引っ張ることなく私と並んで歩いてる。

賢~~~~いっ!!!!!
家につくと、いつもは1階リビングでさくらやキーボーとプロレスごっこをしたくて駄々をこねるランディが、足を拭いたらさっさと自分から階段を上がっていった。

賢~~~~~~~~~~いっ!!!!!!

でもね、ランディがあんまり賢いと逆に心配になる。
どこか具合が悪いんじゃないかって・・・
でも、ご飯もモリモリ食べたし、ジュンジュンやマッコとも遊んでるし・・・心配はないみたい。
今日は、手放しに喜んでよさそうだ!
おりこうだったよ、ランディ!


賢い

カーテンレール破壊

先日の網戸破壊に引き続き、今度はカーテンレールを破壊したランディ。

取り付けた時、伸縮式のレールの中央をネジで止めるのを忘れていたおかげで、レールが真ん中で真っ二つに折れたのかと思った。
外れた衝撃で弾けとんだネジやらフックやら、部品を拾ってレール修理。
ボコボコに空いた壁の穴には、目地用セメダインを詰めた。

もう、カーテンレールの取り付けも引越ししてから、何回したことか・・・
最近は、マッコもジュンジュンもカーテンレールに飛び乗ることも、カーテンにぶら下がることもなく、平和な日々が続いていたのに・・・

仕方なく今回もレールを取り付けよう脚立に登って、近くで壁を見ると穴ボコだらけ。
一体、どこにネジを打ったらいいんだ!
本当に、これ以上落とされたら、カーテンがつけられなくなってしまいそう・・・

そもそも何故、ランディがカーテンをレールごとブチ抜いたかというと・・・
外でキーボーがお散歩に行く吹雪にチョッカイを出して、吹雪が鳴くから。
その吹雪の声に反応して、ランディは落ち着きをなくして、あっちの窓へ走っては飛びつき、こっちの窓へ走っては飛びつき・・・
それで、カーテンのすそを踏んづけて、レールごと落としたのだ。
さすがに、ガチャーンと大きな音で落ちてきた時はランディも驚いたようで、急いでソファの上に逃げていき小さくなっていた。
そんな小心ランディとは違って、ジュンジュンはビクッとはしたものの、すぐさま宙ぶらりんのカーテンに近寄って、何がおこったのか?フンフン顔を近づけてチェック!
さすが、ジュンジュン!我が家の兄貴なだけあって、度胸がすわっている。
本当に、猫にしておくにはもったないくらいの男である。

明日からは、ランディがまたカーテンを落とさないように、朝起きたらまずカーテンを全部開けるようにしようと、心に誓う私なのでありました。

ハッピーバースデイ

今日、9月13日はボクの2歳のお誕生日!


バースデイ1

ボク、こんなにちっちゃかったんだよ!

バースデイ2

でも、やってることは今とあんまりかわってない・・・



バースデイ3

久しぶりに父ちゃんと海で遊んでもらった!
お誕生日だからって、暗くなるまでいっぱい遊んでもらったんだ!


バースデイ4

ケーキはないけど、晩ごはんは、お肉野菜スープごはんをいつもより大盛り!
お肉タップリで、おいしかった!
今日は、特別にアキレスももらっちゃったし・・・


バースデイ5

あ~いっぱい遊んで、いっぱい食べて・・・
ボクはしあわせだぁ~!

選挙ポスター

一時、通りすがりのあらゆる人に対して吠え掛かるという、悪癖が出てしまったランディ。吠え掛かる原因は知らない人が怖いから・・・という単純なものだった。
これではいけないと、私も覚悟を決めて教育開始!
2週間後には、吠え掛かることはなくなったランディだったのだが・・・

10日ほど前から、この悪癖が再発!
原因は、選挙の公示とともにそこら中に張り出されたポスター。
この選挙ポスターを見つけてから、再びランディはすれ違う人に吠え掛かるようになってしまった。
中でも、公明党・神崎さんのポスターに、異様に反応するランディ。
肩の毛を逆立て、首を下げ、シッポを立てて、警戒。

「ランディ、コレ、ポスターだから怖くないよ!大丈夫だよ!」
と、言いながら、神崎さんのオデコをペシペシ叩いてみるものの、ランディの警戒は解かれず・・・
顔の大きさが等身大なポスターが怖いのかと思いきや、不思議なことに、これが自民党・小泉さんのポスターだと反応がないんだよなぁ~。
どうも、神崎さんの顔が怖いということらしい!
何故、小泉さんは平気で、神崎さんはダメなのか?
空を見つめる小泉さんポスターと、カメラ目線の神埼さんの違いなのか?

まぁ、ポスターのアングルはどうでもいいのだが、このポスターのおかげで、まさかランディのオヤジ恐怖症が再発してしまうとは・・・
まさか、選挙ポスターでランディの吠え掛かり矯正の試練の日々が、再び始まるとは思いもしなかった!

網戸破壊

朝散歩終了後、1階リビングに居座って、さくらと遊びたがるランディ。
しかし、さくらはランディと遊ぶ気分ではないらしく、ランディが近寄るとウゥーと唸る。どうにか、さくらに遊んでもらおうと頑張るランディの耳に、裏庭から吹雪がキーボーと遊ぶ声が・・・
すかさず、声のした方を目指して両親の寝室へと走り出すランディ。
そして、やっちまいまいました!

閉まっていた網戸に気付かず、モロに網戸に突進したランディのおかげで、網戸は半分はずれて、窓枠が曲がってしまった。

裏庭にいた母は、ランディが網戸に激突して弾き飛ばされるのを、バッチリ目撃したらしく、「ランディ、大丈夫ー?」と心配しながらも、腹を抱えて笑っておりました。

網戸に弾き飛ばされたランディはというと、それでも外れかかった網戸ごしに、吹雪に威張ったものだから、群れのリーダーさくらにキツイ教育的指導を受けて、耳はペッタンコ・・・・
しかし、懲りない男ランディは、さくらの隙をついて、またまた吹雪に威張る。
今度は、さくらと私から同時に教育的指導・・・
さすがに、ダブルでお叱りを受けてしまっては、おとなしくするしかなくそのまま私の指示に従い、2階の自室に連行されました。

ランディ君、築1年もたってないお家なんだから、壊さないでおくれよ!


海でお勉強

最近、仕事が休みの日は頑張っていつもより早起きして、ランディを大好きな海へ連れて行っている。
暑い間は、海へ行く回数も少なかったし、行ったとしても走らせちゃうと喘ぐような息遣いで、今にも倒れるんじゃないかと心配でとてもボール遊びなんてできなかった。
この所、早朝はすっかり涼しくなったことで、ボール遊びも解禁!
久しぶりのボールに興奮しまくるランディ。
いつも一緒に遊んでくれる仲間たちが挨拶にやって来てくれても、ランディはボールに釘付け。
いつもはヒャンヒャン吠えては、自分からしつこく遊びに誘うのに、ボールがあると別の犬のように無愛想になる。

今日は、ボールで遊びながら、サボっていたお勉強にも久しぶりに取り組むことに!
お勉強をサボっていたのだから、ある程度はコマンドに対する反応が悪いのは予想していたが、私の予想以上にアホになっておりました(^^;)
久しぶりのボールに夢中になるあまり、ボールを袋から出すか出さないかのうちにボールを持っている私の手ごとガブリッ!
もちろん、手の感触がわかれば噛む力を加減してくれるので怪我にはならないけど・・・
ランディのボール狂は今に始まったことではないし、仕方ないヤツだな!

これではお勉強どころではないので、まずはランディを満足させようと、何回かボールを投げて走らせてやろうと思い、振りかぶってボールを投げようとすれば私に向かってジャンプ。アゴにランディの頭突きをくらい悶絶する私の手ごとガブリッ!
ランディったら、久しぶりで嬉しいのはわかるけど、ちょっと激しすぎ!落ち着こうね!

私の投げられる距離ではランディはすぐ追いついてしまうので、ランディにwaitをかけて、少し離れた所から投げようとすれば、我慢できずに勝手にスタート。
背後に気配を感じ、振り向いた私はわき腹に体当たりをくらい押し倒され、またまた手ごとガブリッ!
ランディ、オマエ、えぇ加減にせえよぉー(怒)

あ~~~~ぁ、せっかく海のお友達ワンコの飼い主さんからは、『賢いシェパードのランディ君』というイメージが出来上がってたのに・・・
これでは、飼い主の手を噛みまくり(痛くないけど)、頭突き、挙句の果てに押し倒す・・・ただの狂犬ではないか!
仕方なく私も『失敗しても怒らない優しいしつけで頑張っている飼い主さん』という仮面を脱ぎ捨て、無理矢理ボールを取りに来るランディに、「何するんじゃぁ、sitやぁ!」と怒鳴って一喝!
我に返ったランディ君。
どんぐり目になって、慌ててsit。
その後は、heel・wait・come・sit・down・stopなどなど・・・
いろんなコマンドを織り交ぜた動きをお勉強。
ちゃんと、落ち着きさえ取り戻せば、コマンドはしっかりと覚えていたらしく、きちんと指示通りに動けました。
ただ相変わらず、ランディはwaitが苦手。
もうすぐ2歳のランディ。今年の目標は、waitがキチンとできる犬です。

何とか久しぶりのお勉強も最後は形になったので、ご褒美にランディお待ちかねのボール投げ!
飛んでいくボールを追いかけては嬉しそうな顔で持ってきて、何度も何度も飽きもせず、もう1回!と催促するランディでした。

思う存分走って疲れたはずのランディと家に帰ると、丁度さくらとキーボーがお散歩に出掛けるところ。
疲れているはずなのに、「ボクも一緒に行く!」と行く気満々。
ランディが給水している間に出発してしまったさくら&キーボーを、ランディと一緒に走って追いかけ合流。
これまた、久しぶりの『群れ』でのお散歩に、嬉しくて興奮しまくりのランディ。
さくらとキーボーに飛びつきながら、ズンズン歩いていく。
ランディ、オマエ、疲れていないのかい?海であんなに走ってきたのに・・・
一体、アンタの体力はどうなってるの?


脚側

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。