プロフィール

NAO

Author:NAO
ジャーマンシェパード ランディ
 2003/09/13生♂ 享年3歳
ジャーマンシェパード ヴィヴィアン
 2005/12/18生♀

フリーエリア

いつでも里親募集中

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ココアっち

今日は、ヴィヴィアンとココアっちのデートの日。
ココアっちは、ランディの親友でもあった男の子。
ヴィヴィアンとは初対面だし、デート場所も初めて行く海。
果たしてどうなることやら・・・と前日から私は緊張半分、楽しみ半分。

ヴィヴィアン、ココアっちを見るなりガウリまくり・・・(汗)
でも、ヴィヴィアンは後を引くタイプではないし、これは予想通り。
先にココアっちに浜に降りてもらい、後発でヴィヴィアンも浜へ。
浜で合流して再度挨拶。
ヴィヴィアン、背中の毛ボーボー立てて緊張しまくりながらも、ココアっちの口元にご挨拶。
ココアっちは、「ボクの方がお兄ちゃんなんだからなっ!」と最初からヴィヴィアンに釘をさす。
すると、ヴィヴィアン逆切れでワンワンワン・・・(汗)
当然、私に叱られる。
でも、その後は一定の微妙な距離を保ちつつ、ボール投げをしたり、穴掘りを楽しんだりのヴィヴィアン。
ココアっちから最初に釘をさされたのが利いているのか、自分からはあまりココアっちに近づかない。
時々、ココアっちから「何してんの?」と興味をもたれると、ガーッと緊張度が高まる2頭。
ただ、ヴィヴィアンもずっと緊張状態で興奮しっぱなしというわけではなく、ちゃんと私と遊ぶ時はココアっちを気にせず遊べたし、ある程度の距離を保っていれば落ち着いていられた。
015
微妙な距離

ココアっちは、ちょこっと神経質なところはあるけれど、マイペースなまったり犬。
ハイテンションでボールを追いかけたり、犬同士で追いかけっこしたりということより、海を眺めたり、風を感じたりすることが好きらしい。
ヴィヴィアンもちょっとボールを投げて走らせれば満足するし、一人遊びもしてくれるので、この日は飼い主同士でいっぱい会話を楽しむこともできた。
ランディの時は、ボールを投げろ!追いかけっこをしろ!遊ばな損だろ!とばかりに動きまわっていたので、まともに会話をする暇はなかった。
その点で、ヴィヴィアンは楽だな~。

ココアっちは、一緒に歩くと仲間意識が生まれやすい子ということで、一緒に浜辺のお散歩も楽しんだ。
歩いているとココアっちもヴィヴィアンに対する緊張がほぐれたようで、それに気をよくしたヴィヴィアンは、時々、ココアっちにくっついていって口元にチュッ!
ココアっちも、最初の時みたいに兄ちゃん風をふかして怒ることもない。
チュッ!ができたことが嬉しかったらしく、ヴィヴィアンは、
「ココア兄ちゃんにチュッ!できたよ~。ヴィヴィ、仲良くできたよ~」
と満面の笑顔で、リードを噛んで振り回し引っ張りまくる。
「はいはい・・・(^^;)嬉しいのね~、仲良くしてもらってよかったね~、でも、その嬉しさの表現はやめなさいっ!」
と叱られる。
叱られても叱られても、体全体を使って目一杯の力で私に嬉しい気持ちを伝えてくるヴィヴィアン。
そんなヴィヴィアンに、「ヴィヴィちゃん、かわいいね~」とほほ笑む友人と「元気なヤツラ~」とクールな眼差しのココアっち。そして、足首まで砂に埋もれながら踏ん張り、必死でヴィヴィアンの嬉しさを受け止める私(笑)
ヴィヴィ~、背筋が痛いぞ~!もう~やめれ~!
014
ココア兄ちゃんとチュッ♡したよ!

日が傾きかけてくると、お散歩犬たちが徐々に増えだした。
ここでも、吠えるヴィヴィアンを制してwaitの練習。
何度か吠えたけど、比較的我慢できたほうかな~。

今日は、友人ともたくさん話せたし、ヴィヴィアンもココアっちと仲良くなって(一緒に遊ぶわけではないけど)嬉しそうだったし、楽しかった。
心残りは、ヴィヴィアンのジェラシーで、かわいいココアっちを思いっきり撫でくりまわせなかったこと。
でも、ほんとに、ココアっちは、ヴィヴィアンのお勉強相手にちょうどいいキャラなんだよな。
テンション上げてヴィヴィアンを遊びに誘うわけでもないから、私が制御できないほどヴィヴィアンも興奮しない。
常にヴィヴィアンを意識して、ココアっち自身がペースを乱すわけでもない。
そうかといって、完全にヴィヴィアンに無関心ではないから、時々緊張感がでるのを私がコントロールできるよう練習もできる。
ヴィヴィアンはココアっちをお友達と認識していて、お友達と一緒!という舞い上がった気持ちの中で、通りすがりの他犬への態度もお勉強できる。
ココアっち~、今日はありがとう!そして、これからもよろしくね~!
016
今日は楽しかったね!
ん?この雰囲気どっかでみたことあるような・・・


017
あ~!ファングの写真とにてたんだぁ・・・












スポンサーサイト

フラウ

今日は、嬉しい楽しい1日となった。

ドッグトレーナーのSさんとのご対面。
半年以上会ってないのに、ヴィヴィアンは大喜び!
大好きな人はしっかり覚えているんだね。(^^)
そして、車でヴィヴィアンの遊び場であるいつもの海へ。

いつもなら犬を見れば吠えまくりのヴィヴィアンだが、Sさんの愛犬フラウが車から降りてもほえない。
フラウは今日一緒に遊ぶお友達という認識らしい。
案の定、お友達が一緒でテンション上がったヴィヴィアン、引っ張りまくりで浜を目指す。
やっぱ、テンション上がった状態だと私もコントロールできないけど(汗)、ヴィヴィアン自身も自分をコントロールできない。
この興奮症さえどうにかできれば・・・・なんだけど、これが私とヴィヴィアンの最大の難問なんだよね(^^;)

実は、フラウとヴィヴィアン。会ったことはあるけれど、遊ぶ目的で会うのは初めて。
なので、ヴィヴィアンをノーリードにできるかどうかが不安だった。
浜に上がってからヴィヴィアンの様子は、執拗にフラウにちょっかいを出すと思っていた私の予想に反し、早く遊ぼうと私を誘ってきた。
もちろん、フラウはしっかりマナーの入ったお利口さんなので、相手がフラウだからということが大きいが、犬同士で遊ぶことではなく私と遊びたいとヴィヴィアンが思ってくれたことは嬉しい。
ヴィヴィアンも大丈夫そうなのでノーリードにして、フラウもヴィヴィアンもそれぞれボール投げ。
ボールに夢中のヴィヴィアンとフラウが衝突しないように別方向へ投げる。
しか~し、ヴィヴィアンはただボールを追いかけるより、ボールを追いかけるフラウを追いかける方が楽しいらしく、フラウを追いかけてはボールを咥えたフラウと共に戻ってくる。
フラウが取ったボールを奪おうとすることはないし、フラウの方が足も速いし持久力もあるので、衝突さえしなければ危険はないんだけど・・・
ヴィヴィアンのこの行為をどんな犬でも許してくれるわけではないので、やっぱりきちんと自分のボールで遊べるように教えなくちゃいけないな!
ただ、走るフラウとそれを追いかけるヴィヴィアンを見ていたら、ランディとヴィヴィアンが走っているように見えて懐かしかった。
フラウとランディ、サイズが違うだけでよく似ているしね。
ヴィヴィアン、こうしてよくランディが走りだすのを待っていたっけ・・・
008



ボール投げの後は、ちょっぴり休憩。
ヴィヴィアン何を思ったか、休憩中のフラウの横にピッタリくっついて同じように伏せた。
あらあら、あんたたち、かわいいじゃないの!
と、私もSさんもデジカメ出して、写真撮影会開始。
フラウはカメラ慣れしていて、Sさんのカメラにも私のカメラにも、合図をしなくてもしっかり目線をくれる。まるでモデルさんみたい!
それに引き替え、ヴィヴィアン。
鼻の穴広げて、だらしない顔・・・(^^;)
フラウと並んでると、ヴィヴィアンがオヤジに見える(笑)
まぁ、こういうところがヴィヴィアンの憎めない愛すべきキャラなんだけどね(^^)
それにしても、ヴィヴィアンとフラウ。
同じシェパードで同じ女の子とは思えないほど、サイズも顔立ちも違います!009

010


休憩の後は、私の希望でフラウとボール投げをさせてもらった。
フラウ、ボールを持ってくると股の下をくぐってくる。これが可愛い!
もし、ヴィヴィアンだったら、私は後ろへ吹っ飛ばされる。ヴィヴィアンをくぐらせるには、私の足じゃ長さが足りない!
私がフラウとボール投げを楽しんでいる間、ヴィヴィアンはというと、Sさんにwaitコマンドかけられ、我慢の練習。
さすがのSさんでも、ヴィヴィアンに引きずられそうになってた。(汗)

帰り際、海をバックにもう一度写真撮影。
Sさんの注文どおりにいろんなポーズをキメるモデルのようなフラウ。
ヴィヴィアンは、私の足元でブンブンボールをクチャクチャ音をたてて噛みながら、恍惚の表情(^^;)
011

賢いフラウと一緒だと、ヴィヴィアンのおバカキャラが際立ってイイ!(笑)
お勉強は頑張らなくちゃだけど、この愛すべきキャラは上手に残したいなぁ~。
Sさんも、ヴィヴィアンのかわいさを表現するには、画像じゃなくて動画だな~って言ってくれた。
確かに、ヴィヴィアンのおとぼけっぷりは、動画じゃないと表せないもんな~。って自慢にならないかっ!

そして、楽しい時間はあっという間に過ぎ、また機会があったら会うことを約束してByBy。
Sさん、フラウ、今日は楽しい時間をありがとう!また会おうね!
あっ!フラウにおやつのお土産を用意してたのに、渡すの忘れちゃった!
012






田貫湖

先週の連休は、張り切って家事を済ませて準備万端だったのに、朝起きたら、雨降り。
というわけで、本日、リベンジで田貫湖へ行ってきました。

田貫湖は、農業用水を確保するために拡張した人造湖で、逆さ富士やダイヤモンド富士が有名な湖です。
湖をグルリと回れるようになっているので、そこをヴィヴィアンと一緒にのんびり歩いてきました。

と、言いたいところですが、久しぶりの遠出に、部屋を出るときから大興奮のヴィヴィアン。
ワンワンワンワン・・・・
いつもより激しく吠えまくり。
出発して時間がたてば疲れるだろうから、そしたら思いっきり誉めて、調子にのったらまた叱って・・・・と思っていたのに、結局、田貫湖に到着するまで吠えてました。
なんちゅう体力や!はぁ~(ため息)
旦那と二人で、お出掛けに慣らして興奮症を改善するためのお出掛け計画第1弾なのに、吠えても吠えても疲れないタフな犬になっちゃったらどうする?なんて苦笑いしたくらい。
到着してからも、初めての場所に、どこからニオイを確認していこうかと、とっ散らかって挙動不審なヴィヴィアン。
しかも、釣り人の背後から、柵をくぐって湖に飛び込もうとするし・・・
本当は、楽しみに来たんだし、少しくらいならリード引っ張ってもヨシとしてあげようと思っていたけど、あんまりにひどいので、最初のうちはガンガンチェックいれてお勉強タイム。
やっとこさ、落ち着いてからは、狭いコースで他人とのすれ違いもちゃんと出来たし、写真撮影中の人をおとなしく待つことも出来たし、まぁまぁお利口さん。やっと景色を楽しむことができました。
すごく静かなところで、なんだか時間がゆっくり流れているような感じ。
これで、富士山が見えてたら最高だったのに・・・
残念ながら、この日は曇りで富士山の影すら見えず。
ヴィヴィアンは景色なんかどうでもよくて、湖で泳ぎたくって、湖面をガン見してたけど・・・
田貫湖はヘラブナ釣りが有名らしく、この日も平日なのに、釣り人がいっぱいで、とてもヴィヴィアンを泳がせられる状況じゃない。
それに、水もそんなにきれいじゃなかったしね。
今度の夏は、ヴィヴィアンが泳げる湖に連れて行ってあげるからね。
湖畔を回った後は、駐車場横のキャンプサイトの芝生で、ロングリードにかえて、ヴィヴィアンと走り回って遊んだ。
すると、雨がポツポツしてきたので帰り支度。

帰りは、小田貫湿原が近くにあるようだったので、オフシーズンだけどどんな所か行って見ようということになり、湿原の駐車場まで行ったんだけど、車は1台も止まっていないし、”クマ出没注意”の看板が・・・!
さすがに、暴れん坊ヴィヴィアンと関西人の旦那と旦那曰く元ヤンキーの私でも、クマとの喧嘩には勝てないからと、車を降りずに家路に着きました。

v41
落ち着いたところで、湖畔ウォーキングスタート!

v42
記念撮影!
ところで、どうしてヴィヴィはいつもそんな座り方なん?

v43
こうしてみると、ヴィヴィアンってそんなに大きく見えないなぁ・・・

v44
ダイヤモンド富士のビューポイント。
ほんとは、ヴィヴィの後ろにドーーーンと富士山のはずだったんだけどなぁ~、残念!

v45
最後に芝生の上でいっぱい走って遊んだよ!

v46
本日、サイコーのヴィヴィアンスマイル!
やっぱり遊んでる時が一番らしい(^^)

名古屋オフ

ランディとヴィヴィアン。
名古屋のお友達い会いに行ってきました。

ヴィヴィアンが車中で、運転席に乱入しようとしないか心配でしたが、時々、運転する旦那の耳をペロペロしてイタズラはするものの大丈夫。
無事名古屋まで着き、みんなと合流。
車4台で連なって走っていると、一向に遊ばせてもらえないヴィヴィアンは退屈になって、ついに強引に運転席と助手席に乱入。
しかし、みんなの後をくっついて走行中のため、停車するわけにもいかず、でかいヴィヴィアンの体を助手席で私がダッコして、運転席を死守。
重い・・・苦しい・・・暑い・・・
そのうちに、窮屈になったのか、ヴィヴィアンは私の顔を踏んづけながら後ろの座席に戻っていった。

目的地に到着。
みなさん、タープやテーブルやイスなど素晴らしい装備を次々と設営していく。
その間、犬達はどの子も邪魔することなくお利巧にしている。
なのに、ランディとヴィヴィアンったら、目の前の川に飛び込みたくてウズウズ。
ろくに準備のお手伝いもできず、申し訳なかったです(^^;)

そして、緊張の犬達の挨拶。
ランディはルーシェとは2回目。テトとは3回目というだけあって、サラッと挨拶。
ヴィヴィアンも全員初対面だけど、上手に挨拶できた。
ただ、ハスキーのひなたちゃんには、ランディもヴィヴィアンもビビリまくり。
ひなたちゃん。我が家の女ボス・さくらに持っている雰囲気が似ていたからかも。
ランディもヴィヴィアンも、そんなひなたちゃんに最後までタジタジだった。
ひなたちゃんは、ヴィヴィアンとは1ケ月違いで同じ年頃だし、初対面のランディとヴィヴィアンと一緒に遊びたかったんだよね。
ラブのリリーちゃんは、とっても優しかった。
そして、グリフとは、なんだかヴィヴィアンがちょっといい雰囲気。
新しいカップル誕生か?(笑)

食事をしたり、川で遊んだり、犬達もみんなノーリードで自由にしていても喧嘩することなく仲良し。
ランディは、ひなたちゃんに何やら文句をたれていたけど、生後7ケ月のひなたちゃんの方が大人で、軽くあしらわれていた。(笑)
そんな中での、ちょっとした事件。
ヴィヴィアン、張り切りすぎて大きな石を飛び降りた時、一人で転び顔面強打。
目の上を擦り剥いて、泣いちゃってLUさんに手当てをしてもらった。
傷は大したことなかったけど、血が止まるまで、入水禁止。
でも、すぐに元気を取り戻したヴィヴィアンは、川へ入る~と駄々をこね、私の根負け。
傷は浅いし、後で消毒しとけば大丈夫だろうし、せっかく遊びにきたんだもんねと、再びノーリードに。
そして、少し場所を変えての水遊び中。
またまたヴィヴィアンが、川の隅っこで、なんだか困った顔して固まってる。
ん?どうした?ヴィヴィアン!
もしや、石に足が挟まって動けないのか?
この時も、LUさんが駆けつけてくれて、私と一緒に水に入ってくれてヴィヴィアンを救出してくれた。
ヴィヴィアンは、石に足が挟まったわけでもなく、川底が小砂利で急に深くなっている所だったから、岸に上がろうとすると足をとられて上手く上がれなくて困っていただけだったみたい。
ヴィヴィアンにとっては、初めての長距離ドライブ、初めて会うたくさんのお友達、初めてづくしで少し疲れもあったのだろう。
それにしても、LUさんの犬への愛情の深さには頭が下がる。
ヴィヴィアンが転んだ時も、水の中で固まった時も、私よりも行動を起こすのが早かった。
ヴィヴィアン、うちの子になったのに・・・私はちょっと、自分の行動力の遅れに恥ずかしい気持ちになって反省した。
その頃、ランディはというと、妹ヴィヴィアンそっちのけで、泳ぎたい放題だった。

そして、十分みんなが楽しんだ頃、空には真っ黒な雷雲が・・・
急いで、片付けて撤収。
みんなが車に乗り込む頃には、あたりは真っ暗。ビューンと強い風も吹いて怖いくらい。
あっという間に土砂降りの雨なり、名古屋へと戻る。

名古屋にもどり、空き地で最後に記念撮影。
ほんとは、みんなと同じようにリードを離して、犬達だけで撮影したかったけど、ランディの雰囲気は、気が散りまくりで全くコマンド効かなそうだったし、周りがすぐ道路だったこともあって、リードは離せなかった。
ヴィヴィアンもまだ、コマンドどころか、まだ家庭内のルールを勉強中の身。
最後の最後で、またまた事件を起こすわけにはいかないので、リードを旦那に持ってもらったまま。
笑えたのは、ヴィヴィアンがグリフのリードを足で踏んで、グリフが離れないようにしっかり捕まえていた事。(^^)

そして、楽しい時間を過ごした仲間達ともお別れ。
またの再開を約束して、それぞれの家路へ。

帰りの車中。
ヴィヴィアンは、死んでるのかと思うほどの爆睡!
ランディもさすがに疲れたのか、座ったまま寝てる(笑)
眠いなら横になればいいのに・・・

帰ってからカメラをチェックしてみると・・・
ゲッ!全然撮れてない!
そういえば、カメラ片手に犬達と遊んでいたけど、結局あんまりシャッター押してなかったなぁ・・・
ランディだけなら、もう少し写真撮る暇もあっただろうけど、今回はヴィヴィアンがいたからなぁ。
ヴィヴィアン、うちの子になって4日目にしてのオフ会だったし。
私自身、まだヴィヴィアンのことを把握しきれていないから、なかなか目が離せなかった。
ほとんど写真が撮れなかったのは残念だったけど、たった4日でヴィヴィアンはすごく変わった。
遠くへ一人で突っ走って行くこともなかったし、他の犬にのしかかるような遊び方もしなかったし、終始ノーリードでいられたものね。
まだ、コマンドは何一つ教えていないけど、人の顔を見るようになって、言葉に対する反応もよくなった。
精神的に落ち着いて、きっと色んなことをグングン吸収しているのだと思う。

私や旦那にとっても、”うちの子”になったとはいえ、まだ4日。
今まで、”うちの子じゃないんだから・・・”と、色んなことを私達自身が我慢するためにも、気持ちをセーブしてきたこともあり、正直なところ、急に”今日からうちの子”といっても何となくまだ違和感があった。
それが、今回のオフ会では、ヴィヴィアンが知らない場所・初めての仲間たちの中で、私や旦那を頼る素振りを見せてくれたし、そのことが、私や旦那に、ヴィヴィアンへの愛情を深めることにもなった。

今回のオフ会。本当はランディだけ連れてアリンダさんに会いに行くという企画だった。
でもアリンダさんは天国へ旅立ち、オフ会に参加する予定の無かったヴィヴィアンが急遽”うちの子”になったことから参加して、私達の中にあった違和感を愛情へと変えるきっかけになった。
名古屋で過ごしたこの時間。アリンダさんから私たちへのプレゼントだったのかもしれない。

r42
かわいい”愛娘”のヴィヴィアン(^^)

r43
ランディ&テト

【“名古屋オフ”の続きを読む】

黒爪同盟&犬の国ピタワン

「黒爪同盟」のランディの会員証が届きました。

r28
ジャ~~~~ンッ!

ランディの会員ナンバー、兄貴さんのアリンダさん、猫二さんのテト、ashiatoさんのクレア君と連番!
同盟に誘ってくれた会員ナンバー007・ボンドガールのラズ&MERUMOさんありがとう(^^)
そして、素敵な会員証を作ってくれたあやねぇさん、どうもありがとう!
「それいけ!ランディーズ!Tシャツ」に引き続き、またまた素敵な仲間たちととお揃いアイテムが増えました。

そして、もうひとつ。
ブロンズ新社より発売される「犬の国ピタワン」という絵本に、さくらが登場してます!
といっても、エキストラですけどね(^^;)
r30



32~33ページあたりにさくらが登場しているらしいので、本屋さんに立ち寄った際には、是非、探して見てくださいね(^^)

r29


「犬の国ピタワン」お話も描かれる絵もとっても温かで素敵なんです。
HPや今回発売される絵本に登場する犬たち、すべて実在の犬がモデルとなっています。
以前HPに掲載されたお話には、ファングとチビッ子ランディもモデルとして登場させて頂きました。

「犬の国ピタワン」のHPはこちら↓
http://www3.ocn.ne.jp/~pitawan/
コンテンツ「町の紹介」で、電柱島では、おもらし神社の初詣に、チビッ子ランディがファングじーちゃんに肩車をしてもらってお参りしてます(^^)
そして、首都ハーネスでは、クリスマスミュージカル・虹の橋をこえてを、ファングじーちゃんの膝の上にダッコされてチビッ子ランディも鑑賞しています。
とっても素敵なサイトなので、是非、犬の国ピタワンに遊びにいってファングとランディを探してみてね(^^)わかるかな~

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。