プロフィール

NAO

Author:NAO
ジャーマンシェパード ランディ
 2003/09/13生♂ 享年3歳
ジャーマンシェパード ヴィヴィアン
 2005/12/18生♀

フリーエリア

いつでも里親募集中

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さくら不調

4日ほど前から、急にさくらの様子がおかしい。

とにかく食べ物に関して執着の強いさくらが、ご飯を食べない。
いつも私が掃除機をかけはじめると、うるさがっていつのまにかその場から姿を消すさくらが、いつまででもその場から動かない。
散歩から帰ってきたヴィヴィアンが、母にかまってもらって嬉しくなってシッポをブンブン壁に当ててると、「調子にのるな!」とばかりに目力で威嚇するさくらが知らん顔している。

明らかにグッタリしているとか、どこか痛がっているとか、吐くとか、下痢してるとか・・・
そういうことはないんだけれど、なんとなく倦怠感があるようだし、なにより底なしの食欲のはずなのに食べ物に興味を示さないということがおかしい。

急に暑くなったから?
そうも考えたが、ランディのことが頭をよぎる。
ランディも、急に食欲がなくなって、少しダルそうにしていたけれど、散歩といえば喜んで行きたがった。ちょっと体調を崩しただけ、大したことはない。
そう思いながら、病院へいってみたら、すでに重篤な腎不全で、10日後、天国へいってしまった。
さくらも、今は元気と食欲がないだけ。
でも、もしかしたら命に関わるような病気かもしれない。
ちょうど、フィラリア予防を開始する季節。
少し早目だけど、ファイラリアの検査もかねて病院で診てもらったら?
そう、両親を説得して、今日さくらは病院へ行った。

病院へは、私は仕事でついていけないため、母に、病院で話すことをメモしていくようアドバイス。
一見、今回の体調不良とは関係なさそうな事も、病院で話せるようにメモをとらせた。
言葉が話せない動物の診察においては、一見関係ないようなことが思いがけずヒントになって、適切な検査ができて病気が発見できる場合もある。
ついつい飼い主側で、伝える情報を選択してしまいがちだが、医療に関して知識の少ない飼い主側が判断してしまうより、とにかく何でも話して、知識の十分なドクター側で必要な情報なのかどうかを判断してもらう方が正しい診断・治療に結びつくのだと思う。

さくらの診察の結果はというと。
血液検査もしたが、特に異常なし。
私としては、膵炎か肝臓の病気を心配していたのだが、大丈夫だった。
しかも、今朝までずっと体調が悪そうだったのに、病院へ行って帰ってきたら、急にいつものさくらに戻ってきたと母が言う。
病院では、検査をしただけで点滴も投薬もしなかったのに、なんで???
夜には、食事をしている父の横で、よだれたらして食欲も復活。
散歩から帰ってきたヴィヴィアンを睨む目力も復活。
いつものさくらだ。
この4日間。両親も私も、あまりはっきりと言葉にしなかったが、何か悪い病気なんじゃないか?と心配したし、そのせいか、家の中の空気がなんとなく重苦しかった。
今日は、血液検査で異常もなかったし、実際いつものさくらに戻ってきたこともあって、家の中に笑い声があふれた。

追記
今日、両親が病院で聞いてきた話。
さくらやキーボーは、山へ遊びに行くことが多いため、フロントラインはかかせない。
でも、最近、フロントラインしてるのに、ダニが駆除できていないことが多かった。
なんでだろう?そう思っていた。
病院の話では、最近、ダニ自体がフロントラインの成分に対して耐性をもつものが増えてきて、それで完全に駆除できないケースがあるらしい。
そういうケースにも対応できる新しい駆除剤も発売されているんだって・・・
あ~ぁ、フロントライン・プラス、先月、まとめ買いしたばっかなのに・・・
101.jpg




スポンサーサイト

慢性外耳炎

1階の住人・さくら。
実は、夏の終わりから慢性外耳炎に悩まされていました。
もともと体質的に炎症をおこしやすく、季節の変わり目には耳の他にも目や皮膚に炎症をおこすことが多いのです。
いつもなら、洗浄や消毒など何らかの対処をすれば、それほどひどくはならないのですが、年齢的なものもあるのか、今年は外耳炎がひどくなってしまった。
耳だれがひどく、ニオイも近よらなくても同じ部屋にいるだけで強烈ににおうほどだった。
何度か洗浄もしたが、一向に良くなる気配がなく、これ以上やっても刺激を与えてかえって悪化させるだけ。抗生剤飲ませた方がいいと思って、病院にもいった。
病院でもらった抗生剤が効いて、いったん治ったかに思えたが、しばらくすると、またぶりかえし。
ずっと抗生剤を飲ませるわけにもいかないし・・・

さ~て、どうしたものか?
悩んでいるとき、こんなものを見つけた。




シュアリンプウ~詳しくは画像をクリック
納豆菌の仲間のOYK菌っていうのが、耳の中の悪い菌を食べてくれるんだって・・・
しかも、増殖スピードが早いから、悪い菌が増殖できず、結果、耳の中を健康な状態に保ってくれるということらしい。

ふ~ん・・・
確かに理論的には納得できるけど・・・
慢性外耳炎にも効果あり!って謳ってるけど・・・
本当に効くのかな?
半信半疑だったけど、価格も高くないし、まぁ、1回、試してみようか・・・

で、試してみたら、あらっ!ビックリ!
1日1回を毎日。
3日ほどで、頭をふったり、耳を足で掻いたりすることが少なくなった。
1週間ほど続けたら、あんなにひどかったニオイがなくなってきた。
真っ赤だった耳の中の皮膚も炎症が抑えられて、本来の色にもどってきた。
2週間続けたら、抗生剤を10日間飲んだ時と同じ状態にまで回復。
ここでやめたら、またぶりかえす?と思いつつ、一旦止めてみたけど、やめてから1ケ月以上たった今でも、炎症はみられない。
すげぇ~、シュアリンプウ!

その効果には、もちろん満足だったけど、もうひとつメリットが!
納得いかないことに関しては、断固拒否の頑固姐さんさくら。
洗浄するためクリーナーを耳に入れることを何回か続けた結果、怒るようになりました。
ヴィヴィアンのように「イヤだもんっ!」って怒って歯をあててきても、所詮、パフォーマンス的な意思表示程度なので、なんてことないのですが、さくらの場合、本気度が違います。
でも、怖がってると見透かされれば、さくらにはますます舐められるので、これは必要なことなんだから!と言い聞かせ、なんとかやってました。
正直、私自身も恐怖との闘いでした。(^^;)
それが、このシュアリンプウなら、洗浄するタイプのクリーナーのように、たくさんの量をいれなくてもいいし、揉んだ後、ふき取る必要もない。
そのため、さくらも受け入れてくれて、私も恐怖を感じながらケアしなくてもよくなった。

犬用品はいろんなものを使ったりするけど、久々のヒット商品でした。
慢性外耳炎でお悩みの方は、一度試してみてはいかがでしょう。
耳掃除嫌いな犬の日常のケアにもオススメかも・・・

067.jpg








床擦れ

近くにゴールデンと暮らしている年配のご婦人がいる。
とても大きく立派な体格で、いつもご婦人とゆったり歩いている穏やかな犬だった。

ある日、母と叔母が玄関先で立ち話をしていたら、このご婦人が通りかかりゴールデンさんの話になったらしい。
ゴールデンさんは16歳。すでに寝たきりになってしまい床擦れがひどく骨まで露出していて、何とかしてやりたいと、病院に往診も頼んでみたが、犬の年齢を言うとどこの病院にも断られたらしい。
もう16歳だし、元気にしてくれと思っているわけじゃなく、少しでも痛みや苦しみを取り除いてあげたいって、ただそれだけなのに、どうしたらいいのか・・・と悩んでいたという。
そこで、私の婆ちゃんを自宅で介護している叔母が、ヘルパーさんから聞いたラップ療法なるものを、このご婦人に教えてあげたという。

床擦れといえば、治療よりも予防!
でも、実際には、口で言うほど簡単なものではなく、献身的に介護していても、できるときにはあっという間にできてしまうもの。
できてしまったら、ひたすら除圧、消毒したり、抗菌軟膏のガーゼなどで二次感染を防ぐくらいで、一度できてしまったら、なかなか治療は困難なものという認識でいたから、ファングの介護中は、床擦れだけは絶対に作らせないと、気張っていたっけ。
幸いファングは、長い介護生活にも関わらず、床擦れに苦しむことはなかったけれど、大型犬を介護するうえでは、床擦れは大きな悩みの一つなんだと思う。

私は知らなかったけど、今は人の医療の現場では、生食で洗浄してフィルムを貼るだけっていう新しい治療法が確立されているんだそう。
人の場合は、倫理的な問題などもあるので医療用のフィルムなどを使うらしいが、理論的には、どんな家庭にもある食品用ラップでも十分代用できるらしい。

叔母からラップ療法の話を聞いたご婦人は、早速愛犬のゴールデンさんに試してみるといって帰って行った。
数日後、骨まで見えていた深い潰瘍で、いろいろやっても全然治らなかったのに、肉が盛り上がってきて少しずつだけど治ってきたみたい!と偶然出会った母に、ご婦人は嬉しそうに何度も何度もお礼を言ったという。

それからしばらくたって、ご婦人が家にやってきて、余りものだけど・・・と言って犬用のオヤツを持ってきた。
ゴールデンさん、天国へ旅立ったということだった。
ご婦人は、治すことはできなかったけど、最後に床擦れがちょっとだけでも良くなってよかった・・・そう言っていたという。

可愛がっていた愛犬を看取ったのだから辛いんだろうが、最後にほんのちょっとだけでも、愛犬にしてやれることがあったということは、このご婦人にとってわずかでも救いになったんじゃないかなと思った。

なんだか、ファングに会いたくなっちゃったなぁ・・・
062.jpg



フィラリア追加接種

ヴィヴィアンのフィラリア予防は今年から半年に1度の注射にしている。
今日は、その追加接種のために病院へ行った。

朝からの雨でこれなら病院もすいてるかも・・・と思ったが、すでにプードルさんとコーギーさんがいた。
犬に対するガウガウがあるヴィヴィアン。散歩ではだいぶマシになってきてはいるが、病院の待合室のような場所での近距離で長い時間というのはまだ無理。
そんなわけで、順番までヴィヴィアンは車のバリケンで待機。
その後、ゴールデンさんとまた別のプードルさんがやってきて、待合室には4匹の犬。
待っている間、私の隣に座っていたプードルさんの飼い主さん親子が、ゴールデンさんをみて
「大きいのにおとなしいねぇ~。お利口だよね。きっときちんとしつけとかしてるんじゃない?」
そんな会話が聞こえてきた。
待合室にいるみんながゴールデンさんを見てなごんでいた。
私はそんな空気の中、順番がきてヴィヴィアンを連れてきたときのことを考えては一人勝手にプレッシャーを感じ心の中で溜息(^^;)

そしてなごみまくってる待合室に「ヴィヴィアンちゃ~ん」と呼ぶ先生の声。
とうとう呼ばれてしまった。
「今連れてきます」と言って、車にヴィヴィアンを迎えに行く。
深呼吸をしてからヴィヴィアンを出し、病院の中へ。
自動ドアが開いて一歩足を踏み入れると同時にギュンッと右を向いてゴールデンさんを見つけたヴィヴィアン。
ガウガウするぞっ!とリードを握る腕に力を入れたが、あれ?
ヴィヴィアン、吠えない。
ゴールデンさんの隣のプードルさんを見ても、反対にいたプードルさんを見ても、吠えない。
なんで???
ちょっと安心した私。
でも、次の瞬間、苦笑いの私。
なぜって・・・
入口入ったとたんに、フガフガ鼻息ならしながら、ジグザグに猛烈な勢いで床のニオイをとりはじめ、床と受付カウンターの境に鼻が曲がるほど押しつけて静止。
そのまま動かず大きく息を吸ったかと思ったら、またまた特大の鼻息でフーーーーーンッ!
さっきまで”なごみ”一色だった待合室の空気が、ヴィヴィアンの登場でガラッとかわり、誰も何もしゃべらず動かず、犬も人も待合室の全員の目がヴィヴィアンに集中している中、響きわたるクラシックの音色とヴィヴィアンの鼻息。
ちょ、ちょっとヴィヴィアン、恥ずかしいんだけど・・・・(汗)
そんな私の気持ちはお構いなしで、診察室の中までフガフガ荒い鼻息をたててニオイを取りながら入って行った。

診察に入ってからも、シッポをブンブン振りながら先生に甘えに行って、先生たちの出入り口のドアにバンバンしっぽが当たってドアが壊れそうなほどガタンガタンなってるし・・・
診察台に上がってからも、鼻を突きあげて何やら浮遊臭をフガフガ・・・
そして、浮遊臭をフガフガしているヴィヴィアンを私が保定した一瞬で注射終了。
ヴィヴィアン、注射打たれたこと気づいてないんじゃないか?

あっというまに診察終わって、待合室に戻るとやっぱり吠えた。
でも、私の一喝ですぐ黙って、ガァーーーと私を引っ張って出口へ。
飛び出し防止のために、外への自動ドアはボタンを押さないと動かないつくりだというのに、そのまま出ようとしたヴィヴィアン、ドアに頭をゴチーンと強打。
だ、大丈夫か?お前?
ヴィヴィアンを車のバリケンにしまい、支払のために待合室に戻った私。
なんだかとっても恥ずかしかった。

以前の病院では、先生の顔を見ただけで椅子の下にもぐって隠れてたヴィヴィアン。
今の病院では、先生のことも好きだし、リラックスしすぎなほど。
いつか病院で普通の犬のように振る舞える日がヴィヴィアンにはやってくるんだろうか?

045


今年の夏は・・・

今年の夏は、どうも我が家はついてない。

7月。
よ~し川の季節だぁ~とヴィヴィアンと張り切って遊んできた翌日、足が腫れ上がり痛みに耐えられず仕事早退。病院いったら化膿していて切開。あまりの痛さに泣きそうだった。

私の足が治ったので、やっぱ川遊びでしょ~と再び川で遊んだら、翌日ヴィヴィアンのお腹が真っ赤な発疹だらけに・・・
数回のシャンプーと消毒ですぐに治ったけど。

ヴィヴィアンが治ったと思ったら、今度は旦那が正体不明の虫刺されで腿が化膿。

旦那は、虫刺されとは関係ないと思うが、同時に片耳が聞こえないといって病院いったら、突発性難聴だった。

そうこうしているうちに、今度は私の持病リウマチ悪化。
ここ数年、症状がでなかった足の関節まで痛み出し、体中の関節という関節が痛くて眠れぬ日々。

それでも懲りずにヴィヴィアンと川遊び。
今度は、発疹は出なかったが結膜炎になったヴィヴィアン。

ようやく結膜炎も治って、そろそろ川遊びも大丈夫かなと思いつつ、アスファルトの道路の散歩は暑いからと、いつもは行かない畦道コースを散歩したら、夜にヴィヴィアンの前足の付け根がプクッと腫れていた。たぶん旦那が刺された正体不明の虫と同じ虫に刺されたようで化膿してしまった。

ヴィヴィの化膿もようやく治って、今度こそ川へ・・・と思っても、最近は、毎日のように雷注意報が発令されてて、ヴィヴィの遊び場の川方面の上空はいつも真っ黒な雲がかかってる。
ゲリラ豪雨とかってあちこちで被害がでているニュースを見てると、なかなか川遊びにもいけない。

暑がりヴィヴィアンにとって、川遊びにいけないとただ暑いだけの毎日だなぁ。
それにしても、去年は川遊びの後、発疹や結膜炎なんてならなかったのに・・・
川の水質が悪くなったのか?
それとも、我が家の健康運が悪いのか?
早く冬にならないかなぁ・・・


FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。